囀る鳥は羽ばたかない 4 初回限定小冊子付 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)

  • 427人登録
  • 4.48評価
    • (61)
    • (41)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 23レビュー
  • 大洋図書 (2016年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784813031277

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

囀る鳥は羽ばたかない 4 初回限定小冊子付 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • もうダメ…紙面から二人の濃厚な匂いがしてきそう…それでここで続くなの?この気持ちを抱えたまま次の巻を待てと!?…プレイだと思って耐えるしかないな?

  • 矢代さん、やはり上に立つ人物ですね。
    百目鬼さん、体躯に似合わずちょっとへたれです。しっかりせいっ!と詰りたい 笑。

    さながら映画でも見ているような展開で、一気に読んでしまいました。

    影山さん、鈍すぎますよ~~。

  • ▼あらすじ

    真誠会若頭の矢代は、男好きの淫乱と噂されているが、
    部下とは関係を持たないと決めていた。
    しかし、矢代の命が狙われる抗争のなか、
    付き人兼用心棒の百目鬼との関係が、大きく変わりつつあった。
    自分の気持ちを自覚し、矢代を守ることを決意した百目鬼。
    守られる立場から、守る立場にーー。
    欲望を向けられることのない存在であったはずの百目鬼に、
    矢代は別の感情を持つようになる。
    そんなとき、矢代はある事実に気づき……

    ***

    待ちに待った新刊!…の筈なんですが、囀る〜は良い意味でも悪い意味でも
    何が起こるか分からない作品な為、なかなか読む覚悟が出来ず、
    結果、本を開くまでに大分時間が掛かりました…(笑)

    とりあえず、思ってたほどエグい展開は無くて良かったです…。(^^;)
    今回ばかりは死人が出るかな…とヒヤヒヤしていたので、
    誰も死ななかった事に一先ずホッとしました。
    とは言っても相変わらずドンパチ騒ぎはしてますし、
    七原が無事でも今度は竜崎の身が危ない感じなので
    本当の意味で安心は出来ないんですがね…。はぁ…。

    因みに既刊を読まずに読んだのと、私のおつむの問題で途中で何度か
    「??」ってなる部分もありましたが、それでも十分面白かったです。
    私も100%完璧にストーリーを理解しているとは言えないので
    あまり大層な事は言えませんが、一難去ってまた一難と言いますか、
    巻を追う毎に緊張感が増して行くのでこれからも目が離せません。
    まるでヤクザものの映画でも見てるような、そんな感覚に近いです。

    そして肝心なBLの部分ですが、今回は二人ともちょっと
    すれ違い気味なのでただただもどかしいです。
    車内で行われるエロシーンや百目鬼の素っ裸シーンなど、
    思わずテンションが上がってしまうシーンもあるにはあったのですが
    そんなテンションも最後の最後で萎んでしまいました…。
    そりゃあ、百目鬼と八代がセックスするシーンは見たいけど、
    二人の気持ちが通じ合ってないんじゃ意味無いじゃない!!
    「せっかくだしセックスするか」じゃないよ!!
    もー…仕方無いとは言え、八代が臆病過ぎて
    本当にもどかしいったらありゃあしないです。
    せっかく百目鬼のEDが治っても、この様子だと二人が
    ラブラブになるのはまだまだ先かなあ…辛いなあ……。

    とりあえず、次巻で少しでも二人の関係が良い方向に向かうのと、
    良心キャラの無事を祈りつつ、5巻の発売を大人しく待ちたいと思います。

  • ついにどどめきが、いん◯が治ってたことが判明。そして、ヤクザの内輪揉めも複雑になってきてて…正直、二人の関係どころじゃない気もして、どうなるのかドキドキです

  • 出てくる皆さんがボコボコになるので読んでてすごく痛い。可愛い部下だった百目鬼との関係が変わろうとしているし、矢代は部下には手を出さないと決めているけどどうなるのかな。そしてボロボロになっても矢代を守ろうとする七原の兄貴格好よい・・・・矢代との部下になった時もボロボロだったが。

  • 4巻を読むにあたり、1〜3巻を読み返したのだけれど、改めてこの作品最高だ…。矢代と百目鬼の関係に萌えすぎてヤバイ。ヨネダコウ先生の作品、大好きです。矢代も百目鬼も、徐々に自分の気持ちに気づいていって、頭と用心棒兼付き人という関係の中で、百目鬼の矢代への忠誠や思慕が、情欲に変化していく心の動きがすごく丁寧に描かれていて、本当に上手い。次の巻では2人の関係がひとつ進みそうだけど、百目鬼のにはあくまで愚直に矢代についていって欲しい。

  • ほろ苦いわーーー(>_<)

  • これヤクザ漫画だから、諸事情が緊迫すると忘れていたBL要素が後半怒涛のように組み込まれていていて苦しくなった。
    矢代さんにばれました百目鬼氏が治っていること。

    そしてすごいところで5巻へ。ヨネダ先生Sなのか。

    売れたでしょうね「ihr HertZ」

    小冊子の内容は、過去話。お値段が高いのはこれのせいなのねと思うが990円…。

  • 自覚した後の葛藤が素晴らしく萌えた

  • そういえば、これ、BLだったって、思い出した。

  • 【百目鬼 / ヤクザの付き人 / 元警官 / ED】×【矢代 / ヤクザ / 若頭 / どM】

    七原(矢代の舎弟)編?が一段落。手負いにはなったが命を落とすことにはならなかったので一安心。それと同時に矢代と百目鬼の関わり方にも変化が。百目鬼は矢代に対する感情を客観視しつつも、それに反するかのような自身の行動に葛藤する。一方の矢代は明快に言語化はしないものの、自然と生じてきている百目鬼への感情に気付きながらも戸惑っている。今の関係が動いてしまうことに足掻いているのが百目鬼よりも矢代のように見えるところが、どこか可愛らしい。

  • 読み進むのが怖い。

    最悪のことを想像して、ビビリながら読みました(笑)。

  • 「子を裏切る親も、親も裏切る子もいる
    血の繋がりがあろうがなかろうがそんなもんだ
    単なる巡り合わせの問題だ
    そんなもんは誰のせいでもないんだよ」

    誰のせいでもないと言い切れる矢代の潔さが悲しい…この台詞を矢代に言わせるヨネダさんのドSさよ。
    そんな矢代を百目鬼がどう救ってくれるのか。
    かつて「お前は優しそうな普通のセックスしそうで嫌だ」と言い放った相手に対して、矢代はどんな気持ちで誘ったのか…今まで自分に好意的だった人間を遠ざけてきたのは怖かったからなのか、その怖さと百目鬼に対する怖さは同じなのか。「インポだから安心してた」って矢代は何に安心してたのか…難しいよおおおお
    百目鬼は間違いなく断るだろうけど、その後の矢代の反応が楽しみ。
    取り敢えず、頼むから幸せになれ。

  • いやあーーー早く続きが読みたすぎる!!

  • 結局、平田は矢代を目の敵にしてるとみせて、心底憎んでいるのは三角なのね…男の嫉妬は怖いです。典型的非道な893の平田に翻弄された矢代たちですが、これからどう迎え撃っていくのかが見ものです。
    893らしい、竜崎の追い込まれ感と、七原の忠誠心が際立っていました。竜崎は人間味があって憎めないです。
    今回は迫真のカーチェイスなど、ハラハラドキドキの容赦ない描写がてんこ盛りで手に汗握りました…面白かったです。

    一方、矢代と百目鬼もセフレ以前の生理的接触みたいなのだったのが、どんどんエスカレートしてきてて目が離せない状況に。
    こういう主従関係に激萌えなのが判明。物凄いトラウマでEDになってる攻と、愛のあるHができない受という、ジレンマに釘付けです。

    無表情な百目鬼の心中で、矢代への想いが大きくなって身体も男なのでわかりやすくw歯止めがかからない状況まできてるんだけど…そうなると矢代とやっと結ばれることになって、通常ならハピエンでよかったねといいたいところなんだけど…!
    そうじゃないところが、本当に切ないです。
    想ってる人の手足であることしか存在意義が無くても、それでもそばにいたいと思っていた百目鬼なのに、その関係性が崩れたらそれすらも許されないのかと思うだけで、とにかく心配。

    それでなくても矢代は影山のことふっきれてるのかどうか、気になるのに。あの時家に帰ってまで取り戻したコンタクトケースをまだ後生大事に持ってましたよね…
    百目鬼も目ざとく見つけてて、影山を意識してるなとw
    忠犬だけどご主人様に嫉妬したり、力では勝ってたり、っていう主従関係がたまらないです…!

    ものすごく切ないところで続いていて、次出るまで耐えられるかどうかww
    初回限定小冊子「遠火」は、表紙イラストが本編と対になっていて、情感たっぷりで思わず見惚れてしまいました。
    タイトル通り、二人の出会いの回想。運命とか、赤い糸とか呼ぶのにふさわしいくらいの互いの一目惚れ感!

  • カラー綺麗だな。場所変えるって、え?ソコ⁇ カー◯◯◯はせめてドア閉めようよ。落ち着かないじゃん(落ち着け自分)。そして更に場所は変わったけど…そこで終わり⁈え〜〜っ!(これでも感想だろうか)

  • 一年に一回しか出ないので内容忘れてますが文句なしに面白いです!
    これもう漫画じゃねぇや、映画だよ!

  • 愛おしくて切ない、この気持ちは何?でも、これシちゃったら、駄目じゃない…そんなの、悲しいだけじゃない…

  • おもちゃ箱の中に宝物があったの

  • 抗争も段々面白くなってきましたー。
    でもテンポがいいから、BL具合とマッチしてます。
    そしてそこで終わっちゃうの⁈
    と、作者のS具合を感じたラストでしたー。

  • 続きが気になる~。つくづくめんどくさい二人だ。

全23件中 1 - 23件を表示

囀る鳥は羽ばたかない 4 初回限定小冊子付 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)を本棚に登録しているひと

囀る鳥は羽ばたかない 4 初回限定小冊子付 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

囀る鳥は羽ばたかない 4 初回限定小冊子付 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

囀る鳥は羽ばたかない 4 初回限定小冊子付 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)はこんなマンガです

囀る鳥は羽ばたかない 4 初回限定小冊子付 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)のKindle版

ツイートする