どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)

  • 3991人登録
  • 4.31評価
    • (979)
    • (403)
    • (316)
    • (36)
    • (14)
  • 357レビュー
  • 大洋図書 (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784813051473

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)の感想・レビュー・書評

  • 何度読み返しても、新鮮さと切なさで涙がでます。初コミックとは思えない完成度で、私が手にしたコは第二十二刷。納得です。

    嶋の危なっかしい色気も素敵なんですが…外川の人間味というか人柄が等身大で描かれていて、一人の男性としてすごく魅力的でした。
    ボーイズラブというより、外川という男と嶋という男が恋に落ちた物語だと思います。

    立ち止ってた嶋が思い出していた外川の後ろ姿。この背中をかけるのってヨネダさんだけな気がする。画力とかじゃなくて、これ…好きな人の背中だもん。すごいなー。このシーンみただけで泣けます。本当、この2人が幸せになれてよかった。

  • 既に「BL」という狭い枠に囚われていない、全ての人間にとって普遍的な「恋愛」という命題にまで価値を押し上げた作品。

  • すごい良い、絶対泣ける、切ない!…と太鼓判されていたので読んでみたけど初めは正直そこまで入り込めなかった。でも繰り返し読んでいる内に気付いたら感情移入してしまっていた。ゲイ×ノンケで切ない系が好きな者としては中々の良作。もう一悶着あればもっと良かった。

  • だれもが認めるこの方の代表作でしょう。
    絵は地味なんだけど味がある。
    なんと言ってもストーリーが秀逸で、ただHしてるだけのゴミBLとは全然違います。
    泣けるBLの代表作です。
    映画にもなりましたが、映画はたぶんイメージが崩れるので観ません。
    どんな俳優さんがやってもウソ臭くなりそうなので。

  • リーマンもの。生きてさえいれば何とかなる。こういうハッピーエンドは大好物です。

  • こういうBL漫画はなかなか読まないのだけれど、ふと飲んで泣いてはまってしまった。
    この作者さんのはなんでもいいから読みたいと思うくらい面白かった。
    ピュアだなぁー。

  • 前評判は聞いていたので読めてよかった。読み終わった後心があったかくなるような王道珠玉のBLだった。外川さんの上司っぷりが素敵で、こんな会社いいなあと。嶋くんがトラウマからマイナス思考に陥ったりすれ違って傷ついてでもやっぱり心を通わせてる姿がとにかく愛おしくて仕方ない。ゲイとノンケ間の恋愛の難しさや、男同士だからこそ浮かび上がってくる問題にも触れているところが、よりこのカップルが本当に息づいて存在してる感じがしていい。禁、と書かれたタバコが机から出てくるシーンが個人的に一番熱かった。思わず泣きそうになってしまった。あと小野田課長がいい味出してる。BL漫画の好きはつい恋愛に捉えてしまいがちだけれど、小野田課長が嶋くんに向けている仲間としての好意は、恋愛一辺倒に考えがちなBL漫画の中で読めたからこそグッときたかな。スピンオフも是非読みたい。

  • 初めて読んだ時は受けのネガティブ思考が自分と被るだけに、最後はぼろぼろと大人げもなく泣いてしまいました。 男同士という不毛な恋という切なさを改めて感じされられます。 台詞回しがどこをどっても素敵で、何度も読み返してしまうお気に入りの一冊です(*´ω`*)

  •  生きていてはじめて泣いたBL漫画。誰かを責めたくなるけどどうしようもないし、なるほどゲイというのは確かにこういった苦悩を抱えざるを得ないし、しかしそこが綺麗でもある。

  • 泣ける、感動作だった。
    本当に、どうして不毛だと分かっているのに好きになってしまうのだろう。好きという感情は本当にあやふやで、今日は好きでも明日も好きかどうかは分からなくて、十年後はもっと分からなくて、もし男と女だったならば、結婚という契約を結んで、たとえ十年後好きでなくなったとしても今の関係を維持していこうとするのも可能だし、子供を作って家族としての絆を形にすることも出来る。でも同性だったら、相手が心変わりするまで、好きというあやふやなものを頼りにしていくことになるのだろう。でも、そんな「好き」だけで完結してしまえたらいいなと思う。保証も何もない、ただお互いを好きだと思う気持ちそれだけで成り立つものがあったなら。
    嶋君の気持ちは胸にこたえる。自分が傷付きたくない気持ちもあるけれど、男の自分は外川さんに家族を与えてあげられないという負い目とか、好きだと言ってしまうことの結果とか、それでも好きだったら、どうすればいいんだろうな。そう考えると、心が痛い。

  • よくあるBLのお話だけど、主役2人がとても魅力的。
    心理描写が分かりにくいところがあるけど、読み返すと分かっていくので、繰り返し読むたび好きになった作品。

  • とにかく切ない。ヨネダコウさんは、人の心を描くのが本当に上手い。何回も読み返してしまう。過去は確かに消せないけれど、一緒にいることで少しずつお互いがお互いの一部になっていくのだろう。嶋と外川、この二人じゃなきゃ駄目だったんだな…思わずそう感じざるを得ない。そして、家族を作ってあげられないと悩む嶋。…確かにそうだ。けれど、それさえも包み込んで愛してくれる外川の優しさに、泣けてしまう。やっぱり、読後に残るのは切なさと暖かさ。個人的には、こういうお話は読み応えがあって好きだ。

  • 好きです。
    ためらいがちなところが。
    あからさまではないところが。

  • ノーマルな男との付き合いにトラウマがあるゲイと、その容姿や行動に惹かれていくノンケの男。
    ありふれていると言えばありふれている設定のカップルではあるけれど、リアルなようでファンタジーという絶妙な世界観がツボに入りました。
    あまり多くない台詞の中で語られる過去の痛みや今への不安が、空気を震わせるように伝わってきます。

    心がかたくなになっているときに読みたい一冊。

  • ありがちな話なんだけど、2人の心情が丁寧に書かれていて、
    ぐいぐい引き込まれる。

  • 泣ける。
    切なくて苦しくて
    胸がきゅーってなる。

    かなわない恋なんて
    きっとないんだなー
    って思った。

    大切なのは
    両思いかどうかじゃなくて
    相手の事が本当に
    好きかどうかなんだ。

  • BLなんだけど、いろんな人に薦められるマンガだと思います。
    嶋くんがちょっと独りよがりすぎるのは気になりますが^^;


    話はものすごく淡々と進むのでそこまで大きな盛り上がりもないですが、あとからジワジワきます。

    「俺はお前が かわいくて仕方がない」なんて、少女マンガでもお目にかかれないセリフだと思う。

  • 何度読んでも毎回泣けるホモ。ストーリーはシンプルかもしれないですが、本当にこの本泣かせます!恋は人を変えるってこーゆーことですね!

  • 借り物です。漫画は読みやすくて良いなぁ。
    年上上司×年下部下(…普通そうだけど、逆だとちょっと萌えるなこれと思ったのでわざと表記してみる)です。ついでにノンケ×ゲイね。うーんありがち。
    受けがなかなか素直じゃないというか頑固者ですが、攻めにバレバレなのであまり効果がありません(笑)同僚にも一人ばれてるしね。

    攻めの過去とか発言とか元彼のトラウマとか何だかんだあって終わりばっかり考えてるネガティブな受けが、最終的に自分から攻めに告白できるくらいになって良かった(ノ∀`)遠距離恋愛頑張れ。

    軽いノリで感想書きましたが、本編はちょっと暗めです。
    後半はすれ違いが多くてちょみっと泣いちゃったじゃないか。
    そしてその状態を我が母上に丁度目撃されたよ。それまで寝ていたくせに何故こうタイミング良く起きるのか。ま、私の家族は私が本読んで笑おうが泣こうが怒ろうがほくそ笑んでいようが、今更まったく気にしませんけど。
    元々トイレの中から笑い声が聞こえてくる変な家庭ですしね!(家族全員本及び漫画を持ち込む)

  • わたしが15年ぶりに腐女子に戻ったきっかけになった1冊!
    文句なしに最高、何度読んでもぼろぼろ泣いてしまいます。
    大きな事件が起こるような内容ではないんですが、主人公たちの心情がとても丁寧に描かれていて、こんなに丁寧に心理描写が描かれている作品ってなかなかないとおもいます。
    切ない、気持ちの葛藤で胸が苦しくなります。
    登場人物も全員優しくて、傷付いた主人公が少しずつ心を開いていく過程も良いです。
    人を好きになる、とても純粋な「恋愛」を描いてます。

    BLとゆう枠を越えた、とても素晴らしい作品!
    もはやレジェンドな1冊ですね。

  • ストーリー性として、出だしから静かで、展開するのか? って心配になるくらいドラマがない物語なのだけど、それを商業誌で描く力量は凄いなと思いました。日常にあるように共感できるレベルにBLを持ってきた、受け攻めお互いの心情に添った描き方は表現できていて上手です。
    ただ性癖で、うじうじした自覚ない系魅惑受けが苦手なので、私には刺さりませんでした。

  • お互い不器用なんですね
    ヨネダコウさんが描く短髪男子は魅力的です

    ストーリーにキュンキュンし、小野田さんの理性が少しずつ壊れて行くのが楽しかったです

  • 男×男の恋は親は泣くし友人は引くしで誰も喜ばない何のメリットもない、それでもこの恋を選ぶという互いの強い愛情を感じられる作品。男女では親のため、子供を産むため、適齢期なタイミングだから…などなど無限に愛情以外の打算的メリットが存在してしまう。本当に自分そのものを愛してもらえた証を描くとしたらBLしかないのかもと、25日ほど毎晩読んで毎晩泣きながら考えた。ちなみに外川は理想の上司1位で良いと思う。

  • ノンケとゲイ。上司と部下。つきまとう過去。ありがち設定なのに切なさと優しさが心にが染みる。

  • 漫画を見て涙し、映画やCD(ドラマCDを聞くのは初めてでした)まで手に取りました。間の使い方が上手いなぁ、と。

全357件中 1 - 25件を表示

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)に関連する談話室の質問

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)に関連するまとめ

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)を本棚に登録しているひと

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)を本棚に「積読」で登録しているひと

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)はこんなマンガです

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)のKindle版

ツイートする