マンガでやさしくわかるアンガーマネジメント

  • 63人登録
  • 3.92評価
    • (3)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 戸田久実
制作 : 葛城 かえで  柾 朱鷺 
  • 日本能率協会マネジメントセンター (2016年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784820719472

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感情をうまく伝えられない人の特徴
    ・怒りを「人」「こと」のせいにする
    ・すべての人に好かれようとする
    ・自分の感情を把握できない
    ・ある日突然爆発させる
    ・思い付いたことを何でも口に出してしまう

    ルール
    ①許容ゾーンの境界線を広げる。その範囲を気分によって変えない。
    ②6秒は反応しない。(4秒吸って8秒吐く)
    ③変えられることと変えられないことを見極める。

    ・怒りは二次感情である(悲しい、つらい、相手に分かってもらえない)
    ・過去にあった事を思い出して怒りがこみ上げるなど、怒りに飲み込まれた時は、現在に意識を集中する(目の前のペンの状態を言語化するなど)
    ・アンガーログ/ハッピーログ
    ・相手の価値観を尊重して話す
    ・自分の「当たり前」を押し付けない
    ・相手を打ち負かそうとせず、分かり合うことをゴールにする

  • ☆4.7(5.0ではないが充分読みやすかった)

    ・おーけーゾーン、許容ゾーン、NGゾーンを意識してみる。
    ・①怒りログ
    ②べきログ をつけてみる
    ・自分がコントロール出来るものか、出来ないものか分けてみる。
    ・怒りは二次感情で、その後ろに一次感情(人間として大事にされなかったなど)が隠れている事が多い。

  • 怒りをコントロールする技術。
    マンガのストーリーと解説で分かりやすく説明されています。
    短期や長期の対策を教えてくれているので、
    かっとなりやすい自分は、アンガーログつけてみます。

  • 怒っている人も怒れない人もアンガーマネジメントと同じ内容で漫画にして読みやすい。
    対処法は少し多くなって取り組みやすい方法が紹介されている。

  • 長く一緒にいる人だとしても、相手は自分とは違う人間であり、違う考えや価値観(「べき」)を持っています。例え身近な相手でも、言わなくてはわかってもらえない、思う通りにならない存在なのだと考えましょう。

  • ついカッとなって言葉や態度に表してしまったり、あるいは正しく主張できずに周りとの和を乱してしまう人にオススメの一冊。

    自分が怒ってしまうポイントはどこなのか?「すべき」と思っていることは何なのか?怒りの裏にある感情は何なのか?を書き出してみることで、少しずつ怒りがマネージメントできそうな気がした。

    最後の、怒りっぽい人への対処法は、実際やってみたら新たに問題が起きるんじゃないかなーと思うようなものだったけど。怒るというか、「お前は使えない」とかっていうのは、怒っているというより単にいじめな気もするから。というわけで、星は三つに。

  • よくまとまっている。

  • 怒りをうまくコントロールすることが大事。
    腹立つことばかりだが、許容範囲を大きく広げて
    仕事に取り組んでいこうと思う。

  • 怒りに振り回されない方法(アンガーマネジメント)についての本。
    書いてある内容は、こないだ読んだ『マンガでよくわかる怒らない技術』と共通していることが多かった。
    怒りに振り回されないといっても、怒り自体は悪い感情ではないとのこと。怒らなければいけないことは怒らなきゃいけないらしい(そりゃそうか)。
    それにしても、アンガーログはやっぱり面倒な気がしてならない。3日だけで大量にログがたまったという話だけど、これってほとんど仕事にないんじゃないのかと。

  • 16/7/18読了。

    怒りは二次感情。
    不安、辛い、寂しい、困ったなどの一次感情によって生まれるもの。

    自分の価値観を否定される恐怖を
    怒りでごまかしている。

    自分の感情に責任を持つ。
    怒りの感情は誰かのせいではなく、
    自分が生み出したものだから。

    感情を上手く伝えられない理由は…
    ・怒りを他のことや人のせいにする。
    ・すべての人に好かれようとする。
    ・自分の感情を把握できていない。
    ・怒りを溜め込み、ある日突然爆発してしまう。
    ・言いたいことをなんでも言ってしまう。

    怒りを相手にぶつけるのではなく、
    相手に怒り(怒った理由)をわかってもらうことを目的に話す。

    あなたが・・・してくれればよかった
    ではなく、
    私がどうして欲しかったか、どう感じたかを
    私を主語にしてはなす。

全11件中 1 - 10件を表示

戸田久実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリヤフ・ゴール...
古川 武士
村田 沙耶香
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメントはこんな本です

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメントを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメントを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする