日経バイオ年鑑2017 (Biofile)

  • 1人登録
制作 : 日経バイオテク 
  • 日経BP社 (2016年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1048ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822239565

日経バイオ年鑑2017 (Biofile)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号 460/N 73

全1件中 1 - 1件を表示

日経バイオ年鑑2017 (Biofile)を本棚に登録しているひと

日経バイオ年鑑2017 (Biofile)の作品紹介

製薬企業/医薬品のデータ・ランキングから、各製品の実用化状況まで、バイオの「今」を一挙網羅!

・主要分野の成長性を製品別に詳説。R&D戦略のこれからが見える。
・市場規模、研究開発の方向性、実用化・製品化などを、項目別に詳しく解説。これからの事業展開に役立つバックデータとして、ご活用いただけます。

【編集内容を刷新した、2017年版の特長】
特長1 バイオ企業の業績データを分析、その実力を可視化
バイオテクノロジーを支える国内外の製薬企業と医薬品について、売上高などの業績ランキングを独自に調査・分析。最新のバイオ産業と市場を、数字に基づくデータから俯瞰できます。競合各社の業績分析、注目される医薬品の市場占有の規模など、実力を見える化します。


特長2 注目領域の未来像を提示、10年先までを見通す
癌医療、ゲノム医療、再生医療、機能性食品。いずれも将来の市場拡大が期待されている、バイオの代表的な領域です。この注目の4領域における、10年後の2027年までの市場と研究開発の成長性をロードマップ化。マーケットの進展と共に、求められる技術や、将来の新製品・サービスの姿を未来予測・解説します。


特長3 話題のトピックを追求した、トレンド・リポートが充実
バイオの現在と未来を見通す、数々のトピックを詳説します。腸内菌叢、エクソソーム、癌クリニカルシーケンスなど、注目テーマの実用化をはじめ、将来展望の方向性を提示します。先端の研究開発が、どのように発展していくのかを明確化します。


「日経バイオ年鑑2017」ONLINE版アクセス権の設定
本書内容はオンラインでもご利用いただけます。

全文検索はもちろん、組織名・対象物質名・開発段階・研究開発成果や製品概要などからも必要情報を一発検索できます(アクセス権は2017年末まで有効)。

ツイートする