タイムマシン

  • 71人登録
  • 3.77評価
    • (11)
    • (9)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
  • 日経BP社 (2006年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822245559

タイムマシンの感想・レビュー・書評

  • 小学生の頃に読んだことがある本。正直、あまり理解せずに読んでいたと思う。それでも、原子について書いてあったり、地球について書いてあったり、ワクワクしながら読んだことを思い出して、もう一度読みたくなった。今読んでみると、とっても感動する物語だと思った。不器用だが子どもことをちゃんと考えている父がいたり、家族愛にも感動した。何度読んでも飽きない本だと思った。

  •  タイムトラベルの物語は良作が多い。だからこそ見たり読んだりするときは自分の中でハードルが上がるのだが、この『タイムマシン』もその期待を軽々と越えるものだった。著者自身の体験をもとにしているらしく、ますます好感が持てた。純粋な好奇心に挑む少年たちと、それに感化されて少年たちに立ちはだかる壁を乗り越えるために協力する大人たち。これは親子愛の物語でもある。

  •  スイスの学校を退学になった13人の少年が、タイムマシンを作るために集まる。
    (15才 スイス、ドイツ)

  • 大人も子供も一緒になって何かに夢中になって
    前に進めるっていいなと思いました。
    http://feelingbooks.blog56.fc2.com/blog-entry-119.html

  • 物語としては楽しいよ.
    でもこの内容も捏造なのかなぁ…

  • セルカンの青年時代の体験を基に記した物語。
    青春ストーリーとしても素晴らしい。

  • これが実体験を基に書かれたというのがすごい。
    こころあたたまります。

  • 泣くようなものじゃないのかもしれないけど、私は泣きました。息子たちを信じるオヤジ達が感動。

  • 実話!すごい……。ただお話の作り方はあんまり上手じゃないみたいです。

  • この本の主人公はあまり分からないのですが、学校で問題を起こし、退学になった少年が連絡を取り合い各国から集まって、タイムマシンを完成させよう!!という感じのお話。
    結構専門用語が多かったのですが、ちゃんと読めば何となくは理解できるし、内容は短いので読書が苦手な人には結構お勧めです。
    ちなみにクラスのある男子に貸したら、なんかすっごくはまったらしくて、すごい勢いでクラス中に広めてました(笑)
    15歳でここまで熱中的になにかをやり遂げようとする人って、今の時代の日本、ほとんどいないんだろうと感じました。
    一生懸命になる事がいいことだという事を感じさせられる物語。(実話らしいですが)
    是非一度読んでみてください。

  • 子どもたちののびのびとした感じと、それを見守ってくれる大人たち。ケストナーに通じるものがあります。

  • この本は、ページ数も少ないし、字も大きいので、僕のような読書家見習いには、とっても軽く読めるものでした。
    各国の少年達が、一箇所に色んな想いを持って集い、タイムマシンを完成させて行くストーリー。とてもシンプルで、とてもほんわかした物語です。
    ティーンエイジ・イノセント。
    こんな言葉がぴったりの一冊でした。あたたかいお休みの日にでもどうぞ。

  •  児童向けの本です。作者が幼少期に実際に体験したものをノベライズしています。
     内容はご想像にお任せしますが、子ども時代にこんな経験ができれば幸せなことでしょう。

     http://blog.anilir.net/

  • すごく良い本.
    一時間ぐらいで読み終わるのだけれども読み終わるのが惜しい感じ.

    宇宙エレベータも読みたくなった.

    アニリール・セルカン
    http://blog.anilir.net/

    タイムマシン -- アニリール・セルカン著書の公式ブログ:日経BP社
    http://blog.nikkeibp.co.jp/book/timemachine/

  • 本当に実話?!と思ってしまうほどの映画顔負けの内容。(映画化してみたい)

    友情、親子愛、未知への挑戦…
    人間はいつかタイムトラベルができる!と確信しました。

    自分が15歳の時って何してたっけ??
    きっとテレビ見て笑って、特に何もせずダラダラしてたんだろうなぁ、と振り返ってしまいました…。

    http://blog.nikkeibp.co.jp/book/timemachine/

  • 070303。スイスの全寮制学校をイタズラで退学になった世界各地の15歳の男の子達が、タイムマシンプロジェクトで自己実現を果たす話。知らぬ間に大人たちも巻き込まれ、壮大な計画がいよいよ実現!というお話。これ実話に基づいているそうです。そこがスゴイ。どこまでホントだったんだろう。やればできる!って気持ちになれた。しかし17人分のゴハン準備ってホント大変だろうな。。。

  • タイムマシン
    アニリール・セルカン
    日経BP社(2006-11-23)

全18件中 1 - 18件を表示

タイムマシンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タイムマシンを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする