クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング

  • 171人登録
  • 3.00評価
    • (4)
    • (12)
    • (46)
    • (14)
    • (3)
  • 27レビュー
  • 日経BP社 (2007年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822245771

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティングの感想・レビュー・書評

  • 2007年の書籍だったので、これからのブログの有効性をご説明されてました。
    今でも大活躍しているサイトもありましたが、既に終わってしまったサイトもあってちょっと切なくなりました。
    ---
    GoogleAnalytics
    Alexa
    SEO(サーチエンジンオーレ)
    ぐーまに
    キーワードアドバイスツール
    feedmeter
    ブログ検索(google,Yahoo)
    テクノラティ
    Kizashi
    Mybloglog
    ・・・

  • 月間約100万PVを誇るブログ「ネタフル」で有名なコグレマサト氏と「みたいもん」のいしたにまさきさんの共著。

    もはや、古すぎる一冊なのですが、今に通じる「クチコミ」による共感型マーケティングのスタート時をまとめられているので、参考になります。

    特に、ブログ誕生・拡散において、初期からブロガーとして活躍されていた彼らの開発に携わるラストの部分は、知らない人は、何もしらない背景があり、参考になりました。

  • 一部で話題になっていたが、ちょっと興味の視点とは違っているなと思いながら読んでみた。
    その割には一般論として参考になるきっちりとしたまとめがあって多少得るところもあった。
    しかし、この分野のプロにとっては無意味な一冊なのかも知れない。

  • 6年前の著書だが、現代のウェブ経由の口コミについて参考になります。

  • ブログマーケティングとは?

    →ブログのクチコミの特徴は、
    1.SEOに優れている
    2.読んでいて親近感がわく
    3.定期的に読まれる
    4.人に伝えやすい
    クチコミが起こる要素は、商品やサービスの品質がいいこととネタが濃いこと

  • 口コミとSNSの関係や、その要諦のさわりを書く。そこまで深い内容ではないと感じた。

  • クチコミを肯定的にとらえているのが珍しいと思う。

  • とある書評家のブログを見て、興味が湧いたので買ってみた。ブログによるクチコミの力、炎上への対処の仕方、アフィリエイトなどを様々な観点で書いてある。 クチコミポイントとか色々書いてあるけど、全部はできないかも。でも、一応人には自分の書いたブログ読んでほしいし、少しは参考にするかも(笑)。 まあ、でも、自分の好きなことを思いっきり書くのが一番かな。それで、お小遣い程度のお金を得れるのは良いのかもね。

  • ブログやクチコミサービスが下火になった今としては古臭い感じがした。

  • 企業向けに書かれた、Web2.0時代のマーケティングについて書かれた本。2007年に出版された本なので、この本の中で紹介されるソーシャルメディアは(個人)ブログだけだが、基本的なコンセプトはTwitterやFacebookなどにも通用すると思う。また、企業ブログだけでなく、個人ブログとしても参考になる部分が多くある(特に本書の前半)ので、一般の方がブログを始めるときの手がかりにもなるだろう。

  • 小飼弾さんがユーチューブで速読しているのを見て購入。
    自分があんまり興味がなかった内容なので、頭に入ってきませんでした。
    これなら、神田さんの本の方が良かったかなあ。

    アルファーブロガー2006第一位ネタフル
    クチコミの伝道師みたいもん!
    のお二人の、ブログ・マーケティング。

    googleブログ検索、テクノラティ、Kizashi、アマゾンアソシエイトプログラム
    この本で初めて知った情報、結構ありますね。
    うーん、買って良かったのかも(笑)

    <目次>
    第1章 ブログ・メディアの登場
    第2章 ブログのクチコミ・パワー
    第3章 クチコミの効果測定
    第4章 アフィリエイトとアドセンス
    第5章 事例に学ぶクチコミのネタ
    第6章 開発者に聞いてみた

  • サイトのこれからの流れを知るにはいい本。口コミはどのように起こされているかが、わかる。 ネットのマーケティングを考える上で、参考になる。

  • ブログからの口コミビジネスの技術が書かれている本です。
    やはり継続性が非常に重要だということがわかりました。
    日々のアクセス数や訪問者のチェックなども重要です。
    他の事にも言えますが、PDCAサイクルはここでも重要な事だと思いました。
    また、いろいろなツールが載っていたのも勉強になりました。

  • 口コミの仕組みが簡単に説明されています。
    ブログのマーケットとしての有効性やブログのアクセス解析ツールの説明なども書かれています。
    現在、ブロガーの方には当たり前のことなのかもしれませんが、
    素人の方には有効な内容だと思います。
    今から、ブログを始めたい人やブログをやっている人でアクセスを増やしたい人にはお薦めです。

  • クチコミマーケティングの成功事例の紹介。

    事実の列挙が主で、分析的な視点は、うーん・・

  • 仕事でクチコミサイトを作ろうなんて話があったので手に取ったものの、何のことはない。企業向けのブログの作り方みたいな本でした。どうも著者は、いろんな商品を紹介するような仕事もしているらしく、脈絡もなく他の会社のサイトの紹介とか入って、ちょっと魂胆みえみえの本でした。図書館で借りるにして良かった。買ってまで読む本とは個人的には思わないです。

  • タイトルに「クチコミ」とあるが、ほぼブログに絞っての「クチコミ」話である。筆者群がアルファブロガーであり、個人ブログでさえ大手メディアを凌ぐ購読者がいることで、新メディアとしての価値をふまえ、活用法を分かりやすく説いている。

  • ネットやブログの発達により、マーケティングが変容してきている。なかでも個人発のクチコミの威力が増している。
    その発達の歴史とおもなページについての紹介がされている。

  • 個人ブログのマーケティングについて、読みやすく分かりやすく書かれています。
    ネタフルをたまに見ていたのでこの本を読んでみたのですが、本単体でも面白く読めると思います。
    ハルヒの口コミによる評判のプロセスは、特に興味深かった。

  • 進化するインターネットをマーケティングに生かす方法。

  • よくまとまってた

  • クチコミ・マーケティング
    2007/05/01

  • 4月1日に届きます。

全27件中 1 - 25件を表示

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティングを本棚に「読みたい」で登録しているひと

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティングを本棚に「積読」で登録しているひと

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティングの作品紹介

アルファブロガー2006第1位ネタフルとクチコミの伝道師みたいもん!がブログ・マーケティングを伝授。

ツイートする