実践 行動経済学

  • 521人登録
  • 3.38評価
    • (14)
    • (31)
    • (48)
    • (17)
    • (0)
  • 41レビュー
  • 日経BP社 (2009年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822247478

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イアン・エアーズ
村上 春樹
デール カーネギ...
シーナ・アイエン...
マルコム・グラッ...
ジョージ・A・ア...
内田 和成
有効な右矢印 無効な右矢印

実践 行動経済学の感想・レビュー・書評

  • この本を行動経済学の本と思って読むのは、いろいろと取りこぼしてしまうと思う。この本にとって、人間が合理的に行動しないことは明らかにすべき事実ではなく、与件でしかない。ここで主張されるのは、そうした与件を前提として制度をつくること。それこそが原題のNudge。

    そして、そこからさらに進んで、著者はリバタリアン・パターナリズムを提唱する。個人の選択権を残しつつ、社会的に望ましい方向へ誘導するよう制度を設計しようとするそれは、単なる技術論にとどまらずイデオロギーといってもいい。

    一見、科学的見地から演繹された技術論のようだし、極端なリバタリアニズムでも極端なパターナリズムでもない穏当な政策にもみえる。が、アーキテクトによる利益誘導の危険性は常に存在し、一定の価値判断が潜り込むことも避けられない。著者もそうした批判への一応の反論を用意しているが、読み手としても留意する必要がある。

    とはいえ、技術論としてのリバタリアン・パターナリズムには十分な魅力があることも事実。一つの可能性として注目できるものだと思う。

  • ファスト&スローと並び、行動経済学について学べる。特にデフォルトの選択肢をどうすべきかは非常に参考になる。

  • 値上げすると、売れにくくなる→経済学
    陳列場所を変えるとよく売れるようになる→行動経済学

    デフォルトの選択肢を選びがち。

    幸せですか→最近デートしましたか、だと相関なし。逆なら相関あり。

    フレーミング→この手術を受けた100人のうち、90人が5年後に生存している、だとよさそう。
    この手術を受けた100人のうち、10人が5年後に死亡しています、だと悪そう。ってこと。

    電気代の平均を教えるとブーメラン効果になる。ただし、平均以下はニコちゃんマークも送れば、上がらなくなる!平均以上は悲しみマークで一層効果あり!

    プライミング
    投票日の前日に、明日投票に行くかどうか質問すると、その人が投票に行く確率が25パーセント増える笑

  • 行動経済学という分野ができて、
    これまでさまざまな心理的バイアスが研究・整理されてきた。

    例えば、
    ・児童が食堂のどのおかずを取るかは、並び方に左右される
    ・どれだけ食べるかは、器の大きさに左右される
    ・選挙の結果は、ポスターの顔から予測されるものとほとんど同じ
    ・失うことはその費用のだいたい倍の価値に感じる
    ・先のことを考えて貯金や保険に入るのは難しい

    この本では、それを社会システムの設計に使うための、
    実例、提言で構成される。

    ただ、実践的な使い方は、ほとんどが
    ・初期値(デフォルト)を多くの人にとって安心なものする
    というもので、あまり目新しくない。

    この本の中でも紹介されている
    『誰のためのデザイン?』
    に書かれている、使いやすい工業デザインを、
    モノ以外に応用しただけに見える。

    というわけで「実践」の部分はもう少し他の心理学の応用が見たい。

    この本で本当にためになったのは、次の点。

    おかずの並べ方、入力フォームのデザイン、何かを話す順番、
    そんな何気ないことで人の選択は影響される。
    そういう意味で、私たちの誰もが「選択アーキテクト」になりうる。
    選択の仕組みの設計を間違えると、
    悪気がなくても、人に不適切な選択をさせるかも知れない。

    何かを提示するとき、その選択設計に無頓着であったことを反省した。

  • 社会全般の良識と判断をいかに経済的に結びつけながら実践行動していくか? アメリカのブッシュ時代の国内情勢への批判及び評価をしている点が読みづらかった。

  • お勧め。
    実験経済学でも、人々の行動のほとんどは積極的な選択の結果ではなく、習慣によって自動的に決まることが確かめられている。人々がそれを変えて意識的に選択するのは、今までの習慣ではうまく行かない新しい事態が生じたときだけだ。

  • 2017年ノーベル経済学賞

  • 市場には何が足りないのだろう?ごく凡庸な我々は、様々な人生の決断において自らの不合理性とひ弱さに振り回され続ける。制度に“ナッジ”を組み込めば、社会はもう少し暮らしやすくなる。“使える”行動経済学の全米ベストセラー。世界的な金融危機を読み解いた「国際版あとがき」も収録。

  • 「どうみても関連性がなさそうなアンカーでさえ、意思決定のプロセスに知らず知らずのうちに入り込んでいる。」

    行動経済学について書かれている本。本書では、リバタリアン・パターナリズムという考えのもと、選ぶ自由とデフォルト設定の大切さが説かれている。

    よりよい自由を選ぶのには、エネルギーが必要だ。選択肢は多ければ多いほどいいはずだが、ヒューマンである我々には負荷がかかりすぎる。その結果、選ばないという選択をするものも多い。そのようなものを救うためにもデフォルト設定は万人受けするものでなければならない。

  • 市場には何が足りないのだろう? ごく凡庸な我々は、様々な人生の決断において自らの不合理性とひ弱さに振り回され続ける。制度に“ナッジ”を組み込めば、社会はもう少し暮らしやすくなる。“使える”行動経済学の全米ベストセラー。

    第1部 ヒューマンの世界とエコノの世界
    第1章 バイアスと誤謬
    第2章 誘惑の先回りをする
    第3章 言動は群れに従う
    第4章 ナッジはいつ必要なのか
    第5章 選択アーキテクチャー

    第2部 個人における貯蓄、投資、借金
    第6章 意志力を問わない貯蓄戦略
    第7章 オメデタ過ぎる投資法
    第8章 “借金市場”に油断は禁物

    第3部 社会における医療、環境、婚姻制度
    第9章 社会保障制度の民営化――ビュッフェ方式
    第10章 複雑きわまりない薬剤給付プログラム
    第11章 臓器提供者を増やす方法
    第12章 われわれの地球を救え
    第13章 結婚を民営化する

    第4部 ナッジの拡張と想定される異論
    第14章 一二のミニナッジ
    第15章 異論に答えよう
    第16章 真の第三の道へ

  • ファスト&スローとこれを読むと、人間がエコノになれない理由がよくわかる。それがいいかどうかは別として。

  • 今流行の実践行動経済学について書いてある本。
    現状維持バイアス、フレーミング、プライミング、損は得るよりも2倍嫌なこと、他人がすることをする。人は自信過剰、楽観的など
    行動経済の基本が書いてある。
    しかし、なぜか読みにくいのが残念。

  • 理想的な人ではない普通の人をやんわりと上手に目的の方向に導くにはどうしたらいいかが書かれている。外国本翻訳がちょっと冗長だが、内容そのものはおもしろい。

  • Nudge: Improving Decisions About Health, Wealth, and Happiness ― http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P47470.html

  • 選択的アーキテクトは選択の自由を守りながら、人々の生活が良くなる方向にナッジできる。

  • 前に読んだっけ?と思うような聞いたことのある話が多い。
    具体例がアメリカのものなので理解の手助けにならない。
    全体に「ヤバ経」などの類書に比べて知的刺激を得られない。

  • 卒論の参考文献でした。行動経済学のトピックが網羅されてる感じで大いに使わせてもらいました。エイミングフライの例とか、実際の例を挙げて説明されているので理解しやすかった。長いけどすらすら読める!

  • リバタリアニズム(自由至上主義)とパターナリズム(父権主義)とを結合した「リバタリアン・パターナリズム」を提唱している。

    個人の選択の自由を侵害することなく、可能な限り社会善とされるような利益へ誘導する制度設計を目指す。

    タイトルに「行動経済学」とあるが、その誘導の仕方が行動経済学的な発想で制度設計しようと訴えるためである。

  • 【感想】

    正直「うーん、今ひとつ」という感じ。
    行動経済学という学問自体、実験の賜物であるため、著書に出てくる
    例はほとんどアメリカの実際にあった政策であったりの今ひとつ親近感のないものとなっている為、理解し難い。

    この本の主な主張としては、引用すると
    「社会的状況の一見すると小さな特徴が、人々の行動に非常に大きな影響を与えることがあり、ナッジはどこにでもある。選択アーキテクチャは、良きも悪きも、広く浸透し、避けることができず、意思決定に大きな影響を与える。」
    「選択アーキテクチャは、選択の自由を守りながら、人々の生活が良くなる方向にナッジできる」

    【内容】

    内容としては、4部構成になっており、

    1部では、主に人間は、限定的合理性を持ったヒューマンであることを、心理学的側面から考察している。つまり、人間なんて従来の経済学で仮定されているような合理的な動物ではなく、良く間違う動物だ。という主張である。

    他3部では、その前提をもとに、アメリカの政策の例などを用いて、ナッジについて解説している。

    個人的には、第1部さえ読んでおけば事足りると思う。

    バイアス

    経験則

    アンカリング

    利用可能生

    代表性

    物を失う痛みは、得る喜びの2倍

    現状維持バイアス

    フレーミング

    これらの、人間の選択に影響を与える原則

    1部に書かれた内容を学ぶことで、自分の生活に何かしら役立てることが可能だと思う。

  •  行動経済学が面白い!
     という話から、もと経済学部生のはしくれとして手をとってみました。

     行動経済学・・・、典型的な経済学のように経済人を前提とするのではなく、実際の人間による実験やその観察を重視し、人間がどのように選択・行動し、その結果どうなるかを究明することを目的とした経済学の総称である。

     簡単に言うと経済学が前提としている完璧に合理的な人間なんて実際は存在しない、人間の非合理な面を明らかにすることで、
     経済事象を捉えていこうという学問というイメージ。

     本書の前半部分は行動経済学のエッセンスの説明となっていて、経済学うんぬんではなく面白い。

     「ボールとバットをかったら110円だった。
      バットはボールより100円高い。
       
      ではボールはいくらでしたか?」   

       →ボールは10円ではなく、これは直感思考の誤り。


     「結婚したカップルの離婚率は5割(アメリカの場合?)だが、
       結婚式前後ではほとんどすべてのカップルは自分たちが離婚する可能性はゼロに等しいと信じている。
      
      運転者の9割は自分の運転能力は平均以上だと考えている。」
      
       →これらは自信過剰の誤り。
     
     
     本書の後半部分ではこうした人間の誤りを前提とすると、
     どのような選択設計が望ましいのか?が書かれていたり、 
     より解釈を拡大して、年金制度や環境問題への対処党、
     より現実的な社会制度設計の提言についてまとめられている。

     が、
     一介のサラリーマンとしては直接関わることのない領域なのかなぁという気がした。
     結婚制度の見直しの提言は身近で面白かったけど、これも海外を例にしているので、
     もう一歩リアリティが薄かったかも。

     最後に、本書ではがっつり批判されているけど、

     どうしても僕がこんな本なんか読むと、
     人間の誤りやバイアスを利用して、
     てっとりばやくなんか儲かる方法ないかなぁ。
     とか考えてしまう。。。
     
     そんな本があれば売れるかもなぁ。

  • 請求記号 331/Th

    「市場と感情の経済学」と同じ著者。似た内容かと思いましたが、言いたい内容はずいぶん異なっています。

    人は必ずしも常に合理的な行動がとれるわけではない。また、短慮が熟慮にまさってしまうこともしばしばである。100の選択肢を与えて自らに最高にマッチする1つを選択してくれると期待するよりも、良心的な事前の絞り込みを行ったうえで提示するのがよいし、明示的な参加表明を求めるよりは、参加をデフォルトとし辞退表明もできる手段を同時に与えるのがよい、といった具合。

    全体として納得しつつ面白く読むことができました。

  • nodge 注意や合図のために人の横腹を特にひじでやさしく押したり、軽く突いたりすること
    リバタリアン・パターナリズム 個人の選択・拒絶の自由(リバタリアン)をみとめながら、選択アーキテクトにより人々の行動に影響を与える(パターナリズム)戦略
    「ヒューマン」と完璧な経済人「エコノ」 現実にはエコノなんて少ない
    エコノはインセンティブに主に反応し、ヒューマンはインセンティブとナッジの両方に反応する
    現状維持バイアス 惰性 デフォルトの選択肢に強く従う傾向
    パターナリズムへの反対
    前提:「ほとんどすべての人が、ほとんどすべての場合に、自分たちの最大の利益になる選択をしているか、最低でも第三者がするより良い選択ができる」
    誤解1「人々の選択に影響を与えないようにすることは可能である」
    誤解2「パターナリズムには常に強制が伴う」
    人はどうしてこれほど頭が良くて、これほど頭が悪くなれるのだろう。

    バイアスと誤謬

    脳の二つの認知システム
    自動システム 本能的
    熟慮システム 意識的

    考え過ぎる危険性 時間をかけて自動システムに頼れるようになる
    三つのヒューリスティクス

    経験則ヒューリスティクスと体系的なバイアス
    アンカリングと調整 アンカー(自分の知ってるもの)が意志決定プロセスに関わってくる アンカー≒ナッジ

    利用可能性ヒューリスティクス
    事例をどれだけ簡単に思いつくか≒現実に起こる可能性と考える 保険加入数

    類似性ヒューリスティクス代表性representativeness
    類似性と頻度のズレ=バイアス
    リンダ 銀行の窓口係 銀行の窓口係でフェミニスト運動家
    ホットハンド バスケ

    「平均以上」効果 非現実的な楽観主義
    損失は獲得満足の二倍 損失回避性
    現状維持バイアス ∵注意力のなさ
    フレーミング 言い回し

    シカゴのレークショアドライブ


    「誘惑」の先回りをする

    誘惑と思慮の欠如
    興奮の効果を過少評価している
    ローウェンスタイン「ホット-コールド感情移入ギャップ」
    心理会計 家計が予算を評価し、管理し、処理するシステム ハウスマネーは別会計
    目的会計


    言動は群れに従う 社会的影響力がなぜ、どのようにして作用するのか
    エコノ:流行に左右されない
    ヒューマン:頻繁に他社にナッジされる
    社会的影響力=情報/仲間からの圧力(ピア・プレッシャー)
    1950's 社会心理学者ソロモン・アッシュ 同調実験easy 線の長さ
    1930'sムザファー・シュリフ 同調実験difficult 民間部門、公的部門問わず、首尾一貫した揺らぐことのない主張をする人は、集団や活動を自分の思い通りの方向に動かせる

    集団的無知が集団的保守主義の問題となる
    集団的無知:集団の全員あるいは大部分が他の人はどう考えているかを知らない状況
    スポットライト効果 他人は自分が何をしているか注視していると考える
    体重を増やす最も効果的な方法は他人と一緒に食べること
    食事の相手が一人居る時は、一人で食事するときより35%食べる寮が多くなる 四人75% 7人以上96%
    ロバート・シラー 2008年金融危機 不安定な市場における心理的要因「今回や過去の投機ブームを理解する上で最も重要な要因は、ブームがきているという見解の社会的伝染であり、株価の急騰が広く観察されることを媒介として広がる」
    「投機バブルのあいだには、『株価−ストーリー−株価』のループが何度も繰り返される」結局のところ、バブルははじける運命にある。バブルは長期的に持続できない社会的判断に依存しているからだ。
    同調性と納税協力 ミネソタ当局
    珪化木の保護 
    非飲酒の社会科←利用可能性ヒューリ... 続きを読む

  • ■心理
    1.ものを失う痛みは得る喜びの2倍。
    2.人はあなたが思っているほど、あなたを注意してみていない。

  • 結構、誘導されて物事決めてるかも。何かを決断する際、よく考えて判断してると思いきや、些細なことに影響されているということ。でも怖い話ではなく、ちょいとしたこと、ナッジをするだけでみんながいい方向にいくと教えてくれます。
    仕事でも他でも何かをするとき、こういう気を配っていこう。

全41件中 1 - 25件を表示

実践 行動経済学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

実践 行動経済学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

実践 行動経済学を本棚に「積読」で登録しているひと

実践 行動経済学の作品紹介

市場には何が足りないのだろう?ごく凡庸な我々は、様々な人生の決断において自らの不合理性とひ弱さに振り回され続ける。制度に"ナッジ"を組み込めば、社会はもう少し暮らしやすくなる。"使える"行動経済学の全米ベストセラー。世界的な金融危機を読み解いた「国際版あとがき」も収録。

ツイートする