インセンティブ 自分と世界をうまく動かす

  • 318人登録
  • 3.03評価
    • (7)
    • (22)
    • (32)
    • (17)
    • (8)
  • 38レビュー
制作 : 高遠 裕子 
  • 日経BP社 (2009年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822247744

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
チップ・ハース
リチャード・セイ...
J・モーティマー...
トニー・ブザン
内田 和成
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

インセンティブ 自分と世界をうまく動かすの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人を動かす為の褒美、報酬をインセンティブという。人の行動は経済学通り行かない、ただ褒美、報酬だけで人は動くものでないと言うことを数多くの事例を基に解説。感想としては、結論が読み取れず、著者の言いたいことがはっきりわからなかった、一冊だった。何度も読み直すとわかるかもしれないけど、、

  • 図書館ジャケ借りでまた失敗したな...
    同じ筆者の「大停滞」を昔読んだ記憶があったので,経済学者っぽい論説が見れるかと思ったのに,大半がエンタメコラム(しかも好みじゃない)でした.無念.
    唯一,会議も愛情も信頼形成もコストを掛けること自体が発生源だ,という指摘が腑に落ちるところでした.

  • 邦題は『インセンティブ』だが原題は[DISCOVER YOUR INNER ECONOMIST]インセンティブとは、人間に行動を起こさせるもの、あるいはいくつかの選択肢のうちひとつを選ぶように促すものだ。
    キーワードは「インセンティブ」と「シグナル」 

     インセンティブ:身の回りをうまく動かしたいのであれば、インセンティブのバランスの取り方を学ぶ必要がある。人はカネなどの外的要因によってやる気にもなれば、喜びや自尊心、すばらしい仕事をしたいといった純粋な動機など、内的要因でもやる気になる。

     シグナル:人にどう見えるかは、各自が送るシグナルの総和であり、いかにその時の状況に合ったシグナルを送れたかで決まる。

     相手はもちろん、自分自身の自己欺瞞との交渉も、インセンティブとシグナルとのバランスが大切だ。相手と自分が無意識に求めているインセンティブやシグナルを察知しようとする意識が必要であると共に、自分が求めているインセンティブや発しているシグナルが相手に見破られ、自己中心的な人間だと思われていないか、注意する必要もある。

     また、自分が相手に与えているインセンティブは、的を射ているか、相手のためになっているか。という視点も重要だ。

  • 「内なるエコノミスト」とは上手く言ったもんだ。たしかにこの一言ですべての動機づけが説明できてしまうな。

  • 本書の原題は“Discover Your Inner Economist”だ。表題どおり「内なるエコノミスト」について書かれたものだ。「インセンティブ」を「人々に何らかの行動を促す要因」とするなら、「内なるエコノミスト」はそのひとつと言えるだろう。ただ、「インセンティブ」について知りたい場合は期待外れに終わる。また、良い経済学と悪い経済学を見分けるポイントとして
    1.ハガキ大にまとめられるか?
    2.おばあちゃんに理解してもらえるか?
    3.「あっ、そっか」を感じる原則であるか?
    と著者自身が挙げているが、正直どれ一つとして満たされているとは言い難く、文章や説明は冗長だ。ライトな経済学エッセイとして読むなら良いのかもしれないが...。
    http://critique.hatenablog.com/entry/2015/05/05/103419

  • 1900円に見合うほどではなかった。これならセイラーのNudgeやギルボアなどを読んだ方がお金と時間と内容の満足度は高い。

  • 読了。全ての経済行動には動機があり、様々な事象を経済学的に解説する。「資本主義とはひたすらカネではない。人類の内なるやる気を引き出す最高のシステムだ。そして、それには自分が主体的に関わっているという感覚を各人に持たせる事も必要だ」訳した文章って読むのにエネルギーが要るけど、もう一回読もうと思います。。

  • 自分または他人を動機づけるためにはどのようにしたらよいだろうか?

    対象はビジネスパーソンのマネジメント層かもしれない、新入社員かもしれない、学生かもしれない。

    しかし、自分または他人モチベイトさせるためには、どのようにしたら「科学的に」合理的なのだろうか?

    本書はそのような問題を解決するために明快な指針を与えてくれる。

    が、他の一般的な書籍よりも具体的な指針が記載されているが、それでも抽象的な言及が多い。
    この手の書籍は、巷にたくさん存在すると思う。

  • 人のやる気を引き出すのに「賞罰」だけではやらされてる感が出てしまうこともある。要は主体性が大事ってこと。

全38件中 1 - 10件を表示

インセンティブ 自分と世界をうまく動かすを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インセンティブ 自分と世界をうまく動かすの作品紹介

実は、経済学の核となる概念はカネではない。インセンティブである。簡単に言えば、人間に行動を起こさせるもの-その活用術を、子供への家事手伝いのやらせ方、会議のやり過ごし方、歯科医のおだて方、マラケシュでのガイドの雇い方を例に、とことん魅力的にお教えしよう。

ツイートする