「ソーシャルラーニング」入門

  • 235人登録
  • 3.02評価
    • (2)
    • (15)
    • (25)
    • (14)
    • (2)
  • 28レビュー
制作 : ダニエル・ピンク(序文)  松村太郎・監訳  山脇智志 
  • 日経BP社 (2012年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248758

「ソーシャルラーニング」入門の感想・レビュー・書評

  • ダニエル・ピンクの推薦しているから読んだが・・・
    社内SNSの優位性みたいな本。
    ただ、帰属意識の薄い社内で使っても全然盛り上がらないのは肌で感じていたので、あまり価値を感じなかった。

  • 前評判の割にはなんだかなーと思いながら読み進めると,後半で部分的になる程と思わせるところが数カ所出てきて,まあ満足.
    やはり日本と欧米では受け入れられ方が違うだろうなとは思う.

  • 主にツイッターを使った相互交流による学習をイメージした。リアルとネットを同時進行も可能。集合的な知を作るインフラか。
    個人的には参加し続けるのがしんどいなと思う。まぁ好きな時に好きなだけというのが基本だろうけど。今の10代20代が社会の中心となる30年後はまた新たなテクノロジーで学習が語られるんだろう。
    マッシュアップということばがよく出てきたが,結局何のことかイメージできなかった。複数の人間の知をマッシュポテトのように集めて,別なものに形成するようなイメージ?

  • ソーシャルメディアをマーケティングではなく、学びに活用することを推奨する本。学びについて知ることができ、視野を広げてくれる本。

    <メモ>
    ・組織ではなくトピックでものごとを考えよ
    ・なるべく広い範囲で共有せよ
    ・既存プロセスをおきかえよ

  • 会議が共有値となる

  • この本の内容は大体以下のような感じになっている。

    ・ソーシャルラーニングとは何か
    ・ソーシャルメディアを学習に用いることについて
    ・ソーシャルメディアを学習に使っている事例
    ・企業にソーシャルメディア(ソーシャルラーニング)を導入するためにはどうすれば良いか

    SNSやWiki、動画など各ソーシャルメディアについて、その事例と有用性、導入方法について述べている。

    ソーシャルメディアやソーシャルラーニングについて、どのようなものがあるのかを事例を見つつ知りたい、という人には向いている本。いわゆる入門編のように感じた。

    自分の場合はソーシャルラーニングについて、今あるツールをそうしていく方法だったりそのポイントについてなど、もう少し深いことを知りたかったので、若干思ったものとは違う内容だったので星2つ。

  • サイト スライドシェア からの気付き
    同業者が作成したスライドを効果、狙いなど含めて公開したら役に立つのでは無いか。

    単語 マッシュアップ

    印象的 共有の文化が台頭して来ている

    ロバート•アイヒンガー
    70/20/10の学習コンセプト
    70は実経験
    20は他者からのフィードバック
    10はトレーニング

    SNSは資料を手に入れる手段で有るとともに、他者からのフィードバックを得てより良いアイディアを作るための場として活用するのが本来的な使い方ではないか。BENGのメンバにももっと発信を促したい。

    CIA,FBIでも情報部員用のSNSを作成

    デロイトの社内調査
    優秀な人材を留まらせるには学べる機会をより多く与える必要がある。

    プロフィールが有ることは重要との事。実際にあったことが無くてもあったかのような体験と同じ効果が有るとのこと。ただ情報の重複はもったいない。

    知っている人にはメールで聞く。
    今までにコネクションが無いメンバからの情報提供が得られる事に価値がある

    知らない人に聞くのは抵抗がある。
    オフ会が必要か。

    批判する人は、自分はいつでも忙しい人だと見られたい のかもしれない
    もともと社交的でない。

    チャンピオン イニシアチブを発揮する人を歓迎すべき。

  • ソーシャルメディアを活用した新たな学びの形であるソーシャルラーニングを紹介する本。
    一人で黙々とやるより、みんなでやった方が早いし、面白いですよね。

  • 業務に軸足を置きながら「新しい情報技術を使って如何に多くの頭脳から知識を引っ張って来るか?(=クラウドソーシング)」
    自分の興味とマッチしていたので「実用的」だったかな?

  • うーむ。いまいち

  • いわゆる、語学を教えあうLang-8みたいな、そういう類のSNSの紹介、または使い方のマニュアル的なものを想像していたが、かなり違っていたようだ。
    「ソーシャルラーニング」とタイトルされてはいるが、SNS上で「学習」する、という意味ではなく、SNS・または集合知をうまくつかって情報を効率的にPULL(引き出して)していこう、そのための心構えや大企業等での採用例を紹介している本である。
    「つながっていることがデフォルト」の世代が主役になるこれからの時代。
    「わからなければ聞きに来い」という我々を含むそれより前の世代の考え方のままでは生きて行けない。
    「わたしはこんなことを知っている」をどんどんシェアしてもらうこと。
    こうして出来たつながりが引いては自分に返ってくる。
    『情けは人の為ならず』を、身の回り、身近な人にだけでなく、ネットを介して世界レベルでそれを実現させる。またそうなりたい、と突き動かされる内容でもある。

  • もはや教室で学ぶ時代ではなく、ソーシャルメディアを使って学ぶ時代になりつつある、ということだ。
    もちろん講師が生徒や聴衆に向かって伝えることは重要な学びの機会であることは間違いない。しかしそこから更に一歩進んで、Twitterを使って一緒に考える事が出来る。近い将来講義にハッシュタグが必須になるかもしれない。
    一方通行のE-Learningから双方向のSocial Leraningへの変遷は集合知を使って活きたフレッシュな学びを得る新しい手段である。
    「パワーはもう発表者から聴衆に移ってしまった」のだ。

  • グランズウエルのように、企業のラーニングにソーシャルをどう使うかという本。問題は、特殊用語のカタカナが多くて読みづらいのと、この世界は動きが速いので、書籍(特に日本語版)が出る前に情報が当たり前になってしまうこと。

  • ソーシャルラーニングという言葉から予想される、ソーシャルなかかわりの中での学習を期待したが、企業教育にソーシャル系のツールを使いましょう、的な話で期待外れ。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、3階開架 請求記号:336.47//B44

  • ソーシャルラーニングを批判する声にどう答えていくかというところの内容が良かった。

  • 結局会社でFacebookやTwitter、Wikiを使うとイイヨイイヨーという本で、どう良いのかがまったくわからず。ソーシャルラーニングが何なのかもわからず。挙句、まさかのセカンドライフの紹介。曰く「反対を恐れていたら何もできない」。って、あのー。

    3年前ならともかく、今さら価値あるのかな、この本。訳もイマイチだけど、一応事例紹介は多かった気がするので☆2つ。

  • ダニエル・ピンク推奨の意味が分かります。色々な事例を引きながら、ツィッター、wiki、ビデオキャストなどを紹介、これらを使った集合知の作り方を示している。日本では正直、辛いかもと思う部分も多々あるが、マイクロシェアリングは可能性があるかもしれないと思った。
    でも、内容の割に高いと思う。

  • ソーシャルラーニングの導入書として期待していたが。翻訳が下手過ぎて読む気力が減少…。新しいことがいっぱい散りばめられてるはずなんだが、読み切るには気力必要。

  • 本書は、ソーシャルメディアを利用した「学び」の体型(ソーシャルラーニング)の提案。
    このソーシャルラーニングを企業や様々な組織に導入することで、新たな研修の形を生むことだけではく、自発的な学習を促すツールとしても多くの可能性があると言っています。

    僕が主催している勉強会でも、メンバーの日頃の学習をサポートする目的で、TwitterやFacebookを利用しているので、本書であがっているソーシャルラーニングの意味やその効果は非常に理解できるものでした。

    より効率良く生きるためには、多くの情報を集め、その複雑な概念を理解しなければなりません。
    しかし、情報過多と言われるこの時代、もはやそれは、1人単独で行えるものではなくなってきています。

    だからこそ、ソーシャルラーニングという考え方が必要になるわけです。

    リアルタイムで多くの知恵を集結させ、問題を解決する。そして、その過程を多くの人で共有することで、経験をシェアする。

    これにより、1人で行なうよりも何倍もの学習効果を生み出す。

    これからは、学校教育や企業研修でも、このソーシャルラーニングが当たり前になるかもしれません。

    そんな可能性を本書を読んで感じました。

  • 広告のチャネルとしてではなく組織内の学びのチャネルとしてWikiやSNSといったソーシャルなプラットフォームを導入することを推奨している本。

    各章に『批判の声に応える』という部分が付属しており、例えば”うちの経営層は決して認めないだろう”というありがちな問題に対して、人をコミュニティに参加させることやコミュニティに参加する時間を見つけることの方が大きな問題なので、そんなこと気にするなと説く(p.79)。こういう問題に答えようというのは非常に読者のニーズをつかんでいると思うのだが、いかんせん答えが答えになっていないものもある。もちろん、有用なものも多い。"ウィキはもうあるが、投稿する人が少ない"に対してはWikiに文書を投稿してメールでリンクを回覧する方式にすることでメールによるコミュニケーションを代替できると言っている(p.171)。…が、アクセス権限はどうすんだとかそういうことはやっぱ自分で考えなきゃいけないので実践には距離がある。その点でタイトル通り「入門」だと割り切らなきゃいけない。

    全体的に具体的な企業での導入事例や有名な書籍からの引用など、インタビューおよび文献調査は大量に行われたのだろうと推測できるほどの内容量があるので、拾い読んで気になった部分をメモする感じで読むといいと思う。ただ、あといっぽ纏まりに欠けるので、あなたが責任者で実際に導入するとなれば、自分でどのサービスをどのように導入していくかを決めるのに役立てるのは難しいかもしれない。どのような場面にどのようなソーシャルプラットフォームが有効で、必須な機能は何か、といったようにナビゲーションして欲しいなと思うのは贅沢だろうか?

    最新の技術や具体的な活用法については http://www.thenewsociallearning.com/ でフォローしていくと言っているし、今後に期待したい。本の概要を示したページ http://www.thenewsociallearning.com/the-book のRecommendations: では活用の指針が端的に纏まっていてイイと思う。

  • SNSの普及は、私たちのコミュニケーションやビジネスだけでなく、学びのスタイルも変えます。野中郁次郎氏の知識創造プロセス(SECIモデル)に従えば、異なる知識が重なる場があれば知識は生まれるわけです。そしてSNSは間違いなく、その場をバーチャルに増やし、リアルな場をつくるきっかけを与えます。では、どのようにかわるのか。そしてどうかつようしていくべきなのか。私たちがSNSを通じて何を学びとして得れるのか、そんなポイントを「ソーシャル・ラーニング」として整理されているのがこの本です。

    以下、要点と解釈の整理です。

    ○ソーシャル・ラーニングの基本的な考え方
    もっとも根本的な考え方は「船にのれ」です。サントリーの言葉を借りるなら「やってみなはれ」、Facebookの言葉を借りるなら「Done is better then parfect」です。ようするに、まずは取り掛かること、試すことが必要ということです。

    そしてソーシャル・ラーニングは一人で行うものではありません。しかし、だれか仲間を探さないとできないものでもありません。普及し続けるSNSを利用し、つながりをつくっていくなかで、誰かとかかわりを持ちながら学んでいけばよいのです。これはビッグデータ時代で学びを重ねていくため(ビッグデータを手なづけるため)のアプローチともいえます。


    ○ソーシャル・ラーニングの特徴
    ソーシャル・ラーニングの特徴を整理すると、誰もが今の生活にアドオンして活用できる学びの機会であることが良くわかります。
     ・誰しもが利用できる
     ・大学の授業や研修と共存でき、シナジーを生む
     ・知識を詰め込むのではなく、経験を通じて学び取れる

    そして今までよりも
     ・より多くの情報
     ・より多くの接点
     ・より幅のある広がり
    を学びに提供するものでもあります。

    このとき、学びのメカニズムを整理すると、学びの効果の大半を占める経験部分をソーシャル・ラーニングが補完することもわかります。
     ・70%は経験を通じて得られる
     ・20%は他社からの指摘によって得られる
     ・10%は知識を詰め込むこと(大学の授業や企業研修)で得られる

    学びを、知識と経験により情報を取り込み新たな変革を生み出すもの、と定義するのであれば、ソーシャル・ラーニングが経験という側面から非常に高い学びの効果をもたらすことが期待できるわけです。


    ○ソーシャル・ラーニングのアプローチ
    ソーシャル・ラーニングのアプローチは、目的や利用するサービスによって多少違いがありますが、ポイントは変わりません。まず何より、楽しむこと。楽しくなければ継続することは困難です。

    その上で、
     ・できることから始める(無理はしない)
     ・互いを歓迎し、敬意を払う
     ・情報を発信する
     ・相手からの情報に傾聴する
     ・シンプルに、わかりやすく
    といったところを念頭に置き、特定のトピックスに対してソーシャルを通じてコミュニケーションを重ねていくことが必要になるのです。

    また、ソーシャル・ラーニングの実施ガイドラインといて
     ・情報の透明性 : 参加者に対して情報が明確に伝えられること
     ・情報の保護 : 個人情報等の管理
     ・相手への敬意 : 互いの権利を守り、尊厳を守る
     ・責任範囲 : ツール利用は個々人の責任において利用する
     ・貢献・目的 : 何が得られるのか、何に貢献すべきなのかを明確にする
    などを明らかにしてアプローチすることで、より高い効果を得ることが可能になります。

  • 「おわりに」にあるように、ソーシャルメディアを利用していくか/批判していくかは、個人の選択である。でもソーシャルメディアを利用し、空間や時間を超えて共に学ぶ世界は始まっていると思う。いくつかの事例を通して、そんな時代の到来を気付かせてくれる本です。

  • ソーシャルメディアのケーススタディを紹介する本はたくさんありますが、本書はそれを関係者の「気づき」・「学習」という観点で紹介するのがユニーク。意思決定のプロセスを共有して共感を得たりなど、非常に参考になることが多かったです。「新しい学びの場」という観点のソーシャルメデイア論で、斬新でした!!

全28件中 1 - 25件を表示

「ソーシャルラーニング」入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「ソーシャルラーニング」入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする