リーン・スタートアップ

  • 2395人登録
  • 3.98評価
    • (184)
    • (203)
    • (113)
    • (24)
    • (12)
  • 211レビュー
制作 : 伊藤 穣一(MITメディアラボ所長)  井口 耕二 
  • 日経BP社 (2012年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248970

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ウォルター・アイ...
スティーブン・G...
クリス・アンダー...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

リーン・スタートアップの感想・レビュー・書評

  • 非常食の定期宅配サービスyamoryを立ち上げる前から、東京大学i.schoolでデザイン思考を学んだり、Y-combinatorの人のTwitter botを読んだりしていたし、リーンスタートアップに近い概念は理解していた。スタートアップ界隈で話題になっている本書は、デザイン思考やらアジャイル開発やら何やらを改めて体系化してくれたものだ。

    めちゃくちゃ面白い。何が良いかって、これは実際に作るための方法論を語っているのだ。(東京大学i.schoolのダサいところは、一流のファシリテーターを呼んで、一流の学生をワークショップに参加させておきながら、最後はプレゼンでお茶を濁して「教育プログラムですから」と逃げてしまうところだ。)

    「デザイン思考」よろしく「リーンスタートアップ」も結構なバズワードになっているが、本質的なところは捉えているので、流行が過ぎ去っても無効になることはないだろう。


    スタートアップとは:できるだけ早く、作るべきもの(顧客が欲しがり、お金を払ってくれるもの)を突き止めること。実験。

    リーンスタートアップとは:Build-Measure-Learnのサイクルタイムを短縮化し、顧客に対する洞察や大いなるビジョンに気を配りつつ、「検証による学び」を通じて、画期的な製品を開発すること

    価値:顧客にとってメリットを提供するもの
    無駄:上記以外全て

    スタートアップとは実験である。当然事業の根本には仮説があり、それを検証することが必要。一番最初に検証すべきは以下の2点。

    価値仮説:あるモノをつくったとして、顧客がそれに価値を感じてくれるか。欲しがり、お金を払ってくれるか。
    成長仮説:顧客が価値を感じてくれたとして、それが広まっていくか。

    Launchrockなどを使ってティザーサイトを作ってみたり、製品の予告編を作ってみたりして反応を見てみるだけでも価値仮説に関しては有効な検証ができるだろう。(今思ったけど、映画の予告編だけ先に作ってから本編を制作するか決める、というようなことをやっているところってないのかしらん)

    MVP(Minimum Viable Product)をつくる:検証したい仮説に関する実験をするための製品。必要最低限の機能さえついていないこともある。MVPをつくるときに、必要だろうかと少しでも迷ったらシンプルにすべき。求める学びに直接貢献しない機能やプロセス・労力は全て取り去ること。

    バッチサイズを小さくする:Build-Measure-Learnにかかるサイクルタイムをできるだけ短くする。そのためにはバッチサイズを出来るだけ短くする必要がある。

    仕事の進捗は、こなした作業の量ではなく、検証できた仮説で測る。

    5回のWhyをやる



    自分で何かやりたい、という人は是非読んでおいたほうがいいと思われます。

  • 「リーン・スタートアップ」という言葉聞いて何のことなのかピンと来ない用語だし、さらに帯を見ても「リーン・スタートアップとは、サイクルタイムの短縮と顧客に対する洞察、大いなるビジョン、大望とさまざまなポイントに等しく気を配りながら検証による学びを通して、画期的な新製品を開発方法なのである」とある。長いしよくわからない。

    でもこれは読むに値する。これはベンチャーの起業の仕方の話ではなく、マネージメント論そのもの。
    トヨタの生産方式をヒントにソフトウェアのアジャイルやデザイン思考の流れにそって新たなプロセスを提示する。今までの大量生産時代のモノの作り方やスピードでは「時間の無駄」が多すぎ、これを最小にするために「構築ー計測ー学習」サイクルをなるべく短期間に時間も金も最小にまわし続ける、これにより顧客の本当に欲しいものに「一番効率よく」たどり着くことができる、という発想。
    キーワードとしてはどれもわかっているものではあったが、仮説の立て方や検証(計測)の仕方をどれだけ意味のあるものにするかのあたりが面白い。活かせるかどうかもここポイントだという気がする。
    本のつくりとしては流れはいまいちで前半はモヤッとした感じで、後半の理論と実例での検証の辺りだけでもいいかも。
    この本というよりもこの手法そのものに可能性と発展を感じる。時代の潮流になりそう(既になっている?)。

  • ドラッガーによるマネジメント開闢から百年、マネジメントの第2世紀は、不確実性との戦いである。
    ただし不確実であるがゆえに起業のチャンスは膨大で、起業ルネサンス時代とも呼ばれる。
    だから、この不確実な起業ルネサンス時代における起業とは、投資家に対する事業の蓋然性の証明要求との戦いでもある。

    そこで生まれたのが「リーン・スタートアップ」手法である。
    リーンとは、無駄のない状態を指し、トヨタ方式の無駄取りに起因し、それを起業マネジメントに適用しようと考えられている。
    「アイディアの構築→実用最小限プロトタイプによる計測→科学的方法に基づいた学び→方向転換(ピボット)判断」という
    起業マネジメントの1周をいかに素早く回転させるかをテーマにしている。

    秀逸である。
    なんども社内起業し、成功も失敗も経験したが、フィールドが変わると経験則が活用できない歯がゆさがあった。
    起業のプロセスや方法論が毎回ゼロスタートにしか出来ないことを悩み、考えていたところで
    この本に出会った。次回の事業展開では全面的に採用するつもりだ。

  • こちらも、GEなんかも取り組みだした「リーンスタートアップ」を知っておくために読んでみた一冊。この本は良かったな~、仕事上で活かせる考え方が多々あった。新しいことを始めるにはスモールスタートがやりやすいけど、それだけじゃ考えとしては足りない。そのやり方にもいくつも工夫すべき点があることを改めて考えさせられて、早速自分の仕事の仕方も少し変わってきたかな。リーンな考え方も取り込みつつ、失敗から学んでできることを増やしていけるといいなと。

  • リーン生産方式
    =我々の努力のうち価値を生み出しているのはどの部分で、無駄なのはどの部分なのかということ

  • 多方面で推薦されているので、説明不要なくらい有名になっていますが、以外と読んでいる人が少ないので記載しておきます。
    個人的にこの本の良いと思った点は、大きく2つあります。
    1つ目は、よくあるアイデアの発想法ではなく、自分のアイデアをどのようにドライブしていくかということに焦点が置かれていること。2つ目は上記に対して具体的な手法や事例を用いて解説していることです。特にスタートアップが必ず迫られるピボット(方向転換)の章は参考になりました。
    ぜひご一読を。

  • テック業界で話題だった本を読了。
    スタートアップ企業がいかにうまくやるための本かと思っていたら、企業の大小は問わず、製品やサービスを立ち上げる場合に、留意すべき事項がまとめられている。

    それはベンチャー社長が書くような、情熱や心持ちの話ではなく、タイトルが示すように、トヨタのリーン生産方式にも影響を受けた、事業のマネジメント方法に関する内容である。
    情熱や、革新的な技術だけではうまくいかず、いかに顧客の課題に合わせ、製品・サービスを育てていくかという話だ。

    簡単に略すると、以下のステップである。
    1、実用最小限の製品・サービス(Minimum Viable Product)を作る
    2、意味ある、行動につながる指標(actionable metrics)を計測する
    3、学び、必要があれば方向転換(pivot)する

    こう書いてしまうと当たり前のように見えるが、実業務と照らすと、こうなっていないことはよくある。
    大企業におけるウォーターフォール型のシステム開発業務なんかは特にそう。

    日本の過剰品質を追求する姿勢を見直すべきという声を最近聞くが、じゃあどうすればいいか、という時に参考になる考え方だと思う。


    以下はメモ。(この本が出たせいか、ウェブではピボットという言葉をよく目にするようになった)
    --ピボットの種類--
    ■ズームイン型ピボット
    機能の一部と考えていたものを全体とする
    ■ズームアウト型ピボット
    上の逆
    ■顧客セグメント型ピボット
    ターゲット顧客の変更
    ■顧客ニーズ型ピボット
    自分たちが解決しようとしていたことが顧客にとっては大切でないことが分かった場合などに、本当に困っていることが何かに焦点を当てる
    ■プラットフォーム型ピボット
    特定機能としてリリースしたら、プラットフォームとして有効なことが分かった場合に起こる。初期のfacebookとか。
    ■事業構造型ピボット
    ビジネスモデルを変更すること。B to C から B to B への転換とか。
    ■チャネル型ピボット
    流通チャネル、販売チャネルなどの変更。直販への切り替えなど。
    ■技術型ピボット
    解決する課題やターゲット顧客は一緒で、同じソリューションを別の技術で提供可能にすること

  • リーン・スタートアップとは、どういった手法なのかということが書かれた本。

    内容が冗長(※)でまとまりがないように思える。結局、リーン・スタートアップって何をすることを言うんだっけ?って思い起こそうとしたときに、また全体的に読まなくてはいけない。ああ、付箋を貼っておけばよかったなって後悔する。

    ※ 提唱している内容は共感できるがくどい、いくつかの企業の実例があって楽しく読めるが長いので、話題の本筋を忘れてしまう

    自分も、ここに書かれている手法を実践したい!って最初は思ったけど、結局、自分のようないち開発者では何もできないなーと思った。リーン・スタートアップを知るっていう意味では、この本を読む意義はあると思う。

    サービスの企画に携わる人、管理者、決裁権がある人、起業家、経営者の方にはぜひ読んでほしいなあと思う。いち開発者の方は、実践できる場がないと思うので、興味があれば読んでみる感じでいいかと思う。

  • 起業家や組織内のアントレプレナーに対して、とても重要な本がある、それが本書であるということが話題になっており、すかさず買って読みました。

    まず、リーンスタートアップのリーンとは、リーン生産方式から用いています、このリーン生産方式はトヨタのマネジメント手法を基盤としたものであり、本書の中でも随所、トヨタの事例が出てきます。例えば、ジャストインタイムやカンバン方式、なぜなぜ分析などがまさにそうです。
    そう、そこから踏まえると本書は日本発のマネジメント本であり、スタートアップの本であることがわかります。
    著者自身のスタートアップ時代の経験を踏まえ、リーンスタートアップといった新しいスタートアップ手法を書いたのが本書です。

    ただ、内容としては、ソフトウエア業界では時のキーワードとなっている「アジャイル開発」の流れです。それをスタートアップのプロセスに即したものではないかと考えることができます。
    実用最小限の製品をつくり、アーリーアダプタに提供し、要望を聞き、改善させていく。そして、スピードが重視されるため、構築、計測、学習のフィードバックをうまくまわしていきましょうということだそうです。また、度合いを示す革新会計や成長エンジンなど独特な指標が登場します。
    不確実な状態であるスタートアップのプロセスだからこそ、こういった指標が大事になるのだと思います。

    ただ、本書時代、リーンスタートアップ自体の定義がやや説明不足なまま、プロセスの説明をされるので、スッキリしないのが個人的な感想です。
    非常にスマートな内容なのに、変に事例話が登場しまくって、肉付けされていて、核心に近づけない印象も受けました。
    教科書的なの望んで読んでましたが、プロセスが体系化がうまくされていないため、ややもったいない印象を受けます。これなら、トヨタ生産方式をまとめた本やアジャイル開発の本を読んで関係を結んで自分の中で体系化した方がいいのでは、ということ思ってしまったりと、やや難があると思ってしまいました。

    とはいいつつも、スタートアップを目指す人、それが起業、社内事業起業家問わず、必要なマネジメント手法な本ではないでしょうか?
    (本書は、マネジメント手法が強い本ですね)

  • 初めから大きなものを作ろうとせず、小さなプロダクトを作り、アーリーアダプタの意見を取り入れ、細かいスパンでフィードバックして改良していく感じ。アジャイル開発をプロダクトの領域に応用。

  • トヨタ生産方式を用いて新規事業を起業するにはどうしたらいいのか、構築・検証・計測をしてループを速く回せよとのこと。これは我々の業務のPDCAを速く何度も回すことと同じだと思う。ビジョン、ストラテジー、破壊的イノベーション、科学的管理法、アーリーアダプター、価値仮説、現地現物、アンドン、ピボット、粘着型成長エンジン、5回の何故を繰り返す等大事なことはよく書かれている。我々の業務でも参考になる。

  • 構築ー計測ー学習(Build-Measure-Lean)のフィードバックグループをハンドルとして継続的に調整を行う。

    ピボット(方向転換)(pivot)をいつすべきなのか、そろそろすべきなのか、あるいはまた、いまのままの方向性を維持して辛抱(persevere)すべきなのか。

    大企業は既存製品を少しずつ改良し、既存顧客を満足させることークリステンセンが言う持続的イノベーション(sustaininng innovation)ーを得意としており、未来の成長をもたらす画期的な新製品を苦労して創りあげる破壊的イノベーション(disruptive innovation)は不得意。


    リーンスタートアップでは、検証による学び(validated learning)という概念で学びをとらえなおす。


    一番のポイントは、どのような業界であれスタートアップは大きな実験だと考えること。

    「この製品を作れるか」と自問したのではダメ。いまは、人間がおもいつける製品ならまずまちがいなく作れる時代。

    問うべきなのは「この製品は作るべきか」であり「このような製品やサービスを中心に持続可能な事業が構築できるか」である。

    このような問いに答えるためには、事業計画を体系的に構成要素へと分解し、部分ごとに実験で検証する必要があり。

    つまり、必要なのは科学的にな方法論。
    リーン・スタートアップ・モデルにおいては、製品も機能もマーケティングキャンペーンも、スタートアップが行うことはすべて、検証による学びを得るためにの実験だと考える。


    科学的実験が理論に基づくように、スタートアップの実験はビジョンに基づいて進める。ビジョンを中心に持続可能な事業を構築する方法を明らかにすることが実験の目的である。


    大きく考え、小さくスタートする。


    顧客というものは自分たちが何を望んでいるのかわかっていないことが多いし、ドロップボックスのようなものはコンセプトを説明されてもなかなか理解できない。


    法的リスクで二の足を踏むのは分かる気がするが、MVPを作るにあたって一番多い拒否反応が、競争相手ー
    特に大企業ーにアイデアをの住まれるかもしれないという不安であるのには驚くかもしれない。


    だいたいスタートアップの場合、自分のアイデアや会社、製品を競合他社どころか誰でもいいから知ってもらうことが難しい。

    この点を恐れるアントレプレナーに対して和足は、「自分のアイデアをひとつ(重要性があまり高くないものでいい)、大企業でその領域を担当するプロダクトマネージャーに盗ませる」という課題を与える。電話をかける、レターを書く、プレリリースを送る・・・思いつく限りのことをしてみればいい。どの企業のどのマネージャーもすばらしいアイデアなら腐るほど持っているのが現実。彼らの課題はそのアイデアに優先順位をつけてい実行することーだからこそ、スタートアップに生き残れる希望がある。

    アイデアを知られたら他社のほうがうまく実行できるのであれば、いずれにせよそのスタートアップに生き残るチャンスはない。チームを結成してアイデアを追究するのは、構築ー計測ー学習のフィードバックループを誰よりも早く回転させられると考えるから。

    その考えが正しい場合、競合他社にアイデアを知られても同じこと。
    その考えが正しくない場合、それはもっと大きな問題を意味しているし、秘密主義ではその問題を解決できない。成功するスタートアップは、遅かれ早かれ急追してくる他社の競争に直面する。追いつかれないほど先行できることはほとんどないし、ステルスモードですごしているあいだはー顧客との接触を避けているあいだはーおそらく先行スタートできない。勝ちたければ、他よりも早いスピードで学ぶしか道はない。


    イーベイのように売り手と買い手をマッチン... 続きを読む

  • MVPを、最速で、構築し、計測し、学習し、次に活かす。これをひたすら繰り返す。これがスタートアップには重要である、という話。自分で何かやってみたくなる気持ちになる一冊。

  • MVP
    PDCA
    仮説→実験→検証
    ピボットの種類
    ディスラプティブイノベーション

  • 方法論としてはよいが,事例が多くて骨子がややわかりにくい

    新規事業や団体活動の立ち上げにおいて,効率的で無駄の少ないプロセスについて解説されている。
    概ね以下のような順番キーワードが骨子となる。

    1. 仮説をたてる
    2. MVP(Mimimum ViableProduct)実用最小限の製品の作成
    3. 影響力の計測
    4. 革新会計
    5. ピボット
    6. 5のなぜ

    変化が激しく先が見えない現代においては,このような開発手法は役に立つと思った。それもそのはずで,この開発手法は日本のトヨタ自動車で長年採用されたリーン生産方式という方法論がベースになっているからだ。

    実際に計測してデータに基づいて判断するのが,理系でとてもよいと思った。会社だけでなくボランティア活動やOSSのプロジェクトでも適用できそうだと思った。

    ただ,合間合間に著者の自慢もとい事例紹介が挟み込まれていまいちわかりにくいものがあった。例えば,革新会計。結局よくわからないままだった。

    この本だけだと具体的にどうやったらいいの?という疑問がでてきて,実践に移して成功するのは難しい。この本の他に,「Running Leanー実践リーンスタートアップ」や「Lean Analytics」という実践的で具体的な内容を取り扱った本がある。これらの本も合わせて読んでみるとよいのだろう。

  • 仮説をたて、サービス化して、改善する。その繰り返しが大事。

  • 『リーン・スタートアップの本質をわかりやすく表現すると「地図を捨ててコンパスを頼りに進め」ということになる』
    地図がないと不安な人はイノベーションなんてしようと思っちゃダメ、ということですね。
    納得。
    最近コンパスすら怪しい混迷に突入しつつあると思いますが…

  • 本書は「地図を捨ててコンパスを頼りに進む」やり方を整理している。革新会計や成長仮説の箇所は繰り返し見返し血肉にしたい。

  • スタートアップ企業は、戦略計画を立てたり大きな時間をかけてプロダクトリリースするとリスクが大きいので、必要最小限のプロダクトで市場評価をもらってPDCAを最速で回すべきという考え方。

    何かをやろうとすると綿密に計画を立てたくなるものだが、そうではなく最小限でまずは取り組み少しずつピボットしていくという「場当たり」的な発想を与えてくれた。

  • 仕事の振り返りになる部分もあったが、新しく刺さる部分は特になかったかも。

  • 近年、ファストワークスの大号令がGE社内に走った。そのもとになったのがリーンスタートアップという概念。この本がGE幹部の目に留まり、大企業文化になりがちだった社内にメスを入れた。ファストワークスの話を聞いた時に「顧客の声に注目する」「敏捷に動く」ということかと認識していたが、それでは十分ではないことがわかる。注目しなければならないのは、この本でいう「革新会計」。革新会計とは1.現状認識(ベースラインの設定) 2.現状から理想状態へのエンジンのチューニング(実験&検証) 3.ピボットの決定(方向転換か辛抱か)。イノベーションを科学的なプロセスに変換したこの本の中には、起業だけではなく小さなプロジェクトマネジメントでも活用できそうなアイデアが豊富にある。必読の書籍。

  • サイクルの概略はわかったがそれ以外は読み直したい。

  • 経営関連の書籍をあまり読んでいないため、基本的なことから学ぶことが多かった。MVP,価値仮説,成長仮説,評価手法などすぐに取り組める内容で、いいものであった。しかし、企業例などの部分はだらだら感が多く、著者としてはまだまだな部分が垣間見えた。

  • 第1部 ビジョン
     第1章 スタート
         起業マネジメント
         リーン・スタートアップのルーツ
     第2章 定義
         アントレプレナーとはどういう人間を指すのか?
         アントレプレナーにとってスタートアップとは何か?
         スナップタックス
         7000人によるリーン・スタートアップ
     第3章 学び
         IMVUにおける検証による学びの例
         価値と無駄
         検証はどのように行うか
         大胆なゼロ
         IMVU以外への応用
     第4章 実験
         錬金術から科学へ
         実験は製品である
         ビレッジランドリーサービスの例
         政府機関でリーン・スタートアップ?
    第2部 舵取り
        ビジョンから舵取りへ
     第5章 始動
         戦略は仮説に基づいている
         現地・現物
         事務所を出る
         分析による停滞
     第6章 構築・検証
         最初の製品で完璧を狙わない理由
         動画型MVP
         コンシェルジュ型MVP

  • ざっくりとまとめるとこんな話かな。

    PDCAの「P」の時点で、様々な仮説検証修正を繰り返し、精度を高めるべく物凄い時間をかけまくった後に、自信満々で「D」して「C」してみたら、全く「P」がずれまくってた。。。そんな無駄なことは無い。「P」はあくまで要諦となる「仮説」を定められればOK。さっさと「D」して、「C」に移るべし。

    顧客の深層にある本当の気持ちが現れるのはあくまで購買のタイミング。そもそも、どれだけお客様調査したって、顧客は本気で答えてるようで内なる気持ちなんか声に出せないもの。

    だったら、不完全でも良い、仮説が検証できるモノを作り世に問うようにしよう。それで仮説があってれば、次の仮説を潰すための作り込めば良いし、仮説がずれてるのであれば仮説を修正すればよい。最初からあらゆる仮説を検証できるフルスペックで対応するのはナンセンス。

    一言で言えば、小さく生んで、早く育てようってこと。
    勉強になりました。

全211件中 1 - 25件を表示

リーン・スタートアップを本棚に「積読」で登録しているひと

リーン・スタートアップの作品紹介

思い込みは捨てて、顧客から学ぼう!「構築‐計測‐学習」というフィードバックループを通して、顧客も製品・サービスも生みだし育てるシリコンバレー発、注目のマネジメント手法。

ツイートする