ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く

  • 358人登録
  • 3.61評価
    • (25)
    • (42)
    • (28)
    • (16)
    • (3)
  • 47レビュー
  • 日経BP社 (2012年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822249243

ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チームで問題を解決するには?

    →チームの前提条件とは、お互いの弱みを知っていること
    コンフリクトがないのは、平和ではなく真剣に議論してないから
    イマジネーションは、日頃のトレーニング、常にホワイを意識することが大事
    異質な価値観、才能、文化をもつ人がチームを組んで共通の目的のために助け合うことが絶対条件となる

  • 前半40%は筆者の経歴(=ほぼ自慢)で読む必要なし、その後の45%で、いかに「グループ」ではなく「チーム」が重要か、日本の組織はほとんどグループであること、チームには女性が必要だ、などと述べてある。理由は曖昧。あと、チームの作り方は「引き抜き」のみ紹介。悪い本ではないと思うが、チームの作り方がさっぱり分からないのでうーん。
    http://nagoemon.blog56.fc2.com/blog-entry-613.html

  • 米国での起業をしてきた経験から、日本の停滞の原因をチームがないことと喝破した、鋭い指摘の本。
    自分のようなワンマンな人間には良薬口に苦しで参考になりますが、そのチームをどう作るかが具体的でないのが残念。

  • 内容としては前半は本人の経歴話、後半は日本ではなぜイノベーションが起こりにくいのかという話がされている。
    その解決策はチームである。
    チームはグループとは違う。
    グループは同質な人の集団であるがチームは異質な才能がある目的のもとに集まって構成され「パッション」がある。
    そしてお互いの弱みを知っているので、ただついていくのではなく、お互いに足りない部分を補い合いながら前に進むことができる。
    また例外処理能力を身につけるためにwhyを問う訓練をする。少なくとも5回は深掘りすると良いと書いてある。

    やはりどの本を読んでいても感じるのは深掘りする大切さである。
    深掘りすることで自分の言葉で物語を語れるようになるし、突飛な出来事にも落ち着いて対処ができる。

  • ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く
    齋藤ウィリアム浩幸(さいとう・ウィリアム・ひろゆき)、WilliamHiroyukiSaito

     ブックオフ16号沼南店で偶然手に入れた本、久しぶりに自分の人生に影響を与えてくれる良い本に出会った!と思った。著者は、そこに課題があったら、既存の価値観に捕らわれず目的志向で手段を考え出していく。
     この本は、あの『スティーブ ジョブズ』に勝るとも劣らない天才いや秀才の伝記かもしれません。にもかかわらず、どんな偉人の物語よりも、私のような凡人に行動を促す魅力に溢れています。それは、この本が著者である齋藤ウィリアム浩幸さんご自身によるもので、かつ齋藤さんが慣れ親しんだ言語で書かれているからです。でも、それだけじゃありません。何よりも、この本には、若い頃の彼に機会を与えた日本の企業が衰退して行く姿に心を痛めた齋藤さんが、これからの日本を支える人たちに読んでもらいたいという熱い思いが込められているからです。

     ブックオフ16号沼南店で偶然手に入れた本ですが、久しぶりに自分の人生に影響を与えてくれる良い本に出会った!と思いました。

     ちょっと積んであったのですが、読み始めたら止まりません。目次は、プロローグ.チームをつくり、まずヘルプから.第1章 ウィリアムの冒険.第2章 なぜ日本でチームが必要なのか?.第3章 なぜ日本でイノベーションが止まったのか?.第4章 なぜ問題解決ができないのか?.第5章 国家戦略、それが問題なの? .エピローグ.料理と例外処理と計画されない人生で、取り急ぎ第4章まで読んだのですが、真骨頂は!

     努力の結果として既得権益を手に入れた人たちは、それを失わないために、責任をとることを恐れるようになる。だから、既存の価値観や行動原則に捕らわれないイノベーションは、「失うものがなにもない、あるいは失ってもまた手に入れればいい、いやもっと大切なものが手に入るかもしれない。」と考える人にしか起こせなくなります。

     著者は、とても凄い人で、私のような凡人とは思考が違うのだと思いますが、そこに課題があったら、既存の価値観に捕らわれず目的志向で手段を考え出していきます。彼は、そこに必要なのが、チームだと言い切ります。確かに彼の周辺には、安定した生活や高い報酬など、日本の子供たちが押し付けられる価値観とは縁がない、情熱に支えられたチームが立ち上がります。255文字では伝えられない素晴らしい世界があります。

  • 人種も宗教も職業も違う世界中のハッカー相手に、経歴がほぼ同じな人間が対策を考えている日本。
    →日本の組織に多様性が欠けている

    何かを生み出し、解決するのがチーム。
    新しいビジネスを切り開くアントレプラナーシップやイノベーションを生み出すものこそ、チーム。守りの姿勢ではなく、リスクを引き受け、コントロールするのもチーム。
    熱い想いを持った人が問題解決のために助け合う関係。

    同質な人の集団である、グループ。
    決められたことを間違いなく処理するための組織。
    あらかじめ決められた目標を遂行するために集められる

    チームづくりの巧拙
    チームの坩堝

    オーナーシップ

    自分の弱みを知らない人は
    チームで働けない

    巧拙
    拙劣
    辣腕

    チームの前提条件は、
    お互いの弱みを知っていること

    漸進的↔︎破壊的

    Why 正しい問題を見つけること

  • チームの重要性についてはよくわかったか、具体的にどうチームを作り上げたらよいかといったことまではなかったのが残念だった。

  • セキュリティー技術のベンチャーを立ち上げ、現在は日本でベンチャー支援を行っている日系人起業家が語る、日本の課題。
    曰く、日本には組織はあってもチームが無い。むしろ組織間/組織内競争で個人主義化が進んでいると。日本の強さは組織力との意識がありましたが、3.11のような緊急事態への対応や、イノベーションには異質な力も取り込んだチームの方が優れている気がします。

  • 今年一番の良本。
     チームで仕事をしている体にはなっているけれど、あらかじめ決まっているチーム目標に向かうので、個人ベースでは割り当てられたことをすれば良いという意識に陥ってしまい、「自分のことだけすればいい」という思想になってしまっていることに納得。
     筆者がいうほど現在のチームのあり方には悲観的には思わないけれど、筆者の言うように、仕事の場面で本当の意味でのチームができていない。バックグランドも異なる人達が参画して目標設定しながら仕事をしていく仕組みは、「組織横断的な職務体制」ということになるのだろうけれど、現実的になぜか難しいのは、きっと今のやり方に慣れてしまっているからだろう。でも、それでは役所の仕事が回らないことは明らか。だから、そこを変えたい。

  • 【チームに必要なもの】
    ★パッション
    ★お互いの弱みを知っていること。強みではなく弱み。信頼感が生まれ、なんでも言い合える。
    ★縦割りと割り切らないこと。枠を超えて全体最適を考える。おせっかい。
    Ex.スマホで考える。部分最適だと、ロスが生じてすぐに電池切れになる。電話を使うときには画面を消すなど、個々の機能を全体として考えることができていないためである。多分、開発の現場でソフト担当者は「電池の人間は何やってるんだ」とぶつぶつ文句を言い、電池の担当者は「LCDは電池を食い過ぎだ」などと足を引っ張りあっている。
    ★悪魔の代理人。議論であえて反対の立場で質問し、相手の論理の弱点を突く
    Ex.GMのある会議。「この決定に関しては、意見が完全に一致していると了解してよろしいでしょうか?」と聞き、出席者全員がうなずくときは、「それでは、この問題について異なる見解を引き出し、この決定がいかなる意味をもつかについて、もっと理解するための時間
    が必要と思われるので、検討を次回まで延期することを提案したい」といったものがいる。

    キーワード:悪魔の代理人や枠を超えた仕事をするためには、リレーションパワーを高める必要がある

全47件中 1 - 10件を表示

齋藤ウィリアム浩幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス W....
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
伊賀 泰代
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解くを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解くを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解くを本棚に「積読」で登録しているひと

ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解くのKindle版

ツイートする