ジェフ・ベゾス 果てなき野望

  • 1008人登録
  • 3.83評価
    • (53)
    • (132)
    • (61)
    • (16)
    • (2)
  • 109レビュー
制作 : 滑川 海彦  井口 耕二 
  • 日経BP社 (2014年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822249816

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
伊賀 泰代
シーナ・アイエン...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ジェフ・ベゾス 果てなき野望の感想・レビュー・書評

  • Amazon創業者ジェフ・ベゾスの自伝的物語である。この手の企業事例本は色々あるが、この本はAmazonという会社の話よりもジェフ個人の話に割かれた部分の多さが目立つ。それだけジェフの個性は際立っているし、彼の信念や考え方がAmazonを創っていったのだろう。

  • ブクログで誰かの本棚を見てるときにコレがあって、読みたくなり即、図書館に予約。
    翌日には届いて、今読んだ。
    文章がちょっと読みにくいかな。あんまり面白くない文章。

    アマゾンは利益率が低いところが強みだそうだ。
    ベゾスはそれを「ジョブズの失敗を繰り返さない」と表現してる。
    i-phoneは利益率が高い優良な商品だけど、そのために、みんなが安いアンドロイドへ流れてゆくから。

    セルゲイ・ブリンもラリー・ペイジもザッカーバーグもラリー・エリソンもマイケル・デルもスティーヴ・バルマーも、みんなユダヤ系だけど、ベゾスってどうなんだろう?

    この本って、人種的なこと書いてた?

    実の父がサーカス団員だったとは書いてるけど。
    実家はプロテスタントでバプテスト派???
    ・・・・ユダヤ人じゃないってこと?

    まあ人種についてウンヌンするのは、上品ではないかもしれないが・・・・気になる。
    IT業界で成功した頭の良い人を見ると、つい「ユダヤ系なのかな?」って思っちゃう。

  • ベゾスもやはりパラノイアだった。
    時代を代表する個性的な企業を率いた経営者には、MSのゲイツ、インテルのグローブやアップルのジョブスといったように偏執的な人が多いが、やはりこの人も同じだった。
    今まであまり外に聞こえてこなかったAmazon CEOのジェフ・ベゾスの人となり、著名記者ブラッド・ストーンが徹底取材して書いており、とても興味深い伝記に仕上がっている。
    内容は本書の解説を書いている滑川氏の連載記事(文末にURL)にあるので省くが、驚いたのはその偏執ぶりが今までの経営者よりも徹底しておりかつ広範囲に及ぶこと。
    USAらしからぬ長期的展望に基づき赤字も辞さずに方針を貫き、かつマーケットまでそれに従わせてしまうこだわり方。
    競争相手やパートナーに対してさえも、自社に有利となれば徹底的に利用する飽くなき姿勢。
    アマゾン・マーケット・プレイスに出店したパートナーの売れ行きが良いと自社自身が同じ商品を売り出したり、ザッポスやダイアパーズに仕掛けたように相手を追い詰めて軍門に下して飲み込むさまなどは、読んでいてぞっとしてしまうほどのやり口だ。
    Kindleで電子書籍に乗り出すときも、ほとんどの大手出版社を的に回しながらも強引に包囲網を崩していく巧みさには本当に舌を巻く。
    最近の大河ドラマに例えてみれば、さながら半兵衛や官兵衛のような戦略眼を持ちながら、信長の非情さを持ってして実行に移す経営者と言ったところだろうか。
    その上、社内には徹底的な倹約を説き、PowerPointは使わせず、ある意味恐怖政治的な経営のもとで多くの社員が耐えられずに辞めていく様は、信長以上の非情さにも感じてしまう。

    当初は小売だけにFocusしていたようなアマゾンが、エコシステムのプラットフォームへと進化していくきっかけが、あのティム・オライリーから薦められたAPI整備というのも興味深かった。
    ここからさらに進化したのが、いまやクラウド界を席巻するAmazon Web Services(AWS)である。
    元々AWSは、アマゾンの小売プラットフォームが能力を余分に持っているので、その分をレンタル用のリソースとして始めたものだというのが、技術者の間でもよく言われていた話だと思う。
    しかし本書によると、自社のプラットフォームの柔軟性を実現するために、コンピュータリソースを徹底的にプリミティブな要素・コンポーネントに分解して、それを管理するソフトウエアを作り上げていくことでAWS事業の可能性が提示されたことがきっかけであり、これに対してベゾスは「この事業も必要だからだ」という回答でGOを出したらしい。
    我々外部の者が考えていたよりも、随分と積極的に踏み出した事業だったということだと感じる。
    元々ソフトウエアのエンジニアとしても極めて優秀だったベゾスとしては、その長期的な展望を見抜く素質・性格のもとにAWSの事業性を確信したのだろう。
    技術領域で生きてきた者としては、このあたりの記載には大いに興味をそそられたものである。

    フィナンシャル・タイムズ紙とゴールドマン・サックスが共催する「ビジネスブック・オブ・ザ・イヤー2013」を受賞したということからも、本書は米国でも大きく注目されたらしい。
    今やハイテク業界に無くてはならないエコシステムを創り出したアマゾンの成り立ちとCEOの人となりは、業界で生きる者にとって興味を引きつけてやまない内容である。
    それをいまだ絶頂期であるこの時期に書物にしたことは、我々読者にとってもたまらない贈り物である。

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140117/258370/?P=1

  • いつの間にか生活の一部と化したAmazon。何かを買う時は、Amazonでチェックをするということが日常となった。しかし、Amazonという会社、ジェフ・ベゾスという人物については、全くと言っていいほど知識・情報を持っていなかった。対照的に、Apple、スティーブ・ジョブズは多くのメディアで取り上げられていたため、Amazonよりも情報を持っていた。
    本書を読むことで、謎であったAmazon、そしてジェフ・ベゾスについて知ることができる。今後、さらにAmazonが自分の生活に深く関わってくることになるのだろうと思わせる内容である。

  • 読み終わるとすでに内容のほとんどを忘れてしまってるような分厚い本でしたが、書くとすれば、

    p328-9 イノベーションのジレンマ
    巨大企業が傾くのは破壊的な変化を避けようとするからではなく有望だが現場の事業に悪影響を与えそうで短期的な成長要件を満たさないと思われる新市場への対応が消極的になりがちだからだと看破した

    これを解消するには、破壊的施術を中心に独立の新事業を立ち上げる自律的組織を設置する

  • 起業家ジェフ・ベゾスのことがよくわかる一冊。ただ、分量がすさまじく多いのと、時系列の説明が多いのでちょっと読みにくいかも…

    Amazonという会社の考え方がよくわかるし、突き抜けたサービスを作って届けることについてすごく考えるきっかえになる。もうちょっとゆっくり読んでみようと思う

  • アマゾンがブラック会社ということがよく分かる本

  • 経営者にとって最も大事な資質が、知能や体力、精神力などではなく、野心であることがよくわかる本。

    1.市場での支配率が上がる

    2.サプライヤーに値下げを迫る

    3.浮いた分を配送料無料などのサービスを実施

    4.顧客がさらにアマゾンで買うようになる

    1.市場での支配率が上がる

    の繰り返しで大きくなってきたことがわかる。



    とにかく、他の伝記や社史と比べ、1年1年が濃い。すっかり当たり前になってるけど、アマゾンが誕生してからまだ20年ほどしか経ってないと気づき、改めて驚きました。

    歴史に名を刻む企業を作るにはここまで生き急がなければならないのか。

  • アマゾンの歴史がよく分かる本。アマゾンの便利さは周知の事実ですが、顧客第一主義が徹底されていて時には取引先にも圧力をかけるなど、良い面悪い面がかかれていて面白かったです。

  • ドラッカーは、「非営利機関は、ビジネスにも増して、体系的に放棄すると言う規律を持つ必要がある。重大な選択を憶せず行う必要がある」と従来の通念に比べてかなり大胆な提言をしている
    昨日を捨てることをなくして、明日を作ることはできない。旧弊に縛られ、あるいは安住する組織は必ず滅びる。これを脱するには昨日を棄てるチェンジリーダーが是が非でも必要である

  • ☆☆☆☆Amazonという企業の理念や文化と、それを植え付け、率いているジェフ・ベゾスという人物、更にはジェフ・ベゾスがAmazonという企業を率いて臨む野望を垣間み、想像させてくれる本です。
    現代の市場経済で、大きな成長を遂げる企業の典型的なリーダーをもつAmazonは『弾み車』(自己強化する循環)に乗って成長を続ける。本のインターネット販売という、参入障壁の低い分野で起業し、創業以来、現在の2012年に618億円の売上を誇るまでに成長する。
    低い粗利益率という、Appleの高粗利益率とは正反対の企業戦略で突き進んで、今ではこの低い粗利益率が最大の参入障壁になって、他の大資本の企業が参入を考えることすらできないほどに成長した。その当時のベゾスは
    「小売店は2種類に分けることができます。どうしたら値段を高くできるのかを考えるお店と、どうしたら値段を下げられるのかと考えるお店です。我々が目指すのは後者です」
    と言っていて見事にそれを実現し続けている。
    この本のなかでは、具体的に彼の性格や人柄を表現するところは少ないが、実際のエピソードや彼の発言が、ジェフ・ベゾスという人物を読んでいる私たちに伝えてくる。

    その幾つかを紹介します。
    「我々に大きな強みはない。だから、小さな強みを編んでロープにしなければならない」

    「コミュニケーションは機能不全の印なんだ。緊密で有機的につながる仕事ができていないから、関係者のコミュニケーションが必要になる。部署間のコミュニケーションを増やす方法ではなく、減らす方法を探すべきだ」

    「分散・分権と自律的な意思決定を中心に、Amazonを経営するのだ。関係者の調整は時間の無駄である。問題解決に一番適しているのは問題に直面している人々だ」

    ︎「伝道師とは正しい目標を持ち、世界をよりよくしようと努力する人々を指すが、金の亡者は金と権力が目的で、邪魔する者は誰であろうと叩き潰す。私は、金の亡者ではなく、伝道師の道を常に選びます。ただなんとも皮肉なのは、普通、伝道師のほうがたくさんお金を儲けてしまうという点です」

    「顧客の信頼を損ねるのでは、いくら売上があがっても意味はない。(顧客がどれほどAmazonを信頼してくれているのかを試すくらいなら、儲かる方法も捨ててしまえ」

    どうです、これだけでもジェフ・ベゾスという人物を充分に想像できませんか?

    これに、ときどきのエピソードや一緒に働いてきた人たちの印象を繋ぎ合わせると、かなりしっかりとしたイメージが出来上がります。

    そのほかにも、Amazonの企業としての変遷やそれによって獲得してきた強み、経営者としてのジェフ・ベゾスと若干の生い立ちのストーリー、そして、「米国では一社に力が集中するのを嫌う傾向がある。どこか遠くにある巨大企業の動向次第で自分たちの町が変わってしまうという感覚があるのだ」という分析のもとに、今後のAmazonの方向性を今までの“業界ヒール役”的なイメージから市民に好感をもたれる企業への転換を真剣に考え始めている(Amazon.Love戦略)ところが面白かった。
    私ももうプライムの会員になって5年ほどたつけれども、この便利さを手にするとそこから抜けられなくなるし、次から次へと低価格、あるいは無料のプライム会員の特典が付加されてくるので、音楽にしても、映画にしても、徐々に他社のサービスから移行してきている。この便利な状態がデフォルトだと錯覚してしまうほどに。
    2016/06/23

  • Amazon.comの創業者であるジェフ・ベゾス氏について誕生から起業、その後の経営までを詳細に記した一冊。

    ジェフ・ベゾス氏自身が信じた強い思いとともにAmazonを運営していくのが力強く書かれている。そのような信念は、会社を経営し、多くの人と折衝するに従って段々と薄められていくのが常であるが、彼は違う。それがAmazonの強みであり怖さでもある。今のところ強みという面が多く出ているようだが、ビジネスの世界は変化していくのが常であり、今後どうなるかは興味深いところである。

    多くの起業家が経験しているように、彼も多くの失敗をしている。Amazonの中でも多くのサービスが提供されては消えていっているさまを克明に記している。それを物ともせず、ただただ自分の信念に従って前に進んでいく姿はかっこよく憧れる。

  • 何でも取り揃えながら、ユーザにメリットある低価格を実現し、あえて利益を小さくして他社の参入を拒む。このビジネスモデルを徹底することが驚きだ。

  • アマゾンで初めて本を購入したのが2000年頃だったと思いますが、当時としてはネットで注文して数日経ったら家に本が届くのは夢の様だったのを覚えています。

    その嬉しさが飽きる前に、アマゾンは次々と新しいサービスを出し続けて、気づいてみれば虜になってしまった自分がいます。

    私にとって新しいサービスは、プレミア会員になるだけで、文庫本を購入しても送料無料、午前中に注文すれば即日配達、自宅にいない場合には、近くのコンビニで変更可能、自宅への不在連絡をメールで見てスマホで変更可能、予約を入れておいた本を本屋の店頭で見つけた場合、出荷前なら取り消し可能等です。

    更によく利用しているものが、中古本を購入できる「マーケットプレイス」、今では本以外にも文房具や電気機器も購入することがあります。

    この本を読んで、アマゾンがなぜ多くのサービスを提供してこれたのかが少しわかりました。創始者のベゾスの信念:顧客サービスを常によくするため、利益よりも投資に力を入れる、無駄な経費は使わない、優秀は人をどんどん採用する、でした。

    強い信念の元、創業時代のメンバーもかなり入れ替わったようですが、アマゾンで働くことはその人たちの人生に良い経験をもたらせたことでしょう。

    使い切れないほどの資産を持ちながらも、更に自分の夢に向かって、今もアマゾンを引っ張っている、ベゾス氏の凄さを感じられた本でした。

    以下は気になったポイントです。

    ・アマゾンの文化は独特、会議でパワーポイントやスラ
    イドによるプレゼンは行われない、その代り、6ページの意見書で要点を説明する(p14)

    ・企業都市にシアトルを選んだ理由は、技術の街として有名、ワシントン州は他の州(NY,Ca,Tex)と比べて人口が少なく、州税である売上税を徴収しなければならない顧客の割合が低いから(p42)

    ・初購入が行われたのは、1995年4月3日。1995年8月9日、ネットスケープが上場した。アマゾンのIPOは1997年5月15日(p49、82)

    ・ベゾスは、取引相手に株を渡したり、社員出張にビジネスクラスを使わせることは絶対にしない(p98)

    ・1999年末には創業メンバー全員と、社員の大半がアマゾンを退社(p117)

    ・2000年11月、書籍にマーケットプレイスが導入されると、出版社協会、作家協会から抗議を受けた(p164)

    ・下落した株価と、行き過ぎた事業拡大の折り合いをつけるため、ストックオプション価格を改定し、旧設定株価の3株を新株1株に交換できるとし、社員は3分の1削減した(p171)

    ・価格を下げると来客数が増える、すると手数料を払ってくれるサードパーティの売り手が集まる、すると固定費(物流センター、サーバー)を有効活用できる。これにより効率を上げて更に価格を引き下げる。この具体例が、2000年から限定で始めた配送料無料キャンペーン(p179、183)

    ・2002年には、アマゾンプラットフォームにおけるサードパーティの販売が全体の15%を超えていた(p191)

    ・パワーポイントとは、コミュニケーション手法としては、おおざっぱ。箇条書きにしてしまえば、いろんなことが隠せる。パワーポイントなら、自分の考えを徹底的に表明する必要がない(p245)

    ・グーグルで働くと、ストックオプションはもちろん、タダで食べられるカフェテリア、スポーツジム、保育所等の特典がある。アマゾンは、駐車場や食べ物も社員持ち。多くのエンジニアがグーグルへ移籍したのも当然だろう(p273)

    ・アマゾンは、AWS(アマゾンウェブサービス)を電力網のように考えている。100年前、電力が欲しければ自分で発電プラントを作ったが、電力網が実用化される... 続きを読む

  • 面白かった!
    この本を読んでAmazonで働きたいと思う気持ちは全くなくなったけれど、ユーザーとしてはもっとAmazonを使いたいと思うようになった。
    「顧客第一」主義を徹底するあまり、周囲と戦うことが多いけれど、ベゾスのおかげでこんなに便利な世界が実現しているじゃないか!
    Kindle、KidleFireにも興味あり。応援したいです。

  • 祖父が小学生時代のジェフに言った『賢くあるより優しくある方が難しい』この言葉がジェフ・ベゾスの人柄を表している。とにかく有能な人材しかいらない、無能だと分かると切り捨て、有能だと潰れるまで働き蜂として使う。しかしGoogle等に比べると待遇悪いしケチだ。Amazonは消費では役に立つアイテムだが、仕事として関わると人間性が失われそうな気がした。

  • Amazonの歴史、それはすなわちベゾスの自伝だった。面白い

  • ちきりん著『マーケット感覚を身につけよう』参考文献

  • ジョブズ並みの強烈な個性。ベゾス個人の人となりの記述は少なかった。

  • アマゾン創業者、ジェフ・ベゾスの伝記。オートメーションのように見えるアマゾンシステムは実は人力での調整の賜物である。ベゾスは幹部と定期的に読書会をし、ヴィジョンを徹底疎通させる。アマゾンはここまでやっている。
    (T)

  • ジェフ・ベゾスはウォール街で働いていた時にネットの成長率に注目したが、その時からエブリシングストアという明確なビジョンを持っていた。最初に書籍を選んだ理由、大量の在庫、利益率を下げる戦略、顧客体験の重視など、打ち手に説得力があり、実際に成功していることは驚くしかない。ハーバード学生たちの間違った指摘に動じない所も、この人の凄さを思わせる。仕事にも徹底して厳しく、ここで働くのはかなり辛そうだ。ちなみに amazon ではパワーポイントは"なまくら"な思考を隠すとして禁止らしい。

  • アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスがいかにしてアマゾンを世界最大のストアに成長させたか、それまでのアマゾン社内の混乱も含め、書かれた一冊。
    ベゾス自身の変わった部分(狂ったように社員を怒鳴りつけるなど)と、アマゾンでの過酷な労働、乏しい福利厚生が強調されすぎているきらいはあります。
    しかし、優れた人材が、アマゾンに入り、改善し、そして去っていった様子は、人間的という意味で極めてドラマティック。「ソーシャルネットワーク」よりも、こちらの方が映画にできたかも。
    書籍から種々のショッピング、トイ、靴、電子書籍、クラウドサービスなど、異なる分野にもどんどん拡大していき、その中で行われる競争と摩擦を乗り越えようと、強引かつしたたかに突き進んでいく姿は実に面白い。これだけの困難を短時間に経験し、乗り越えてきたアマゾンの凄さを改めて感じます。
    実父のエピソードは正直いらない気もしますが、面白いです。

  • ジェフ・ベゾスがどんな人達と会って、Amazonがどんな戦略をとってきたのがわかりやすく書かれている。顧客第一を貫く凄さを感じた。この場合の顧客は、Amazonで買い物をしてくれる人だが。

  • これを読むとアマゾンは力強いけど憧れはしない。

  • アマゾンの生い立ちが詳しく綴られている。我々は外部から自らの顧客体験を通してアマゾンを見ているが、実際の会社の中は様々な課題が次から次へと降ってくる中、猛スピードでこなしている臨場感が伝わった。

全109件中 1 - 25件を表示

ジェフ・ベゾス 果てなき野望を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジェフ・ベゾス 果てなき野望を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジェフ・ベゾス 果てなき野望を本棚に「積読」で登録しているひと

ジェフ・ベゾス 果てなき野望の作品紹介

インターネットに大きく賭け、買い物や読書の習慣を大きく変えてしまったアマゾン創業者、ジェフ・ベゾス。本書は、その奇才の生い立ちから現在までをベテランジャーナリストが追った物語である。フィナンシャル・タイムズ紙、ゴールドマン・サックス共催ビジネスブック・オブ・ザ・イヤー2013受賞!

ツイートする