ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼン

  • 86人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 井口 耕二 
  • 日経BP社 (2016年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822251789

ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつも期待を持って読み始めるのだが、どうしてもビジネス本との相性は必ずしも良くない。

    ビジネス本への期待値が間違っているからなのかもしれないが、感動というか、興奮状態を維持出来ない。使われている文字・文体に複雑な所は何もなくて、読み進める事自体は簡単なのだけれど…

    また米国において評価されるプレゼンテーターの持つ質への憧れと軽蔑の入り混じった、または、皮肉れた交錯した思いから、書かれている内容に対して純粋な思いを持ち続けられない。

    特に経済的な成功者が出て来たり、その成功を素晴らしいものとして取り上ている事にある意味の嫌悪感も感じてしまう。

    書かれている内容は、至極シンプル。感動を与えるストーリーが人を動かす、という内容。

全1件中 1 - 1件を表示

カーマイン・ガロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松村 真宏
伊賀 泰代
松下 幸之助
三谷 宏治
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼンを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼンを本棚に「積読」で登録しているひと

ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼンの作品紹介

30万部のベストセラー『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』著者、渾身の最新作!

データだけじゃ足りない 一流の人はストーリーで納得させる
ビジネスでは、財務状況や売上などの数字、データを聞きたがると思ってしまう人が多い。
しかし、これは部分的にしか正しくない。
神経科学の世界で最近確認されたことを忘れているのだ。
つまり、「感情は論理の上を行く」である。
相手の心をつかまなければ、その頭には届かない。

■誰でもいいプレゼンができる「ストーリー」のスキルを教えます!
ストーリーの組み立て方、順番、話し方などのスキルを世界を変えた一流の人たちのプレゼンをもとに解説します。
・個人的なストーリーで命を吹き込む
・課題、問い、解決策の3ステップで組み立てる
・小学生にわかる言葉で語る
・60秒で語れるくらいシンプルに
・苦闘を愛して味方につける
・聞き手とヒーローが重なるように語る
など

■37人のストーリープレゼンを分析
シリコンバレー企業などビジネスで世界を変えた人、政治家や有名ミュージシャンなど人々の生活に大きな影響を与えた人など、37人のプレゼンを分析します。
<本書に登場する人たち>
・イーロン・マスク(テスラCEO)
・シェリル・サンドバーグ(フェイスブックCOO)
・ビル・ゲイツ(マイクロソフト共同創業者)
・スティーブ・ジョブズ(アップル共同創業者)
・ジョン・ラセター(ピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサー)
・アダム・ブラウン(ペンシルズ・オブ・プロミス創業者兼CEO)
・ウィンストン・チャーチル元英国首相
・マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師
・ミュージシャン、スティング
・アテネパラリンピック代表、佐藤真海
など

ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼンのKindle版

ツイートする