スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための 「睡眠革命」

  • 72人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (5)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 本間 徳子 
  • 日経BP社 (2016年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (484ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822251918

スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための 「睡眠革命」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主張を決めて、ネットで探した情報を大量に列挙して物量で圧倒する、非常に悪質な本作りをしている。意味不明の翻訳、誤植もあり、さすが日本経済を代表する日経の系列。目次以外を読む価値なし。

  • - まとまった運動より、20-30分程度の運動を週5日間したほうがよい
    - 寝る前の瞑想
    - 消灯の30分前にはデバイス類を寝室から出す
    - 20分たっても寝られなかったら、瞑想か、仕事に関係ない読書をする

    - 食べ物を16時間取らなければ概日リズムの適応をはやめる。フライト前も含めて調整

    - 病院の雑音レベル30デシベル以下をWHO勧告

    -瞑想ガイド bit.ly/meditationforsleep

  • 睡眠の大切さと睡眠不足の弊害が繰り返し書かれています。

    ボリュームのある本なので読みごたえはありますが、思ったほどは目新しい内容はなかった。

    それにしても睡眠が人間にとっていかに大事かというのはこの類の本を読めば読むほど感じますね。

  • p22〜

全4件中 1 - 4件を表示

アリアナ・ハフィントンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
三谷 宏治
J・モーティマー...
リンダ グラット...
佐々木 圭一
アーノルド ベネ...
有効な右矢印 無効な右矢印

スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための 「睡眠革命」はこんな本です

スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための 「睡眠革命」を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための 「睡眠革命」の作品紹介

睡眠を犠牲にするほど愚かなことはない!

睡眠不足のとき、脳は酒気帯びと同じ状態に陥り、判断力も生産性も低下する。
それが続くと、糖尿病や癌、認知症など病気のリスクも高まる。
睡眠は、ほかのどんな方法よりもプラス効果がきわめて高い「究極の健康法」だ。
睡眠を犠牲にして何かしようとするのは、「愚の骨頂」といえる。
睡眠の質を高めることで健康だけでなく生活も、仕事も人間関係も劇的に改善する。
人生を豊かにする「睡眠革命」に今すぐ取りかかろう!

スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための 「睡眠革命」のKindle版

ツイートする