母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

  • 55人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松浦晋也
  • 日経BP社 (2017年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822259457

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
デール カーネギ...
池井戸 潤
宮下 奈都
ヨシタケ シンス...
塩田 武士
原田 マハ
稲垣 えみ子
恩田 陸
リンダ グラット...
三浦 しをん
平野 啓一郎
柚木 麻子
佐々木 圭一
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記の感想・レビュー・書評

  • 125ccのバイク…やはり出来るコ…?

  • 50だいこうはんで独身、80代で障害を持つ母親と二人暮らしの私にとっては、他人事ではないと思いながら読みました。私は、著者のようにはできないだろうと思います。そうは言っても、今より状況が悪くなったら、やらなければ仕方がない、やらなければ母も私も破綻するんだなあと暗澹とした気分になりました。ただ、間違いのないことは、個人や家族では対処できる問題ではないことです。国や地方公共団体の対応を望みます。

全2件中 1 - 2件を表示

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記に関連する談話室の質問

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記の作品紹介

ある日、母が認知症を発症した――。息子(50代独身男)は戸惑い、狼狽する。
母と息子。たった2人の奮闘記が始まる。男一匹、ガチンコで認知症の母と向き合った。

本書を執筆したのは、科学ジャーナリストの松浦晋也です。
男性、50代。実家に母と同居しながら、気ままな独身生活がこの先も続くと信じていました。
ところが、人生を謳歌していたはずの母親が認知症を患います。
母の様子がおかしいと気がついたのは、「預金通帳が見つからない」と言いだした時のこと。
誰だって、自分が確立した生活を崩したくないもの。様子がおかしいと認めなければ、それは現実にはなりません。
そんな甘い意識から見逃した母の老いの兆候は、やがてとんでもない事態につながっていきます。
初動の遅れ、事態認識の甘さ、知識、リソースの不足…。
認知症の親の介護について描かれたノンフィクションストーリーはたくさんありますが、
「50代・独身・男性」が1人で母の介護に向き合うケースはまれでしょう。
認知症・母の介護を赤裸々かつペーソスと共に描いたノンフィクションストーリー。是非、ご覧くだい。

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記はこんな本です

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記のKindle版

ツイートする