母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

  • 83人登録
  • 4.00評価
    • (8)
    • (5)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 松浦晋也
  • 日経BP社 (2017年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822259457

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サイエンスライターの著者が、お母さんの認知症の発症からグループホームへの入所までの日々を振り返った記録。
    介護保険制度が一般の人にはまだやはりあまり浸透していないのだなと言うことがわかった。本のタイトルは「母さん、ごめん」だが、著者は1人で本当によく努力されたと思う。
    実際こういうケースでは最期までメインとなる介護者が、職を維持しながら自宅でケアをすると言うことは無理がある。行政は、家族形態ごと、代表的な疾病ごとに、医療・介護サービスを活用した看取りまでのロードマップ、ロールモデルを示すべきであると思う。著者の様に、当事者になってから当事者それぞれがもがきながら体制を模索するのは非効率である。

  • いつまでもこの生活が続くと思っていた、という作者の言葉は 親子関係において誰もがもっている、もっていたい思いだろう。ある日から 突然その生活が一変し翻弄される様が率直につづられ共感する。他人であれば、知らぬふりもできるが、なんといっても親、今まで世話になった親への愛情とストレスに葛藤しながらも、現実は止まってくれない。
    行政のサービスを利用する事はわかっていても、それにも逡巡する気持ちはよくわかる。どこまでできるのか、どこまでやれば良しとしてくれくのか(誰が?)自分に課してしまう中年の子供(笑) まさに直面している自分・・・
    昔と違い単世帯が当たり前となった今、介護する側、される側の両方になりうる50代から60代は色々考えさせられる

  • 介護の知識や現実を知らなかった
    私にはとても重要な1冊でした。

  • 独身50代男性、サイエンス系ライターの著者が、母親を介護した経験を語る。認知症を発症し、自宅での介護から、グループホームへ入所するまで。認知症の症状が進み、介護体制が行き詰っては組み立て直す、そのプロセスと、追い詰められてゆく著者自信の心境まで、言葉を飾らずに綴られている。介護を社会の事業として捉えた対策が必要だとの提言は、科学ジャーナリストらしい視点で頷けるものである。

  • 125ccのバイク…やはり出来るコ…?

  • 50だいこうはんで独身、80代で障害を持つ母親と二人暮らしの私にとっては、他人事ではないと思いながら読みました。私は、著者のようにはできないだろうと思います。そうは言っても、今より状況が悪くなったら、やらなければ仕方がない、やらなければ母も私も破綻するんだなあと暗澹とした気分になりました。ただ、間違いのないことは、個人や家族では対処できる問題ではないことです。国や地方公共団体の対応を望みます。

全6件中 1 - 6件を表示

松浦晋也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
三浦 しをん
リンダ グラット...
原田 マハ
柚木 麻子
中島 京子
池井戸 潤
塩田 武士
西 加奈子
佐々木 圭一
本谷 有希子
平野 啓一郎
又吉 直樹
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記に関連する談話室の質問

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記を本棚に「積読」で登録しているひと

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記の作品紹介

ある日、母が認知症を発症した――。息子(50代独身男)は戸惑い、狼狽する。
母と息子。たった2人の奮闘記が始まる。男一匹、ガチンコで認知症の母と向き合った。

本書を執筆したのは、科学ジャーナリストの松浦晋也です。
男性、50代。実家に母と同居しながら、気ままな独身生活がこの先も続くと信じていました。
ところが、人生を謳歌していたはずの母親が認知症を患います。
母の様子がおかしいと気がついたのは、「預金通帳が見つからない」と言いだした時のこと。
誰だって、自分が確立した生活を崩したくないもの。様子がおかしいと認めなければ、それは現実にはなりません。
そんな甘い意識から見逃した母の老いの兆候は、やがてとんでもない事態につながっていきます。
初動の遅れ、事態認識の甘さ、知識、リソースの不足…。
認知症の親の介護について描かれたノンフィクションストーリーはたくさんありますが、
「50代・独身・男性」が1人で母の介護に向き合うケースはまれでしょう。
認知症・母の介護を赤裸々かつペーソスと共に描いたノンフィクションストーリー。是非、ご覧くだい。

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記はこんな本です

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記のKindle版

ツイートする