戦争はペテンだ―バトラー将軍にみる沖縄と日米地位協定

  • 6人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 吉田健正
  • 七つ森書館 (2005年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822805975

戦争はペテンだ―バトラー将軍にみる沖縄と日米地位協定の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

戦争はペテンだ―バトラー将軍にみる沖縄と日米地位協定を本棚に登録しているひと

戦争はペテンだ―バトラー将軍にみる沖縄と日米地位協定を本棚に「読みたい」で登録しているひと

戦争はペテンだ―バトラー将軍にみる沖縄と日米地位協定を本棚に「積読」で登録しているひと

戦争はペテンだ―バトラー将軍にみる沖縄と日米地位協定の作品紹介

第一次世界大戦の米海兵隊英雄から反戦家へと転じた将軍バトラー。20世紀初めに彼が見た世界は「軍事植民地」としての沖縄、米国の産軍複合体および世界戦略として再現された。日米地位協定下における日米両国政府の政策から沖縄と日本国憲法、そして脅かされる私たちの基本的人権を考える。

ツイートする