品のある稼ぎ方・使い方 〜人に愛される人が、お金にも愛される。

  • 9人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 中谷彰宏
  • ぱる出版 (2017年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784827210910

品のある稼ぎ方・使い方 〜人に愛される人が、お金にも愛される。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりの自己啓発書読もう〜思って、そのコーナーに行ったら、大好きな中谷さんの本がドンッて置かれてて、思わず手に取っちゃった。

    中谷さんの本を読むと、外面も内面も磨かなきゃっ!って気持ちになる〜!品のある知的で上品な女性になりたいな。この本からは学ぶことも多くて、今の自分と比較して残念なところもいくつかあったから、そこは治す努力をしよ〜〜!

  • とかくお金に関しては、
    露骨に話をすると品がななどと思われがちです。

    「お金が欲しい」などとストレートに言葉にすると、品がないと言われます。

    タイトルの「品のある稼ぎ方、使い方」とは具体的にどのような作法なのか興味を持ちました。

    至って当たり前のことが書かれています。品のある行為として取り上げられている一つひとつが本のネタになるのは、人々がお金を粗雑に扱っているからでしょう。

    お金は、大切に扱えば、その心に応えてくれるものです。誰かの役に立つことに使えば、それが自分に還って来るものです。価値を見出したものの代金として使えば、その商品の「次」につながります。その商品を作ったり関わったりした人への感謝の代償です。

    ともすると忘れがちな、お金や労働、物への感謝の気持ちを思い出させてくれる一冊です。

  • 読書メモ(公開)




    信用はお金では買えない。お金を勉強や体験、人脈に変えることで信用が得られる。



    会話無しで商品を売る人はAIに負けてしまう。
    生の会話で付加価値をつける。
    モノの売り買いで、まずは会話を楽しもう。



    「安い方」ではなく「お手頃な方」と言おう。



    同じジャガーに乗っている人でも品のある人とない人に分かれる。

    品がある人の条件は

    ・自分の稼いだお金で買っている

    ・ふさわしい紳士的な態度、姿勢、服装、行動である

    という二つ。



    モノの価値をお金に置き換えないと説明できない時点において、その人には品がない。
    そのモノに関する物語、哲学、美学に興味を持とう。



    ギャラは自分の苦痛がなく、儲かりすぎない金額が良い。

全3件中 1 - 3件を表示

中谷彰宏の作品

品のある稼ぎ方・使い方 〜人に愛される人が、お金にも愛される。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

品のある稼ぎ方・使い方 〜人に愛される人が、お金にも愛される。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする