マルジナリア (福武文庫)

  • 57人登録
  • 3.15評価
    • (2)
    • (0)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 渋澤龍彦
  • 福武書店 (1987年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784828830636

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョルジュ・バタ...
J.L. ボルヘ...
澁澤 龍彦
有効な右矢印 無効な右矢印

マルジナリア (福武文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さらっと読めるタイプ。
    首切り機械ギヨティーヌの件が面白かったです。
    あと石川淳を読んでみたくなりました。

  • とりとめが無さそうでありながら、何となく『本について』というテーマで纏まっているようなエッセイ集。あとがきと解説には『読書ノート』とある。
    様々な本のタイトルが挙げられていて、どれも面白そうだが、きっと邦訳が無いものも少なくないんだろうなぁ……。

  • マルジナリア/

    アルキメデスの渦巻/パドヴァの石屋/イソッタの墓/サロニカ日記/ギリシア旅行スナップ/サン・タンヌ街の女の子/オッフェンバックの目/新釈『ピーター・パン』/E・Tは人間そのもの/エウリピデスと『メディア』について/性差あるいはズボンとスカート/SFをめぐる覚書/ある死刑廃止論/私の一冊/

    記憶力について/『乱菊物語』と室津のこと/石川淳『至福千年』解説/現代の随想「石川淳集」解説/石川淳『六道遊行』/大岡昇平さんのこと/埴谷雄高のデモノロギー/鷲巣繁男追悼/「ああモッタイない」/

    解説:出口裕弘

  • 古今東西、ありとあらゆること(といってもいいいほどのもの)を自由自在に述べる……私ごときが感心するまでもないけれど。「手もとに本がないので、もっぱら記憶に頼って書かなければならないが」と言いながら、ピーター・パンについて解釈できるだろうか、できちゃうのだ、この人は。

  • 2009/5/24購入

全6件中 1 - 6件を表示

マルジナリア (福武文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マルジナリア (福武文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マルジナリア (福武文庫)の作品紹介

強靭な思考力と該博の知識による、欄外の余白に嵌め込まれた絢爛たる鏤刻の小宇宙・-エドガー・ポーのひそみにならい書き継がれた多彩な断章の集積が、いま異色の読書ノートとして顕現する卓抜なエッセイ集。

マルジナリア (福武文庫)はこんな本です

ツイートする