すべては愛のために―風の聖痕(スティグマ)Ignition〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)

  • 107人登録
  • 3.67評価
    • (9)
    • (5)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 山門敬弘
制作 : 納都 花丸 
  • 富士見書房 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829119402

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

すべては愛のために―風の聖痕(スティグマ)Ignition〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「風の聖痕」番外編第四弾。

  • 今回もはちゃめちゃな内容でした(笑)

    一番面白かったのはお見合い編(?)です。
    これはまかり通してもいいのだろうか、と笑いながら思ってました。
    血族にこんな人がいたら嫌ですね〜。
    見てる分には楽しいですけどw

  • 綾乃が頑張る可愛いお話になってました〜。

  • この巻を読んでの一番の感想は、著者の体調は大丈夫か?でした。随分前から体調が悪いと言っている気がします。いっそのこと、2〜3年静養したほうが良いのでは?作品も気になりますが、明治の私小説家じゃあるまいし、体調優先で行って欲しいですからね。

     本の内容ですが、綾乃の見合い話が売りな短編集でしょう。
     ですが、自分的には和麻の元カノ柚葉の再登場が嬉しい『宿敵』ですね。和麻の過去を知りつつ、現在は好きなのか嫌いか解からない所がいいです。
     他の見所は煉が、少女に間違えられる『運命の出会い!?』でしょうか。定番ネタでは、ありますが。

全5件中 1 - 5件を表示

山門敬弘の作品一覧

山門敬弘の作品ランキング・新刊情報

すべては愛のために―風の聖痕(スティグマ)Ignition〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

すべては愛のために―風の聖痕(スティグマ)Ignition〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すべては愛のために―風の聖痕(スティグマ)Ignition〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

すべては愛のために―風の聖痕(スティグマ)Ignition〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)の作品紹介

「今度の日曜日、土御門家と見合いをする。その旨、心得ておけ」父・重悟の宣告に、神凪綾乃の意識は凍結した。紅炎の巫女姫に、突然降って湧いた見合い話。相手は日本の陰陽道の総本家とも言うべき名家の次男坊・貴明。申し分のない相手ではあるが、綾乃は何故か気が乗らない。渋々和麻に相談に行くが、当然彼の口から見合いを止める言葉は出てこず、それどころか相手が気の毒だと言い出し、綾乃を怒らす始末。そして迎えた見合い当日、会場となった料亭には、どこからか情報を聞きつけた悪友・由香里と、和麻の姿があった。かくして、「喜劇・綾乃ちゃんのお見合い」の幕が切って落とされた。お気楽エレメンタル・ファンタジー第4弾。

すべては愛のために―風の聖痕(スティグマ)Ignition〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)のKindle版

ツイートする