東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)

  • 155人登録
  • 3.76評価
    • (8)
    • (19)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : あざの耕平
制作 : すみ兵 
  • 富士見書房 (2013年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829139097

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

  • 塾生達の日常が読めた。冬児の話が良かった。天馬の誕生日話は笑ってしまった。

  • 番外編第1巻を読破。

    前回は本編+短編という形式で出たけれど、今回から短編は短編集として発売されるようになったようで。

    収録形式は前作の「BLACK BLOOD BROTHERS」の短編集と同じようで、ラストに書き下ろしが入っている様子。

    私はドラマガを購読していないので、かなりのタイムラグある……よね?

    短編集はコンや京子、天馬や冬児たちがメインで、ラストの書き下ろしは北斗と春虎が出会ったときのお話。

    コンや京子、天馬のお話はコメディタッチでおもしろかったww

    みんな真面目にがんばってるんだけれど、それがから回っていたりとかww

    京子のお話は第一部完まで読んでいる身としては「ああ……」って思ったりしました。

    なんとなく違和感は感じていたのか。

    でもそれに気づかないフリをしていたんだね。

    改めて、ちゃんとしっかり向き合うと納得できちゃったりしますね、夏目“君”時代の夏目は。

    冬児のお話は、自分が巻き込まれ、鬼の生成りとなった霊災関係ので。

    てか、冬児が意外と真面目に陰陽師の勉強をしていて……。

    まあそうだよね。

    じゃないと陰陽塾に入塾してこないよな。

    一緒に巻き込まれて死んだ悪友のお姉ちゃんが登場。

    冬児が巻き込まれた霊災。

    鬼に憑かれた冬児。

    死んでしまった悪友。

    うーむ、このお話だけちょっと他のとは雰囲気が違うんだけれど、でも冬児っぽいなと思ったり。

    北斗との出会い編は本当に、もうwww

    最初はぎこちなかったのかww

    しかもいろいろと不審者だしww

    “彼女”もたいへんだったんだな、と改めて知りました。

    第一部完があんな感じだったので、なんだかちょっとほっこり(*´ω`)

    春虎のバカ虎っぷりも相変わらずだしねーww

    「東京レイブンズ」はリアタイで追えるから、短編集もばっちり楽しめそう。

    次の短編集も楽しみです!!

    もちろん第二部スタートの第10巻も!!

  • あざのさんは長編の方がやはり面白いなと思いました。

    もちろん短編も楽しかったのですが、

    少し物足りなさを感じます。

    描き下ろしの春虎と北斗(夏目)の話が好きです。

  • 今の北斗や京子のことを考えるとこの日常風景が胸に突き刺さる

  • 本編があんなことになっているからこそ何気ない日常が胸に突き刺さるね。
    彼ら彼女らがまたこうして笑いあえる日は来るんだろうか。

  • 表紙にいる、あるやつの出番が……

  • 2013 8/10読了。Amazonで購入。
    第1部完結の後に出た巻だけど、この巻はそれよりはだいぶ前の春虎たちの日常を描く短篇集。
    冬児の話を除けば、おおむねおちゃらけた日々の話・・・っていうか冬児の過去が思っていた以上にヘビーな・・・。
    口絵に鈴鹿を全面に出しているのに本編ではまだ鈴鹿いない時代の話、ってのがずるいと思います。

  • 短編集。本編に番外編が付いてた時もあったけど、こっちは完全にオンリーです。第二部に向けての一休みですね。前巻の終了であんな風になった分、若干アホの子(狐)入ってるコンが和む。京子はそういえば夏目ラブだったなぁ。第一部を最後まで読んでこのキャラにこういうのもあったなぁと何か懐かしい気分になった一冊でした。あと天馬はまぁ…頑張って(笑)

  • はあー面白かった。
    読みたかった北斗時代の話も読めたし。
    コンの話と天馬の話はその後が気になります。
    本編であれだけいろいろあった後だけに…日常っていいよね。
    もう戻らない日常?いや取り戻してみせる!的な!

  • 07/22/2013 読了。

    短編集としての1巻目。

    鈴鹿を除いた、
    いつものメンバーの個々に焦点をあてた話。

    個人的に、
    天馬の話がツボでした。

    本編が大変な状況なので、
    すごく懐かしい気持ちになりますね。

全10件中 1 - 10件を表示

あざの耕平の作品一覧

あざの耕平の作品ランキング・新刊情報

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)のKindle版

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)の文庫

ツイートする