くろねこ屋歳時記 壱の巻 (くろねこ屋シリーズ)

  • 122人登録
  • 3.45評価
    • (4)
    • (12)
    • (13)
    • (3)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 椹野道流 くも
  • プランタン出版 (2013年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829625507

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

くろねこ屋歳時記 壱の巻 (くろねこ屋シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • くろねこ屋で働く人達のほのぼの恋愛日記。従業員全員が花の名前で呼ばれるカフェです。アダルト担当ネコヤナギとヒイラギも良いんですが、私はシロタエさんとアマリネのマリさんがお気に入り♪ 2人の関係が今後どうなっていくのかスゴく楽しみ。そしてナズナくんにもお相手をw ゆったりとそれこそ読書でもしながらくろねこ屋で紅茶とスイーツを楽しみたいなぁ、と思ってました♪

  • ほのぼのBL。
    タンジーとエイスケのカップルが一番好き〜!

  • 『くろねこ屋歳時記』シリーズ第1巻。

  • コンセプトといいスタッフの面々といい、とっても素敵な雰囲気のカフェですね。たとえばこのスタッフの顔ぶれを男女混合にした場合を仮定(想像)してみる。すると途端にドロドロと生々しい空気が漂い、寄り付きたくなくなるのはどうしてだろww。BLマジックが効いてるね。ナズナくんだけがポツンと一人、どうか彼に春を!

  • あぁ、いいなぁ……読んでてなんだか宝物感。
    空間・時間・雰囲気・人間模様……この物語はそんな宝物でいっぱいでした。
    読後にはとてもあったかい気持ち。お気に入りの1冊になりました♪

  • なんともほのぼのBLo(^▽^)o

  • 全二巻(+コミック一冊)。
    コミックもあわせて読むのが○。

    三組(コミックは別)のCPの短編集。
    ・くろねこ屋のオーナーと店長
    ・コックとウェイター
    ・パティシエと客(高校生)

    いろんな人のお話を少しずつ、という掻い摘んだ形式なので一組のCPの成り行きをじっくり読むのが好きな人にはあまりオススメしません。ほのぼので心理描写が中心なので、性描写を求める人にもオススメしません。

    ナズナの恋や少し大人になったエイスケとタンジーなど、気になるところを残しつつ二巻が終わったのがもどかしかった。この不完全燃焼感、妄想する余地がある、とも取れるけれど……ううん。
    こういう短編にキリのいい終わりとかってないような気もする。いつか思い立ったときに続編とか出ないかな、そんな期待感を残して。

  • まんが編より読みやすく面白かった。

    オーナー・ネコヤナギ×店長・ヒイラギ
    パティシエ・タンジー×高校生・エイスケ
    フード担当・アマリネ×副店長・シロタエ

  • BL小説ってどんなだろう‥と思って、漫画でそこそこ売れたやつのノベル版みたいなものを買ってみたのですが、うむ!なるほど!とくに名作ではなかった!
    くも先生の絵や4コマが挿入されていて、全体的にとっっってもかわいい本でした。装丁も本文デザインも突き抜けてすばらしい!こんなふうにデザインしてもらえる、視覚化してもらえる小説って幸せだなあーと思いました。
    こういうふんわり系のBL小説で満たされる人がいて、その熱望によりこのような素敵な本が企画され完成すること、それがとても喜ばしいことだなあと思います。
    BL漫画は、表紙やあらすじや前評判でだいたいアタリをつけられますが、BL小説は漫画の3倍くらい混沌としている印象です。

全10件中 1 - 10件を表示

くろねこ屋歳時記 壱の巻 (くろねこ屋シリーズ)に関連する談話室の質問

くろねこ屋歳時記 壱の巻 (くろねこ屋シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

くろねこ屋歳時記 壱の巻 (くろねこ屋シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くろねこ屋歳時記 壱の巻 (くろねこ屋シリーズ)の作品紹介

Canna Comics『くろねこ屋歳時記』に続く、小説版『くろねこ屋』!

路地裏に佇む邸宅内にある、隠れ家カフェくろねこ屋。
美味しいお茶や食事が楽しめる瀟洒な店内からは、素敵な庭が望めます。
店長のヒイラギは生真面目でポーカーフェイスだが、実は不器用なだけ。恋人であるオーナーのネコヤナギは、そんな彼が愛しくてならないようで……。
パティシェのタンジーと高校生エイスケの初々しい恋などの他、四コマ漫画も収録。
あたたかな恋が彩る歳時記をどうぞ──。

くろねこ屋歳時記 壱の巻 (くろねこ屋シリーズ)はこんな本です

くろねこ屋歳時記 壱の巻 (くろねこ屋シリーズ)のKindle版

ツイートする