くろねこ屋歳時記(クロニクル) (Canna Comics)

  • 139人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (14)
    • (23)
    • (1)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : くも 椹野道流
  • プランタン出版 (2012年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784829685310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トウテムポール
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

くろねこ屋歳時記(クロニクル) (Canna Comics)の感想・レビュー・書評

  • 原作が小説とは知らなかったですが、淡々としているというか、心地よくさらりとした印象なのはそのせいなのかな。

  • コラボ作品、どのお話しもふんわりしてカワイイ作品だと思います。私は表紙の2人、神主さと酒屋さんの息子のカプが好きです。飄々とした神主さんにちょっとだけ不安になる酒屋さんがカワイイですね♪あと庭師と留学生の話しも良かった、カップルにもなってないんだけど(接触はハグだけ) 今後が気になる2人です。

  • 小説読んでからの方がわかるのかな?冒頭から説明ナシに4コマで(・д・)え?ってなったけど。まぁ深く考えずに、神主と大介がくっつくんだなーって思えば神主萌え。くもサンのトーンを使わない絵も、ハイカラな雰囲気も好きなので素敵はコラボだとおもった。

    くろねこ屋を舞台に3カプできるんだが…ここホモばっかで大丈夫なんだろーか。。趣味の店とはいえ、普通の茶屋だよね?!しかも1番オイシイのは、ネコヤナギとヒイラギだしっ!もう少し、じっくりよみたかったなー。

  • なにこれカワイイし雰囲気がエロくていい!
    小説読んでないけど十分萌えました。
    ・観光地の神社の宮司さん×出戻りジャズピアニスト(酒屋の息子)宮司さんにナンパされる。
    ・庭師の双子と先輩の友達
    ・カメラマンと真面目な社会人

  • 原作:椹野道流

  • うん、これは小説のためのコミックだな。
    や、神主さんと酒屋さんの二人のストーリーもとても好きなんですが、この1冊だけだとぼやけた印象なのよね。
    絶対小説を読んでからコミックに流れた方が楽しめるはず。 私が小説派なせいもあるんだろうけれど。

  • ほんわか。文庫とは、違うカプ。

  • 小説の『くろねこ屋歳時記』シリーズの姉妹作品的なもの。他のレビューにもあるように冒頭から四コマ。表紙の二人がくっつくのが早すぎる。気づいたらくっついていたってくらいの早さで……何を言ってるのかよくわからないと思うが私にもry

    小説もだがコミックも、とにかく一話一話が何処からでもさらっと読める短編になっている。
    たくさんの人のお話を少しずつ読むものなので、決まったCPの話をじっくり読みたい人にとっては物足りないでしょう。

    お茶しながら片手に、と考えると世界観もこのテンポも、これがいいな。と思います。
    小説とセットで読むのがオススメ。(+★)

  • 神社と、神社の隣のカフェを舞台にした好いた惚れたの話。
    くっつくのが早くて、えっそれでいいの?ってなる。
    くっついた後の心情の変化や、周りの人との関わりが素晴らしいかといえば、それもなかなかの安易さ。

    雰囲気はあるので、さらっと読むにはいいかも

  • なんか新しかった…!4コマから始まって、「まさか全部4コマとか!?」と思ったけどそんなことはなく。大介と鹿郎さんの2人は導入部分が4コマであとは普通にお話、ししょーは4コマだけでちょっと残念だったなーという感じ。でもうまいことまとめられててよみやすかった。

    大介と鹿郎さんのお話がすごい好きだった…。鹿郎さんがひょうひょうとしてて、でもしっかりちゃっかり大介のこと掴んでて、嫉妬もしたりするし、っていう。可愛かった。大介もこわいの苦手やったりとか、なんだかんだ可愛いー。不思議な雰囲気のお話でした。できたらこの2人で1冊読みたかった!後半組も好きだけれども!もっと鹿郎大介を見たかった…!

全11件中 1 - 11件を表示

くろねこ屋歳時記(クロニクル) (Canna Comics)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

くろねこ屋歳時記(クロニクル) (Canna Comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くろねこ屋歳時記(クロニクル) (Canna Comics)はこんなマンガです

くろねこ屋歳時記(クロニクル) (Canna Comics)のKindle版

ツイートする