球詠 (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

  • 25人登録
  • 3.82評価
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 芳文社 (2017年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832248441

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

球詠 (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 女の子要素いらないんじゃ…とか思ってしまう真っ当な野球漫画ですなw

    ゲームの展開もあれこれ起伏を付けてドラマティックにできていますし、どういう所が「野球として」面白いのか分かりやすく描かれています。
    野球漫画のお約束、魔球(決め球)もルール・戦術的に対応されちゃう辺りも面白い。
    それにキャラの心理描写も見事。
    どの子も野球に対してそれぞれの思い入れがあり、また葛藤があります。「チームが出来上がっていく」最中で皆が輝いていく感じが分かりやすくていい。
    まだキャラ間のぶつかり合いがないのが物足りませんが、これからでしょう、うん。
    アクションというか個人的な見どころは、白菊のフルスイングっぷりですね。いつか強烈な一発を期待させてくれるところがたまりません。

    で。
    あえて苦言をいうなら、余りに野球を楽しみ過ぎてるとこに違和感、ってくらいでしょうか。練習も連敗も前向きに受け止め過ぎな感じがあります。もっとつらくて苦しいと思うんだけどなー(スポーツやらない、体動かすのだるい人間の感覚)。


    …しっかし…異様にキッチリ筋肉と言うか筋を描いてるなぁ…。

  • 初の練習試合は敗北か。メンバー集めはトントン拍子でいけても試合となるとそうはいかないのか。それでも相手チームのエースと勝負できたのは大きい成果
    ……まさか、その後連敗が続くとは思わなかったけど。新越谷のチームって詠深が魔球を投げられる以外は普通なメンバーばかりだからなぁ。白菊が覚醒すれば攻撃力が大幅上昇しそうだけど、その覚醒は何時になるのかな?

  • 各キャラクターの人物造型が進み益々面白くなってきた。対戦相手の選手も良い。皆がそれぞれに野球を楽しんでいるところから、何となくバンブーブレードに似たテイストを感じる。タマちゃんも居るし。

  • ガチで野球してるなあ(笑)
    きららで続けることを許されているんだろうか()

全5件中 1 - 5件を表示

球詠 (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)はこんなマンガです

球詠 (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)のKindle版

ツイートする