ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)

  • 443人登録
  • 4.05評価
    • (49)
    • (58)
    • (32)
    • (2)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 三上小又
  • 芳文社 (2009年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784832277946

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
美水 かがみ
天野 こずえ
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)の感想・レビュー・書評

  • なんというハイコンテキストギャグ……。余計な説明や描写は一切省かれていてめっちゃテンポよくてひたすら楽しい。

  • 萌系四コマ
    飽々する。

  • 久しぶりにアニメを見たら原作が読みたくなって。
    縁が…縁が…

    意外とまんまアニメだったのね

  • 私達社会人には癒やしが必要なのだ。難しいことなど必要ない。彼女たちの雑談を見ているだけで明日も頑張ろうと思える。

  • 何の気無しにズルズルハマる4コマです。

  • 情報処理部の三人がほんわかした日常を繰り広げる四コマ漫画。
    特筆すべきはほんわかしている中でたまに出てくる下ネタや実際にこんな会話が続くという妙なリアリティ感。キャラを愛でるもよし会話を楽しむもよしで出来がいい作品。

  • 4コマ漫画とはいうけど最近の作品は総じて起承転結の形からは外れてきていて、「オチ」にあたる部分がないことが多い。あずまんが大王から生まれたジャンルではあるけどそれともまた違ったものに変わってきている

    「ゆゆ式」はまさにその究極系とも言うべきで内容はひたすら女子高生3人がダベっているというだけ。ストーリーでも、ギャグでもない、萌えともまた違うのではないかと自分は思う。ただただ彼女らがまったりしているのを眺めて楽しむ、ただそれだけだ。好き嫌いは別にしてここ数年で生まれた不思議なジャンルであるのは間違いないと思う

  • 「友達の両うで 折っちゃったぞ?」

  • 読むドラッグ(もちろんケミカル)。

  • アニメ版にすごく癒されたので漫画を買っちゃいました。
    和みますね~。もう和むために読んでると言っても過言ではありません。

  • アニメ化するらしいので再読

  • なんかいい漫画。言葉の扱い方というか、雰囲気が最高にくだらない高校生のソレで、しかもそれで微妙に頭良さげなアホな会話なのがいい。三上小又先生は言葉の持つ雰囲気を武器にするのが異常に上手いと思う。萌え4コマのある意味一つの到達点かもしれないしそうじゃないかもしれないしよくわからない感じがいいのかもしれない。神懸かり的なネタもあればくだらないネタもあって、ネタがスベったときにはメチャクチャ恥ずかしがるし、そのあたりがまさに高校生って感じで最高に好き。

  • ゆずこ、唯、縁の日常会話が主な内容です。三人ともメチャ可愛く、時々飛び出すシュールなやりとりにドハマリしてしまいました!あと個人的にはゆずこにとてつもなく親近感が湧きますね。私自身、実際にこういう会話をしているからでしょうか。

  • たわいもないこと、くだらないことですごい盛り上がる登場人物のテンションの高さはいかにも女子高生の仲良し三人組って感じの空気で、実にいい! 突っ込み役に回る唯ちゃんが二人にとても愛されているのもよい。

  • テンポは悪くない。しかし、イマイチだ。

  • おっぱい。おっぱい。

    何も考えたくないとき,煮詰まったときに

    ゆず子,結,縁の三人の女子高生のたわいのない会話を眺めていると,
    いやなことを忘れされてくれる,癒しの萌え系4コマコミック。

    ストーリーがあるわけでもない,
    ただ,みんな可愛いんですよ。

  • 萌四コマとは何か?に悩んだら見直したい作品。
    あるのはイベントではなく日常、日常の中の日常。
    三人が飛んだり跳ねたりバカしたりする漫画です。
    二人が時々オヤジ臭くなるのが素敵ですね。
    お母さんの意味は分からない。

    この三人の日常を眺めていると「私たち人類はオチという概念からいち早く開放されるべきなのではないか?」と考えてしまう。

    なんでこの本読むと難しいことを考えたくなるのでしょうか

  • このなんとも言えない由々しき時空に私は飲まれてその可愛さに数日悶絶しました。
    つくづく買って良かったと表紙を眺めています。
    本当にありがとうございました。

  • 女子しか出てこなくて、特に何かストーリーが進行するわけでもないまったりとした日常描写が続く展開。
    悪い意味でなく昨今の萌え系4コマの平均値的な作品です。こういう形式でなければ切り取ることのできない、何気ないけれど機微に富んだ現象というのはたくさんあるわけです。
    でもゆるさをウリにするのはちょっと食傷気味、というか「ゆるい」以外の魅力がないと厳しいのも事実なんですよね。

  • いわゆる日常系4コマ。女子学生がいろんな話題でキャワキャワする系。カワイイけどちょっとオチが弱い感じ。個人的にゆるいのは苦手です。「ゆるめいつ」とかも苦手。でも、いろんな話題を扱っていて、そこは面白かった。

  • 最初チラッと読んだ時は「う~ん・・」って感じだったんだけど、時間経って読み直してみたら興味をひかれたので思い切って購入。至って平和な日常漫画の中に垣間見えるチラチラッとした百合っぽいシーンがグレイトだと思います><まぁ、大半は至って日常漫画なんですが。

  • 名前の頭文字が「ゆ」から始まる三人の女の子が登場人物のギャグ4コマ。
    唯はかわいい。
    が、ギャグは正直、笑いどころのわからないゆるーいギャグばかりであまり面白くない。
    総評として☆3

全26件中 1 - 25件を表示

ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)を本棚に登録しているひと

ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)のKindle版

ツイートする