ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

  • 5388人登録
  • 4.04評価
    • (1099)
    • (385)
    • (939)
    • (20)
    • (5)
  • 746レビュー
制作 : おおむら ゆりこ 
  • 福音館書店 (1967年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834000825

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • のねずみのぐりとぐらが森でみつけたおおきなたまごでカステラを作ります。いいにおいに誘われもりじゅうの動物たちが集まってきます。
    出来上がったカステラは本当においしそうで、食べたくなってしまいます。

    また、運べないほど大きい卵に悪戦苦闘し、ついにはそこで調理をしてしまうという発想や割れない卵をなんとかして割るところは、考えて工夫する大切さが学べると思います。

    カステラをつくる手順が書かれているので、作ってみたくなります。

  • 2歳4か月読了。
    文章のくりかえしが楽しいらしくて、楽しんでいました。
    森の動物も「これは?」と聞きながら楽しめた本。
    兄ちゃんは焼けたカステラのページで、一緒に食べるマネをして可愛かったです。

  • 日本語子供図書館を開きたいと思った時にまっさきに蔵書にしたいと思った絵本。これも古書サイト「たのしい川辺」さんに送っていただきました。娘も大好きで何度も繰り返し読んでいます。

  • これはもう絵本の古典といってもいいでしょう。
    説明もいらないくらいですが、何と言ってもあの黄色い「カステラ」につきます。
    とてもとてもおいしそうで、私はこれを読むと必ずケーキを焼きたくなってしまいます。
    みんなで仲良く食べる場面がいいですね。
    ママには「絵本ぐりとぐらのすべて」がおすすめ。

  • 幼稚園の時に初めて先生にこの絵本を読んでもらった時の事をすごく覚えています!その時にとても大好きになった絵本です❀.(*´▽`*)❀.まだ小さい頃でしたが、大きくなってママになったら自分の子供に『ぐりとぐら』を読んであげようって思った事も覚えていて、その気持ちはずっと残っていました!そして本当に娘を妊娠した時も赤ちゃんが生まれたら読んであげようと思い、生まれてから何度も親子で読んだ思い出深い絵本です♡カステラの焼きあがって黄色くふくれてるシーンたまりません(´▽`*)とても可愛くて美味しそうな作品です★

  • みるからにふっわふわなカステラがとてもおいしそう!
    最後にみんなでカステラを食べるシーンが大好きです。
    ぐりとぐらのうたがかわいいです。お母さんたちは歌うように読んであげるんでしょうか?
    子どもは楽しいだろうなぁ(*^^*)

    今読んだら、鍋のフタの持ち方がツボ(笑)

  • ぼっくらっのなっまえっはぐ~りとぐら~♪
    陽気に歌えば楽しさ倍増。我が家のキラーコンテンツ。

    私も子供のころに大のお気に入りだった、ど定番絵本。現在、あまり言葉がわからないはずの愚息も、読んで読んでの絶賛ヘビー・ローテーション中。

    一見なんてことなさそうに見えて、子供のハートをガッチリつかむやさしい絵柄。創意工夫次第で、暖かくも、楽しくも、読み手の数だけ存在するぐりとぐらの歌。

    対象年齢は3才~5才。もっと小さく、お話が聞けないような年齢だと、途中でどこかへ行ってしまったり、ページをどんどんめくられたりすることもありますが、頑張って楽しく歌ったり、演技したりしてると、徐々に雰囲気を楽しんでくれるようになるので、使い方次第で射程は広がります。

    もちろん、子供の好き嫌いぐらい分からないものはありませんが、「ぐりっぐらっ」の効き目は、かなりの子育て経験者が実感しているところでしょう。子育て時代の良き思い出から、お孫さんに贈られる方も多いようですね。私の母親も張り切って読んでいます。

    森に落ちていた(ぐりとぐら目線)誰かのものであろうたまごを、森の“みんな”でサクッと食べてしまって良かったのか、ということは、あまり考えてはいけません。たまご=ごちそう、というぐらいの大ざっぱさが彼ら(?)の魅力なのです。ぐりっ、ぐらっ。

  • 小さい頃に好きでよく読んでいた絵本
    ぐりとぐらが作るカステラが美味しそうで美味しそうで
    食べてみたかったのをいまだに覚えてる。
    子ども達も好きになってくれるといいな。

  • 私が小さい頃にもありましたが、赤と青ののねずみのぐりとぐらが大きなたまごを見つけて、「食べきれないほどの大きなカステラ」を作るお話で、最後は森の皆と分け合って食べる所が素敵です。あと、挿絵も可愛くて、いつも作られたカステラがおいしそうで、読んだあとはいつも二匹が作ったカステラを食べてみたい・・・と思ってました。うちの子がもうちょっと大きくなったら、ぜひいっしょに読んでみたい絵本の一つです。とってもとってもオススメです。byヨースケの母

  • ぐりとぐらの世界をのぞくたびに
    よみがえってくる
    なつかしさ

    心が ほんわ~か
    あったか~い

    ぐりとぐら
    だぁ~い好き

全746件中 1 - 10件を表示

なかがわりえこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
にしまき かやこ
A.トルストイ
ばーじにあ・りー...
トミー=アンゲラ...
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)に関連する談話室の質問

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)に関連するまとめ

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする