とん ことり (こどものとも傑作集)

  • 856人登録
  • 4.04評価
    • (130)
    • (87)
    • (116)
    • (0)
    • (0)
  • 105レビュー
著者 : 筒井頼子
制作 : 林 明子 
  • 福音館書店 (1989年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834007657

とん ことり (こどものとも傑作集)の感想・レビュー・書評

  • 山の見えるまちに引っ越してきたかなえ。おともだちはまだ、誰もいません。そんな時、玄関から「とん、ことり」という小さな音が静かな家に響きます。引っ越しシーズンの春に読みたい絵本
    5・6歳から  (友だち)

  • かなえは、あたらしい町に引越ししてきました。引越しのお片づけをしていると、郵便受けに”とんことり”と音が。見ると、すみれの花束が落ちていました。その翌日にはたんぽぽが。いったい誰がくれたのでしょう?お友達と遊びたい子どもの気持ちが、やわらかな絵とともに描かれた絵本です。年中さんから。(2013.12締切分)

  • ◆おひっこしのドキドキ♡かわいいなぁ。◆スミレの花束、タンポポの花束、それが空き瓶に活けてある風景が好き。◆父が県内転勤族だったので、新しい住まいの様子や見知らぬ町の様子に胸がキュっとなる。こんな「とんことり」があったら、妹と二人、ずっと玄関から離れずに犬のように待っていたに違いない。◆新しい友達との出会いではないけれど、転校するときにみんながくれた「大きなビー玉」「大きなおはじき」「手紙」とか、親友がお母さんと選んで贈ってくれたキティちゃんの赤い腕時計・・・そんな宝物の手触りを思い出す素敵な絵本でした。【2013/09/17】

  • 以前なら、なんだこんなの、と吐き捨てていただろう。
    ところが。本屋で立ち読みしていたら、嗚咽しそうになった。子供の楽しそうな表情やさびしそうな表情を描くのがうまいんだな。
    「火垂るの墓」と同様、いいかわるいか判断できない。というかそんなのどうでもよい。

  • 筒井さんの絵本はどれも好きですが、この本は一等お気に入りでした。
    ポストから聞こえる、ことん、という音の特別な響きは、幾つになっても変わらないものです。

  • 長女が幼稚園で始めてもらった本。親子で何度も何度も読んだ。不安と緊張、期待と予感。いろいろと子供なりに考えながら読める。擬音の”とんことり…”がいつまでも心に残る。

  • 私は小さい頃、転校生でした。

    新しい街ってどんなところだろう。
    友達ができるかなぁ。
    学校までの道は怖くないかなぁ。

    そんなことを考えながら、初めての場所への期待と不安で
    胸をいっぱいにしていたものでした。

    この絵本に出てくる「ことり」は、「小鳥」じゃありません。
    もちろん、「とん」も「豚」じゃありません。
    それはそれは素敵な「音」なんです。
    どうぞあなた自身が絵本を読んで「なるほど!」と思ってくださいね。

    とにかく、小さい頃にそんな不安で押しつぶされそうな気持ちになっている時
    こんな出来事が自分の身に起こったら…
    きっと一生忘れられない大事な思い出になっただろうなと思います。

    何度読んでも心がじーんとあったかくなります。
    それは私が転校生だったからなのでしょうか。
    いえ、転校生でなくとも、この柔らかく優しいおはなしに
    心が吸い込まれてしまいそうになるに違いないと思うのです。

    大人になった私は、この絵本のかなえちゃんではなく
    「とん ことり」をしていた女の子になりたいな。

  • 引っ越し お花 新しい友達

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み再製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • ◆きっかけ
    『カメラ教室 子どもとの暮らし、撮ろう』で林明子さんが取り上げられており、そこに載っていた菜の花畑の絵が気になり図書館で借りてきた。
    ◆感想
    林さんの、なんとも言えない優しい絵。子供たちのかわいらしいしぐさ、表情。見たかったラストの菜の花畑、すごく素敵だった。

  • こんなふうに、優しい気持ちを伝えて友達になるっていいなと思う。町の絵も家の中の絵も細部までじっくり見たくなる。他の作品に出ていたメガネおじさんがここにも登場している。

  • やまの みえる まちに、ひっこしてきた
    しらない とおり、しらない ひと

    とん ことり

    げんかんのほうで、ちいさな ちいさな
    おとがした

    それはすてきなおくりもの

    すみれ、たんぽぽ、てがみ...
    すみれ、たんぽぽ、てがみ...

    いったい だれが?


    おひさまみたいな においのする
    林 明子の描く子どもの表情が好きです

    自転車に乗るかなえの笑顔を
    ぜひとも見て欲しい絵本です

  • 音が耳に残り、次は何がとん ことりなのかな?とワクワクします。

  • 優しい気持ちになります

  • 心温まるいい話なんだけど、いくつか気になる部分があった。
    その中でも一番気になったのは「とん ことり」でないものまで「とん ことり」扱いになっていることだ。タイトルでもある「とん ことり」という言葉に忠実であった方が良かったと思う。

  • おともだちうれしいね。
    話しかけるときはどきどきね

  • 4月の図書館での読み聞かせで読みます。
    出会いの春。子どもたちも、不安と期待でいっぱいの季節です。引っ越してきた女の子のドキドキが伝わってきます。最後、春の風景に飛び出していく姿に勇気づけられました。

  • 懐かしい挿絵が目に飛び込んできました。このお話は知らなかったのですが、雰囲気は昔読んだ作品たちと変わらず、久しぶりに絵本ならではのほっこりした気分を味わえました。

  • [ 内容 ]
    山の見える町に引っ越してきたばかりのかなえと、新しい友だちとの出会いが、かなえに宛てられた不思議な“郵便”の謎を通して、感動的に描かれます。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 絵は言わずもがな、手紙が最高にいい。
    このコンビ作品に外れは無い。

  • 長女3歳、次女1歳。
    とんことり、という響きが気に入り、ずっと口にしていた長女。

    内容はまだ早かったけど、お友達と楽しそうに遊んでいる最後のページは自分とお友達とかぶった様子。

  • 「とん ことり」というゆうびんやさんの音に、次は何が届くやら、とってもわくわくします。誰からのゆうびんなんだろう?何のためにとどくんだろう?かなえちゃんといっしょにどきどきしてください。(はま)

  • 「最後に友達になってよかったね。たのしそうだね」とかといっている。

  • 28年度(6-1)
    24年度(4-3)
    5分

全105件中 1 - 25件を表示

とん ことり (こどものとも傑作集)に関連する談話室の質問

とん ことり (こどものとも傑作集)に関連するまとめ

とん ことり (こどものとも傑作集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とん ことり (こどものとも傑作集)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする