たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)

  • 716人登録
  • 3.68評価
    • (66)
    • (70)
    • (123)
    • (12)
    • (2)
  • 110レビュー
著者 : 神沢利子
制作 : 柳生 弦一郎 
  • 福音館書店 (1993年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834011920

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
馬場 のぼる
なかがわ りえこ
にしまき かやこ
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 「たまごのなかでかくれんぼしてるあかちゃんはだあれ?でておいでよ」の呼びかけに、大きさも種類も様々なたまごから、いろいろな動物のあかちゃんが生まれてきます。リズミカルな文章と、太ペンで描かれた元気いっぱいのあかちゃんの表情が楽しい絵本です。あかちゃんから

  • たまごのなかでかくれんぼしているあかちゃんはだあれ?でておいでよー。一緒にでておいでよと声をかけるのも楽しいです。たまごから生まれる生き物なので登場するのは爬虫類が多いですが、まさか恐竜のあかちゃんまで生まれるとは!子どもには嬉しいサプライズです。

  • 学生時代に保育実習で出会った絵本。 文がかわいいので、いつか自分の子どもができたら読んであげたいと思っていたのですが、図書館で見つけて、読んであげることができました。 やっぱり、食いつきがいいです。

  • たまごのなかでかくれんぼしてるあかちゃんはだあれ?
    でておいで!

    たまごからいろいろな動物の赤ちゃんが繰り返し繰り返し出ててきます。

    「でておいで」と呼びかける子どもたちの笑顔は
     最高でした。

  • 市のブックスタートでいただきました。

    たまごの中からいろいろな生き物の赤ちゃんが登場。
    色や線がハッキリしていて見やすいので、
    お話し会などで読むのにも向いています。

  • 図書館の「小さい人へのおすすめ」という冊子で紹介されていた絵本。
    表紙を見た瞬間「タマゴタマゴ、タマゴヨンデ!オシエテ!!」とかなりいい反応!

    「もうおきるかな」「きんぎょがにげた」同様、ページをめくって楽しむ絵本なので、
    早く次のページに進みたい!というような息子の様子。

    2歳半の息子にはとってもgood!

  • 「たまごのなかでかくれんぼしてるあかちゃんはだあれ?でておいでよ」
    の繰り返しで色々な生き物が登場します。
    色鮮やかでダイナミックな絵もいいし、リズム感のある繰り返しが楽しいです。

  • 研修で知り、借りてよんだ。

    たまごのなかで
     かくれんぼしてる
    あかちゃんは だあれ?
     でておいでよ

    1987年発行なのだけれど、モダン。
    色・輪郭・線、生物、発見。
    子どもにとって、おもしろいだろうなぁ。
    たまごって、ふしぎだ。
    たまごやき、ケーキ、おいしいものがいろいろできる。
    たまごから何かが生まれるって知ったのは、いつのことだったかな。
    何かが生まれるたまごと、食べるたまごが私の頭のなかで結びついたのは、小学校の飼育当番で卵を家に持ち帰ったときだったかも知れない。
    そんなことを思い出しました。

  • ひよこ亀ヘビペンギン恐竜のたまご。


    レビュー間に合わなかったけれど、読んだのは10/16。

  • たまごからいろいろなあかちゃんがかえる。
    C8795

  • たまごの中から何が出てくるのかを考えていると、わくわくします。
    出てくる動物が毎回違うだけで、たまごから動物のあかちゃんが出てくることに変わりはないので、ちっちゃい子でもわかりやすいし、読んでいて楽しいのではないかと思います。

    16k063


    色々な色の卵の中から、どんな動物の赤ちゃんが出てくるのかとてもわくわくする絵本です。絵もかわいいので、子どもが読むには、とても楽しい絵本だと思います。

    17k041

  • 2016/7/11 2-2 (15)2年

  • 2歳3か月の時に読み聞かせ会にて
    エプロンシアターしながらの読み聞かせなので楽しんで聞いてました 図書館にて借りてゆっくり家で読んでみよう

  • いろんなたまごから、
    あかちゃんが出てきます。
    ペンギンだったり、かめだったり、へびだったり
    きょうりゅうだったり、ワニだったり。。。

    「でておいで」の部分は
     子どもたちが、いっしょに呼びかけます。

  • じ。23
    1y4m
    次郎もすき いっときハマる
    しかし、りおちゃんに比べると全くである

    190
    22m

    「たまご(からも)」「あかちゃん」を多用するようになり、好きそうだから借りてみた
    ら、鬼好きだったー

    ---
    幼稚園教諭用おすすめ本 1歳クラス 別の人

  • 2015年3月18日

    <WHAT APPEARS FROM INSIDE THE EGGS?>

  • 小さい子供には鉄板。めくる醍醐味満点。リズム感もある。

  • たまごのなかからあかちゃんがでてきて、かわいかった!

  • 「たまごのなかでかくれんぼしてるあかちゃんはだあれ?でておいでよ」
    たまごからどんな動物の赤ちゃんか出てくるのか繰り返し楽しめる素敵な絵本でした。

  • よくみてくれました。単純な繰り返しと擬音、それとわかりやすい絵。それが一番かも。仕事ではこちらの大型絵本を使いました。好評でした。

  • 「たまごのうた」の手遊びや歌を歌ってから読むのもすごく効果的だと思います。

  • 色んな大きさのたまごから、どんなあかちゃんが出くるのかが楽しい。

  • たまごから 誰が生まれてくるのかな?

    いろんな大きさの、いろんな数のたまご。

    ページをめくるのが楽しみです。

  • 色々な卵が出てきて、その卵が孵って赤ちゃんが出てくるお話。
    卵⇒赤ちゃんというリズムで最初から最後まで進むので赤ちゃんには効きやすいお話だと思います。

    赤ちゃんの泣き声なんかも臨場感あふれる感じで読むと喜んでるから。

  • いろんな大きさのたまごがでてきて、次のページにはその答えが。
    幼児向けのかわいい絵本
    やぎゅうさんの絵がほのぼのです。
    読み聞かせするなら…幼稚園前くらいかな?

全110件中 1 - 25件を表示

たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)に関連する談話室の質問

たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする