ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)

  • 711人登録
  • 3.65評価
    • (58)
    • (56)
    • (137)
    • (5)
    • (0)
  • 67レビュー
著者 : 中川李枝子
制作 : 山脇 百合子 
  • 福音館書店 (1997年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834014655

ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まだ1月2月…の意味を理解していない2歳8ヶ月児。
    文章もそこそこ長いのだけど、絵に引き込まれている様子。
    「どんぐり~」と指さしては喜んでいる。
    これまで「ぐりぐら」の世界にあまり触れてこなかったけど、長年愛読されている理由が分かりました。

  • この絵本は娘用に購入したのですが、良いですねー。この絵本から何となく月の概念を理解してくれたようです。文章も詩に近い感じでリズム感があって読んでいて気持ちが良いです。

  • 大きくてよいです。リズム感ある文章も素晴らしい。

  • これから新学期、もうすぐ進級、
    そんな時季に読みたい本。

    一年間を思い起こしたり、
    これからの一年へのわくわくを感じるときに。

  • ぐりとぐらの絵本が大好き。
    子どもが小さい頃は、毎月のようにいろんな病院に行っていたのでそこでぐりとぐらシリーズに出会いました。

    一年間、季節の行事を意識して生活していない私としては、目の前の事を楽しんでこなす、面倒や手間のかかることも喜んでするぐりとぐらがちょっと眩しく感じます。

    日本人が一年を過ごす上でも、ぐりとぐらの過ごし方はお手本になるんじゃないかな?と思ったり・・。
    というか、季節感が無く、出来るだけ手間を省きたいという私にとっては、絵本の世界が「こうあるべき」というお手本に見えてしまいます。

    どのイラストにも「ゆみこ」という名前が書いてあって、それを息子と率先して探すのもまた、楽しい♪

  • 幼い頃に見ていたぐりとぐらを、久しぶりに読んでみると、子供としての立場ではなく、少し母親になったような気分で読むことができました。
    私が今回読んだ「ぐりとぐらの1ねんかん」は四季や月をとても可愛らしく描かれています。また、純粋な気持ちでみることができるので、四季や月の感覚を改めて考えさせられました。子供って純粋だなと感じました。
    (ペンネーム Maikohaaaan)

  • ぐりとぐらが1ヶ月ごとに行事を紹介してくれる本。
    この本のおかげで、娘は数字が読めるようになりました。
    今まで何度教えても数字に興味を持たず、読めなかったのに、
    1月は、あなたの誕生日
    2月は、おばあちゃんの誕生日・・・
    なんて教えていると、突然興味を持って数字を覚えてしまいました。

  • 野ねずみの双子である青い帽子と服を身につけたぐりと赤い帽子と服を身につけたぐらの1年間の過ごし方を、心温まるイラストで描く。
    絵からあふれ出る2匹の明るさにほっとさせられます。昔から大好きでした。
    まとめると『ぐりとぐら 1年楽しく 暮らす日々』といったところでしょうか?

  • 大好きなぐりとぐら、この本は動物も沢山出てくるし、春夏秋冬、全部楽しめて特に好き。
    これ借りるの何回目かなあ。。。
    膝に座り込む息子が暑い。。。そして頭が臭い。。。
    いやはや、夏ですなあ。

  • ぐりとぐらが一年間の生活がかかれています。

    夏休みは、ずっと遊んでいるのね・・・・、うらやましい!!

全67件中 1 - 10件を表示

中川李枝子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
酒井 駒子
なかの ひろたか
A.トルストイ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)に関連するまとめ

ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする