ばばばあちゃんの やきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本)

  • 175人登録
  • 3.57評価
    • (7)
    • (16)
    • (27)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
  • 福音館書店 (2000年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834017106

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
トミー=アンゲラ...
なかの ひろたか
馬場 のぼる
モーリス・センダ...
なかがわ りえこ
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ばばばあちゃんの やきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本)の感想・レビュー・書評

  • 図書館で借りて読み。
    プレーパークで焼きいもをすることが多いので。
    6歳児も熱心に聞いていたように思う。
    次回のプレーパークでは焼き芋と焼きりんごをするのだ。

  • 配置場所:2F絵本架
    請求記号:E||59||Sa
    資料ID:W0142533

  • みかんは焼いても美味いよ!
    バナナは焼いたことない。やってみたいな。
    でもやっぱりさつまいもが一番おいしそう、食べたい。

  • [墨田区図書館]

    有名だけどあまり読んだことがなかったばばばあちゃんシリーズ。おいしそうだったね。

  • [ 内容 ]
    秋も深まったある日、子どもたちと落ち葉を集め、たき火をはじめたばばばあちゃんのお目当てはもちろん、やきいもです。
    でも、子どもたちに誘われて、サツマイモだけじゃなく、ジャガイモやらサトイモやら、たき火のなかにいれはじめました。
    それどころか、ミカンや、カキや、お菓子までも……。
    さあ、どんなやきいもパーティになりますか。
    “愉快、痛快、爽快”の「ばばばあちゃん」が、子どもたちとおいしいものを作って食べるこのシリーズ。
    かがくのとも傑作集は『よもぎだんご』、『ばばばあちゃんの アイス・パーティ』、『ばばばあちゃんの おもちつき』についで4冊目。
    ついに、春夏秋冬の4シーズンがそろいました。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 小さいころに何度も読みました。
    いもだけでなく、いろんなものを何でも焼いてみる、という発想に憧れました。

  • ばばばあちゃんとこどもたちが、秋のおわりに落ち葉を集めて焼き芋大会をするおはなしです。さつまいもだけでなく、こどもたちが焼いてみたいものを持ち寄って、焼いたらどうなるのかという実験が面白かったです。秋になったら、たきびをして実際に試すのも楽しそうです。(メイ)

  • 美味しくなさそうと予想されるものもやってみようというばばばあちゃんの懐の大きいところが好き。
    干しイモ作ってみようかな。

  • ばばばあちゃんの何が素晴らしいって、子供の自由な発想大人の知識や経験で切り捨てないこと。「あれはだめ」とか「それは合わない」みたいなことを決して言わない。とりあえずやってみる。そして何ができても「失敗」にしないこと。ほんと素晴らしい。

  • 長男、「幼稚園で見たことあんねん!」と言って、楽しそうに読んでいた。

  • 落ち葉を集めてたき火を始めたばばばあちゃん。
    たき火のお楽しみはもちろん焼きいも!
    ばばばあちゃんと子ども達が作る焼きいもはじゃがいも、里いもも入ります。
    果物やお菓子など好きなものを入れて実験するのが楽しそう。
    時間が経つと火の様子が変わっていくこと、じゃがいもパンケーキ(じゃがいも餅)に干し芋の作り方、残ったお菓子を木につるして鳥達のためのツリーにするアイディアも素敵。
    たき火で作る焼きいもはとっても甘くて美味しくて・・・子どもの頃の思い出の味です。

  • 5歳児に読み聞かせ。子どもたちのセリフに楽しそうな反応をしていました。焚き火をする、イモを焼く、他の物も焼いてみるなど、現代の都会ではなかなかできないことですが、今度どこかでやってみようかな。

  • いいな~
    やきいも焼きたい
    葉っぱの山焼いたことないなあ

    焼き芋以外も
    いろんな芋やくだものやお菓子を焼いてみる

    おいしそー

  • よみきかせ 6分30秒

  • S太朗5歳5カ月で出会った本。やきいもだけじゃなくていろんなものを焼いてしまうのが、おもしろい!S太朗も体験したたき火。その時は、お餅やウィンナーを焼いたりしました。

  • 秋になって、皆で落ち葉を集めてアルミホイルでサツマイモやジャガイモやみかん、カステラや沢山の食べ物を焼いてみたら…?

  • ばばばあちゃんシリーズ。子どもが自分で選んで借りていました。
    今の季節にぴったり「やきいもたいかい」です。
    たき火のお楽しみ、やきいも。ばばばあちゃんは、いろいろなたべものを焼いてみることを提案。さあ、どうなっちゃうんでしょう?
    いつもと同じユーモアたっぷり、アイディアいっぱい、その工夫がちょっと勉強になる、1冊でした。

  • チビ1号。幼稚園にて。
    大好きなばばばあちゃんが、こんどは焼き芋を!

    2009/11/06
    チビ1号。幼稚園にて、2回目
    幼稚園での芋ほり遠足が楽しかったのか、本まで借りてきました。言えでもたっぷりの芋料理を作って食べました。

    2010/06/18
    チビ2号、幼稚園にて。
    いろんなものをやいているところがおもしろかったようです。

    2011/07/14
    チビ2号。幼稚園にて。2回目
    とてもおいしそうないもがたくさんありました

  • 6分くらい。
    落ち葉をあつめて、やきいもたいかい。さつまいも以外にも、色んなものを焼いてみる。

  • 秋の終りのはなし。
    落ち葉を集めて、やきいもたいかい!
    実際は、さつまいも以外にお菓子や果物なんかも焼いてしまう「なんでもやきたいかい」。
    ピンクの洋服着た女の子が、煙にまかれすぎていて笑ってしまった。
    この本を見ればやきいもの流れは分かる。
    さらには、余ってしまったやきいもの活用法まで。
    ばあちゃんらしい知恵が含まれが本。

  • 秋におすすめの絵本です。たきびをしながらやきいもやいろんなものを焼いてみんなで楽しんじゃうという絵本です。おばあちゃんの知恵がつまった心温まる1冊です。

  • 落ち葉を集めて焚き火をして、そして焚き火のついでにさつまいもだけじゃなくていろいろなおいしいものを焼いてみる・・・まるで実験をしているように楽しい、大人でも「へ〜、なるほど」と思える絵本です。昔ながらの知恵をいっぱい知っているばばばあちゃんには、本当に家のすぐ近くにいてもらいたいぐらい。最近は焚き火も簡単に出来なくなってきているので、こうすれば焼き芋が出来るんだよ、ということをせめて知識として子供達が吸収してくれていればいいなと思います。登場人物の子供達のセリフが吹き出しで書いてあるので、マンガのような感じでも楽しめる一冊です。

全26件中 1 - 25件を表示

さとうわきこの作品一覧

さとうわきこの作品ランキング・新刊情報

ばばばあちゃんの やきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ばばばあちゃんの やきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ばばばあちゃんの やきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ばばばあちゃんの やきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ばばばあちゃんの やきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本)はこんな本です

ツイートする