ことばのべんきょう 全4冊 (福音館のペーパーバック絵本)

  • 91人登録
  • 4.32評価
    • (26)
    • (6)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 加古里子
制作 : 加古里子 
  • 福音館書店 (1993年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784834030211

ことばのべんきょう 全4冊 (福音館のペーパーバック絵本)の感想・レビュー・書評

  • 幼児教育のブログをみて購入。お気に入り。電車の中でじっとみるので、おでかけ用によく持参しました。

  • くまちゃんのいちにち、いちねん、ごあいさつ、かいものの4冊で
    くまちゃん一家の日常を垣間見れる絵本です。
    おかいものではそんなに買っていいのーと突っ込みたくなる
    かいものっぷりだし、くまちゃんのいちにちでは
    メイン料理何品あるの?と思われる豪勢な夕食風景だし、
    1ページ1ページに楽しみがぎっしり詰まった絵本です。
    今では少し古めかしく懐かしくなったものも登場しますが
    それはそれで子供に教えてあげながら読み進められるから良いかも。
    1冊がとてもお手頃価格なので4冊セットで購入をお勧めしたいです。
    プレゼントにもとても喜ばれますよ♪

  • この本。私も持っていましたよー。子供のころ。
    4冊セットではありませんでしたが。
    すごく好きでたくさん眺めた記憶があります。
    RRも好きなようでもって来る頻度が高い!
    これはコンパクトで軽いので持ち歩きもできてよいです。
    ちょっと内容が昭和ですが、それはそれでいいアジ。

  • 私が子供の頃に読んでいた本です。2歳の誕生日プレゼントに買いました♪毎日読んでくれと何度もせがまれ、お出かけにも持っていきます!いろんな楽しみ方ができる本で、この本の表紙でひらがなを覚えたみたいです(*^_^*)漢字の“文”も覚えたり、他にもご挨拶を覚えたり・・・。昭和の匂いがプンプンしますが、絶対オススメです!!

  • うちの子供たちにとっての、最初の絵じてんであったろうと思います。娘が2歳の時にはまりまくりました。そして今は2歳の息子がしょっちゅう眺めています。その横で6歳になった娘も読んでいます(笑)。うちには3冊しかなかったので『くまちゃんのごあいさつ』は3年前に買い足しましたが、本当に買ってよかったです。語彙がかなり増えて、話すことが楽しくなりますよ♪

  • 子どもが2歳前になる頃からお世話になりまくりの4冊セットです。物語にはなっていないので、読み聞かせには少しコツがいると思います。毎回違うセリフを言ったり、勝手にストーリーを作ったり、親のさじ加減でおもしろくもつまらなくもなります。タイトル通り、言葉の獲得にはとても役に立つと思います。加古里子氏のレトロな絵が現代人には受け入れにくいかもしれませんが、味があって私は大好きです。4冊揃ってこの値段は本当にお得!

  • ママが子どもの頃に読んでいた本です。懐かしくて2巻と4巻を購入しました。くまちゃんの家族がおでかけ先でたくさんのお店色んなものをお買物します。身近にあるものの名前が出てくるので、poyonのお話する言葉は、この本を読むうちに日々増えていっています。

  • 今は使われない古い言葉もたくさん出てきます。
    とても年季が入っています。

  • まみの小さい頃の絵本なのでボロボロ。だけど、モモは大好きでマネッコしながら読みますよ♪オススメ!

  • 私が子供の頃に大好きだった絵本。
    30代のママは共感するはず!
    今じゃぁ、挿絵が、かーなり時代遅れなんだけど、それもいい味出してます。笑えます。
    書店ではなかなか売ってないのでネットで買うべし。

  • いろいろ生活にかかわるものの名前が書いています。お兄ちゃんは、小さいときよくこれを見ていろいろな名前を覚えました。

  • 子供の頃、絵に引き込まれるよに読んでました。表紙の中のくまちゃんが読む本の中に、本を読むくまちゃんがいて、さらにまた本の中に…といった絵が、子供心に面白くて。今、人にあげてしまって手元にありませんが、また買おうと思っています。

全12件中 1 - 12件を表示

ことばのべんきょう 全4冊 (福音館のペーパーバック絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ことばのべんきょう 全4冊 (福音館のペーパーバック絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ことばのべんきょう 全4冊 (福音館のペーパーバック絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ことばのべんきょう 全4冊 (福音館のペーパーバック絵本)はこんな本です

ツイートする