まく子 (福音館の単行本)

  • 965人登録
  • 3.40評価
    • (34)
    • (109)
    • (135)
    • (29)
    • (10)
  • 144レビュー
著者 : 西加奈子
制作 : 西加奈子 
  • 福音館書店 (2016年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834082388

まく子 (福音館の単行本)の感想・レビュー・書評

  • 西加奈子の作品はどれも想像を超える。
    読み終わった瞬間 すごい!!やられた!!と思う。
    人間にとって大切な永遠のテーマをこんな形で描くなんて。
    永遠でないからこそ美しく 優しい。

    私達は皆その場所から来ているのに、生きているうちに、その場所のことをすっかり忘れ、
    戻ることを怖がるようになる。

    わたしは今まで2回、そちらに戻る者を送る瞬間に立ち会った経験がある。

    主人と愛犬と。

    どちらもすごく穏やかで、その瞬間を静かに
    自然に受け入れていた。

    主人が旅立つ時、わたしはこの本のUFOのような
    大きな光に包まれた。

    一瞬だったけどはっきり覚えている。

    その時に感じた。

    死は怖いものではなく自然なもの。
    ドアを開け隣の部屋に行くように、誰にでも訪れる当たり前のこと。
    そして私達の粒(魂)は永遠なのだ。

    私達は違う粒だから違っで当たり前。
    同じ場所から来て、同じ場所に帰り、
    そしてまた違う人間になり生きていく。

    その事をいつも感じていれば、すべての人を認められ優しくなれる。

    なぜ人間は自分の本質を忘れてしまうのだろう。

    動物はちゃんとわかっている。
    だから死の瞬間も、それを静かに当たり前のこととして受け止める。

    老いることも、死ぬことも彼らには自然なことだ。

    そして穏やかに自分の中、宇宙へと帰って行く。

    西加奈子の作品は、いつも最後にじわーと静かな涙が流れてくる。

    心の奥底から滲み出てくるような涙だ。

    自分が忘れていた世界を、一番大切なことを思い出ささせくれる。

    彼女の作品にはいつも魂を揺さぶられる。

  • 西加奈子の作品には、いつも独特の世界観と強烈な匂い(この場合「香り」ではない)が漂う
    荒唐無稽のように思われる設定の根底に、誰もがどこかに持っている(いた)ドロドロした、でも決して避けて進めないものがちゃんとある
    そしてその中毒性に抗うことが出来ず、また手に取ってしまうんだなぁ~

  • 読了。

    とても好きな流れだった。ファンタジーだった。

    小学生の時のくだらないことで恥ずかしくなる気持ちを思い出した。なんで作者はあの気持ちを覚えているんだろう。大人になるとなんであんなことで恥ずかしかったんだろうって思う感覚をちゃんと文字にできるって素晴らしい。

    やっぱり彼女の作品は好きだな。
    (170305)

  • 私は女だし思春期の男の子の気持ちは理解できないから、慧の変化がくすぐったかった。
    この話には悪い人が1人も出てこない。
    全体に暖かい空気が流れていて読んでてとても気持ちが楽になった。
    ドノやミライみたいな変わった大人ってどの町にもいるけれど、この町の人達みたいに受け入れることって現実には簡単なことではないよな。
    だからコズエはこの町にやってきたんだろうな。
    こんな町に住んでいてコズエやオカアサンに出逢えていたら、きっと、もっと人を信じて受け入れることが自然にできる人間になれるはず。
    でも、この本を読んで知ることができたのだから、人の粒を受け入れられて、私の粒を与えることができるような人間になりたい。

  • 不思議なお話、でもたくさんのメッセージをくれる本。

  • 「信じて嘘つかれるのが嫌だから、最初から信じないのは、い、嫌だし。俺は、全部信じて、じ、自分の頭で嘘だと分かって、分かってから、傷つくんだし。」p177
    ドノの台詞。

    もし私が主人公の立場だとして、転校生の女の子から宇宙人だと打ち明けられたとして、馬鹿正直に信じることはできないだろうと思った。それは、私が主人公の言う「化け物」だからなのかもしれない。
    化け物=大人、になりきれなかったドノだからこそ、人の言うことを真っ直ぐに信じられるのだろうと思った。

    文中には「真っ直ぐ」という表現が繰り返し出てくる。非常に象徴的な言葉だ。しかし、その表現で表される人物は3人しかいない。3人が3人とも真っ当な大人(ないしは人間)とは言い難い人物だ。
    大人とは何か、人とは何かを考えさせられる小説。

  • 17/02/18 ⑫
    一気読み。インパクトある表紙と、クレヨンで描かれた所々にある挿し絵にちょっとびっくりする。
    永遠に続かないから素敵なんだよってそのことばと思考が儚くて美しくて切なくてむぎゅーーーなきもちです。

    ・「慧の粒は増えたり減ったりするの。慧が成長しているのは、自分の粒を手放して、他の粒をもらってるからなんだよ。(中略) 慧や地球上のものは、その粒を与えあいながら生きてる。変化する粒を、それぞれ与えあいながら。」(P89)

  • ・やはりあまり合わない

  • まく子?小石を撒く子?男の子が大人になる頃の夏休み。私たちは老いて死ぬ。同じ私たちは、二度とない。偶然、すごい奇跡で、あなたがここにいるの。だから見たいの。小さな永遠を終わらせないといけないの。大きな永遠に変えないといけないの。サーイセッ!再生。読了後、表紙のカバーを光に当てると小石が浮かび上がるのに気づきニヤリ( ̄▽ ̄)

  • 大人になるのがイヤだった?
    わたしは、早く大人になりたかったな。
    今じゃ、子供に戻りたいけど〜。

  • 11歳の慧と、引っ越ししてきた不思議な同級生コズエの話。狭い温泉町が、コズエ親子に実はみんな引き込まれていた、という不思議な話。
    読みやすいが、今ひとつ、入り込めず残念。

  • 田舎に住んでいるので、
    地元のなんか近づいちゃいけないおじさんだとか、
    昔優しかった友達のお兄ちゃんがどんどん不良っぽくなっていったり、それに憧れたり
    こんな大人に絶対なりたくないって思ったり
    そういうの、
    あるある、わかる。
    というものが多かった。
    宇宙人との恋っていうぶっ飛んだ設定だけど、
    それによって、確実に大人になってく様が、私の過去とちょっと繋がってて、楽しかったです。

  • 共感したし、面白かったのだけど、途中退屈でもあった。西加奈子さん、短編の方が好き。

  • 初の西加奈子作品、ちょっと変化球?テーマ的に少し退屈でSFっぽい展開もあまり好みではなかった。イラストは味があって素敵。

  • 相変わらずの安定感!今回の主人公は小学5年生の男の子なので、選ぶ語彙や文章の言い回しもそれ相応に作ってある、気がする。私的にはもっとガリガリ噛みごたえのある文体が好みだけど、これはこれで身体にすっと馴染むようで好き。何かが何かに、誰の目から見ても明快に作用して、結果こうなる、なんて理路整然とした物語は皆無。西加奈子さんらしい突拍子もない展開と、それでもなんとなく納得してしまう雰囲気の良さが滲み出ている本。読了後の爽快感と、日常が少しだけ愛しく思えるマジックは健在。

  • 南雲慧は、小学生汚い大人に抵抗していた。「精通」があり益々体と心が成長しており、それについていけない自分がいた。
    そんな時、コズエが温泉町に現れた。彼女は、「まく」事が好きな宇宙人でした。慧は、そんな彼女を好きなり告白。しかし、コズエは、宇宙へ帰って行った。
    部落のイベント「サイセ祭」
    部落に住んでいた小さな子供が病気で亡くなる。もう二度と起こらないように、神様の怒りを鎮める為に神輿を壊し奉納したのが祭りのならわし。
    いつの間にか、再生を願う祭りになった。
    加奈子ワールドは、設定が飛躍しているので、ついていけない私がいました。
    2017年1月1日

  • 今年読んだ中でno.1

  • 大人になるのが嫌な慧。11歳。
    大人になる女子が気持ち悪い。
    自分が気持ち悪い。
    そんな慧の前に現れるコヅエ。
    コヅエは宇宙人だって、告白する。
    この世界はなにが起きるかわからなくて、誰かのことを信じて、違いを受け止めていく思春期の男の子のお話。

  • 小学生の二次性徴の時期に、どんどん大人の体へ成長していく自分を受け入れられない、成長をしたくない自分が宇宙人と出会い、自分を受け入れていく方へ変わっていく。子供から大人へ変わる自分ってきっとこんなものかな、父と男性の象徴を見せ合い、父子の気持ちを語り合ったことで、それぞれの思いの丈をぶつけ、また成長していくと、しみじみと感じた。人は変化し、そのものは永遠でなく、形を変え、また違うものになる、ものの尊さ、年齢を重ね、経験値が上がることを良い文で表現され、宇宙人との絡みでより心に語りかけるものへするのが良い。

  • あまり面白くなかった。

  • 西加奈子版E.T.
    なるほどこういうタイプの宇宙人か。
    頼んだぞ。
    ・・・あったかい他者の受け入れ方。
    認め方。自身の心の在り方。
    熱いね。いいね。

  • ひなびた温泉旅館の一人息子彗。
    従業員用の寮に変わった親子がやってくる。オカアサンとコズエ、2人は親子という印象はゼロ、コズエは美しいけど感情が全く見えない不思議な女の子、実は宇宙人だった。
    村のてっぺんにある常盤城でコズエは石垣の崩れたところを蒔くことに熱中する。
    大人になりたく無いと言う彗の気持ちをよそに変化していく体… 彗も宇宙人なんだよ、粒でできてるんだよ…

  • 慧の思春期。思春期特有の「勝手な都合」の中で、宇宙人コズエと出会い、「ぼくはみんな」であることに気づく。父ちゃんとの裸のかけあいは息子として、父親として泣けた。
    ソラに放火を回収させるのは穏やかなランディングでいい感じ。
    ドノもミライもチヨさんも、カタカナ表記の宇宙人係(?)がみんないい感じ。

  • うーん、私が頭が悪いのか、読解力がないのか?なんだかちょっと難しかった。私には、「西加奈子」は合わないような気がする。
    もちろん、、言いたいことは何となくわかる。それを小学生の成長を通じて、あるいは村の祭りを通じて表現しようとしているのは面白いと思うが・・・じゃあ具体的に何が言いたいのか?人も自然もあらゆる物が永遠ではなく、無くなってしまうものだと言う事が言いたかったのか?「コズエ」の住む永遠の星とは何だ?だいたい、この話はSFなのだろうか?タイトルからしてもちょっと不思議?「まく子?」「撒く子?」どっちでも良くない?
    ちょっと話がそれてしまいましたが、やはり私には少し理解し難い小説でした。

全144件中 1 - 25件を表示

まく子 (福音館の単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まく子 (福音館の単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まく子 (福音館の単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする