池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」

  • 1009人登録
  • 3.95評価
    • (79)
    • (123)
    • (65)
    • (12)
    • (1)
  • 114レビュー
著者 : 池上彰
  • 集英社 (2009年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834251593

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  私が大学に進学しようとしていた1990年代中頃、マルクス経済学を専門とする教授を抱える経済学部に進学することについて「時代遅れ」と酷評していた本を私は読みました。
     私は食わず嫌いの横着をして、マルクスの著書に当たることなく、新自由主義の経済学者の論をかじっただけで、経済学をわかったような気がしていました。
     本書にも

     今全国の大学でマルクス経済学をちゃんと教えている学部は、ほとんどありません。経済学といえば数学を使った理論というふうにすっかりなってしまったのね。だけど、戦後しばらくの間は、日本中みんなマルクス経済学を教えていたんです。(pp.24-25)

    と記述されています。

     もちろん、数年前の私は新自由主義者、小さい政府が妥当だと信じていました。
     しかし、今の時勢をみているとそうじゃない、という違和感を覚えていました。
     そうしたとき、佐藤優氏が「マルクスの資本論は必読だ。」と本で主張しておられたものですから、読んでみようと決意した時に見つけたのがこの書でした。

     著者自身もこの書で繰り返し語っていますが、マルクスの言葉は難解である故、翻訳本でも読解は困難でした。
     しかし、著者は現在の状況をふまえ、翻訳をさらに解説し、理解しやすくしてくださっています。

     わかりやすい解説もあり、この書では目から鱗が落ちるがごとく、新鮮な驚きの連続でした。

    最後に
     
     学生時代には、「『資本論』が読み進めないのは自分の力がないからだ」と思っていたのですが、今になって読み直すと、単にマルクスがわかりやすい説明をしていなかったからだと思うようになりました。該博な知識の披瀝、華麗なレトリックの数々の文章は、いったい誰に読んでもらおうと思って書いたのでしょうか。(p.287)

    とは、本書末尾の「おわりに」からの引用です。
     こういう言い方、私は好きです(笑)

     おりしも、著者出演の先般衆議院議員選挙のテレビ東京での特番が話題になっていることもあり、著者に非常な親近感と好意を持ちました(^^)

    『資本論』自体に興味がなくとも、第一講「『資本論』が見直された」と第二講「マルクスとその時代」は一読の価値が大いにあると感じました。

  •  今こそ、資本論。
     女性新入社員の自殺で電通に強制捜査というニュースが話題になっている。
     自由放任の資本主義に任せていると、労働者は悲惨な状況に落とし込まれますよ、という資本論の警鐘が現代日本で再現されてしまった。

     マルクスは資本主義の行きつく先に社会主義革命が起こると主張した。
     池上彰の本書が書かれたのは7年前、年越し派遣村など派遣切りが問題になっていたリーマンショック後のころだ。

     さて、革命は起きたか?起きそうか?
     社会主義革命は起きそうにないが、カウンターカルチャーとしてブリグジットだったり、欧州の右派政党の躍進だったり、フィリピンのドゥテルテ大統領やトランプ現象といった既存政治に対する強烈な揺り戻しが起きている。

     日本でも気配を感じる。今の状況は怒りと白けに二分化されているように思う。
     中流、中道、中庸が失われてきている。

     何が必要か、どうすれば良くなるのか、そんなことは誰にも分からない。
     反知性主義に陥ることなく、知識を蓄え考え続ける態度が重要に思う。

     普通の読書するひとで資本論を読み下すのは三カ月ほどかかるそうだ。俺にもムリ。
     資本論のエッセンスを本書ではわかりやすく説明する。資本論がどういうものかを知るには良書でした。

  • これから訳書を読んだり勉強したりするなら、まずこの本から取り掛かったほうがいい。理解までの時間が段違い。高校生のときに読んでいたら大学での経済学の捉え方が変わっていたかも。ああ、でも今この状況だから染みることもあるので、今読んでよかったのかもしれない。難解な言葉遣いについては池上さんがチクリとやっていて、自分の理解力のなさを嘆かなくてもいいのだと思った。章のトビラにあるイラストが本質を突いていて秀逸。

  • 「メモ」
    派遣労働者に払う費用=物件費
    ⇒モノ扱い

    「資本主義が発展すればするほど労働者の労働条件はどんどん悪くなっていって、労働者が人間として扱われない。まるでモノみたいに扱われることに耐えられなくなってくる。そうなると、労働者の不満が高まって、労働者がこの社会を変えようという動きが高まり、やがて革命が起きる。」

    東西冷戦時代で社会主義にならないようにと資本主義の国々が労働の権利を守っていた
    ⇒終身雇用、年功序列、社会福祉、雇用保険
    ⇒談合的な体質

    第二次世界大戦
    ⇒反省
    ⇒マルクス経済学者「戦争はいけない」主張していた
    ⇒マルクス経済学見直し
    ⇒全国の大学の主流に
    ⇒新自由主義が入ってくる
    ⇒マルクス経済学が教えられなくなる

    マルクスの誕生日⇒子供の日

    ヘーゲル哲学

    1917年ロシア革命
    ⇒レーニン
    ⇒まだ早かった
    ⇒民主主義、自由な選挙は実現できなかった


    資本主義経済が発展することで社会が豊かになる
    ⇒労働者は貧困
    ⇒大工場での労働者→団結
    ⇒革命へ

    チャベス
    ベネズエラの大統領
    ⇒資本主義体制を社会主義体制へ
    ⇒別に革命を起こす必要はない

    マルクス・レーニン主義
    ⇒マルクスの理論に基づいてレーニンが革命
    ⇒両者は一体として考えるべき、思想

    世の中は商品であふれている
    ⇒1つ1つの商品を解析
    ⇒資本主義全体を見る
    ⇒使用価値と交換価値
    ⇒使用価値だけ→商品ではない
    ⇒誰かのため→初めて商品になる
    ⇒等価な労働力という基準(A=B=C)
    ⇒労働力=労働時間
    ⇒労働時間:社会全体としての平均的な労働時間

    労働力が受肉している
    ⇒キリスト教的な表現
    ⇒それだけ貴重な尊いものが商品の中に含まれている、と読む


    「自分が働くことによって誰かに喜んでもらえるという働きがい、生きがい」


    日本:稲「ネ」→値
    中国:子安貝
    ローマ帝国:塩→サラリウム→salary


    全ての商品とイコールで結ぶことのできる商品
    ⇒貨幣
    ⇒貨幣の価値が半分に→インフレ
      貨幣の価値が2倍に→デフレ
    ⇒W-G-W G-W-G’

    お金ではなく、お金といつでも交換しますよ
    ⇒預り証
    ⇒遠くに持っていくのが大変、腐る
    ⇒紙幣
    ⇒金本位制
    ⇒「本当にあの銀行金持ってるの?」
    ⇒取り付け
    ⇒日銀のみ紙幣発行可能

    お金の昨日
    1価値尺度
    2価値の保存
    3支払い手段
    4世界貨幣
    ⇒全く違うお金の単位を使っている国との取引
    ⇒金に戻る
    ⇒ブレトン・ウッズ体制
    ⇒アメリカグループに入っているとこんなに豊かになるんだよ
    ⇒マーシャルプラン
    ⇒ドルばらまき
    ⇒フランスやイギリスによる取り付け→ニクソン声明
    ⇒ドル価値は下がったけど、流通していたので、そのまま世界のお金へ

    旧約聖書、新約聖書、コーランは読むべし

    GでWを買い、付加価値をつけてからGに
    ⇒資本の誕生
    ⇒資本の人格化、資本を増やすことへの欲求
    ⇒使用することで価値の源泉となるような性質を持つ商品
    ⇒労働力
    ⇒使うことによって新しい価値が生まれる
    ⇒お金を持つ資本家=労働力を持つ労働者


    労働力の価値
    ⇒労働者が元気になって再び働けるようになるための費用
    ⇒給料
    ⇒労働力の再生産費用
    ⇒必要労働費
    ⇒必要労働+剰余労働=労働日
    ⇒剰余労働→搾取

    不変資本と可変資本
    ⇒固定資産と流動資産??
    ⇒不変資本:機会 可変資本:労働力


    労働者がどうやって人間として扱われて、人間的に働いて、
    ⇒新たな価値
    ⇒社会全体が豊かに
    ⇒これをどう実現するか
    ⇒工場法
    ⇒労働者をあまり働かさせすぎてはいけない
    ⇒剰余労働を生み出すため、非人道的な労働
    ⇒「洪水は我れ亡きあとに来たれ!」
    ⇒剰余価値を増やす→労働時間を長くする×
    ⇒相対的な剰余価値を増やす
    ⇒機械の導入
    ⇒家族全員で働く→1人分の給料down
    ⇒労働力が安くなる→売る商品が安くなる、→買う商品が安く
     →労働力再生産費用が安くなる→給料が安くなる=労働力が安くなる

    私たちが普段気づかないところに何か規則性があったり、法則性のようなものがある。それを見つけて体系的にまとめる
    ⇒学問

    ウォールマート
    ⇒なんでも安い、他の店をつぶす
    ⇒他の店の従業員、職を無くす
    ⇒ウォールマートで働くしかない
    ⇒他にも働いてくれる人はいる
    ⇒給料下げ

    みんなで一緒に働く
    ⇒人間の本質、一緒に働くことによる喜び
    ⇒みんなで達成したときの喜び
    ⇒資本主義悪いことばかりではない
    ⇒労働者が固まる

    学生時代に分からない
    ⇒社会を経験していないから

    機械が導入される
    ⇒人が集まる
    ⇒婦人労働、児童労働
    ⇒労働力の価値が下がる、商品の価値が下がる
    ⇒再生産費が下がる
    ⇒機械導入によって労働の密度が上がる
    ⇒相対的な剰余価値が増える
    ⇒機械がどんどん増える
    ⇒労働者が切られていく
    ⇒労働市場(失業者)があふれる
    ⇒現在働いている人にプレッシャー
    ⇒給料が下がる
    ⇒労働している人の人数が減る
    ⇒労働者の能力upが必要になってくる
    ⇒教育の必要性

    これだけ時間外労働すれば住宅ローンが返せるな
    ⇒時間外労働も含めてローンを組む
    ⇒景気が悪くなって残量ができなくなる
    ⇒ローンが返せなくなる

    出来高賃金
    ⇒基本的には時給と一緒
    ⇒労働者がつい頑張ってしまう
    ⇒相対的な剰余価値up

    労働者をさらに雇いたいという時(景気がいいとき)が来る
    ⇒労働者をさらに雇うために賃金up


    プロレタリアート
    ⇒労働力しか持っていない労働者


    生産性の向上
    ⇒労働力(可変資本)↓ 機械(不変資本)↑
    ⇒絶対数で労働力が増えても機械の方が割合的に多くなってくる
    ⇒産業予備軍(失業者)が増える
    ⇒給料を上げることができない


    資本主義経済は必然的に失業者を生む


    産業予備軍=派遣労働者
    ⇒給料が安くても働く
    ⇒正社員の給料がupしない


    「一方の極における富の蓄積は、同時のその対極、すなわち自分自身の生産物を資本として生産している階級側における窮乏、
    労働苦、奴隷状態、無知、残忍化と道徳的退廃の蓄積である。」


    唯物史観
    ⇒下部構造(経済的な関係)が発展すると上部構造(下に対する法律や思想)が押さえ込もうとし、
    結果的に上部構造が爆破される

    「協同の社会的労働の生産手段として利用されることによるあらゆる絵資産手段の経済化が進み、すべての民族が
    世界市場ネットワークに組み込まれ、それとともに資本制の国際的性格が発展する」


    資本家同士の虐殺
    ⇒資本家の数が減っていく
    ⇒1つの場所で働く労働者の数up
    ⇒不満を持つ労働者が増えてくる(生産内か生産外かは分からない)
    ⇒搾取に対する反発

    一部の企業が独占
    ⇒社会的に見た生産力の発展が妨げられてくる

    ジョン・メイナード・ケインズ
    ⇒国債発行すればええやん!


    ロシア、中国、北朝鮮
    ⇒社会主義 w/ マルクス

    ヨーロッパの国々、日本、アメリカ
    ⇒資本主義 w/ ケインズ


    ■大事■
    「歴史に十分に学ばないことによって再び失敗を繰り返したのが、このところの金融不安だと思います」by池上彰
    ⇒愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ
    ⇒歴史=他人の経験

  • (2010.01.18読了)
    「学生時代には、「『資本論』が読み進めないのは自分の力がないからだ」と思っていたのですが、いまになって読みなおすと、単にマルクスがわかりやすい説明をしていなかったからだと思うようになりました。」と池上さんは、「おわりに」に書いています。
    的場昭弘さんの「超訳資本論」全3巻を読んだのですが、簿記を使って説明してくれたら随分わかりやすくなるのでは、と思ったりしたのですが、どうなのでしょうか?
    的場さんの本を読んでもよくわからないので、池上さんならわかるかと思って読んでみたのですが、それなりのまとまりをもった構成にはなっているようですが、あまりにも現代に引きつけ過ぎているように思います。高校生にもわかるように、という狙いなので、やむを得ないことなのでしょう。もう一冊ぐらい別の本にあたってみましょう。

    「資本論」は、全三巻になっているのですが、この本では、第一巻だけを扱っています。使用したテキストは、筑摩書房刊のマルクス・コレクションⅣ・Ⅴ「資本論 第一巻」(上・下)2005年発行です。

    ●金融恐慌は、新自由主義のため(21頁)
    マルクスが「資本論」を書いていたころの時代には、恐慌というのがひっきりなしに起きていた。東西冷戦時代で社会主義にならないようにと資本主義の国々が労働者の権利を守り、経済がひどい状態にならないようにといろんな仕組みを作ったことによって、恐慌というのは起きなくなっていたのに、新自由主義によって、すべてを自由にした途端に、再び恐慌が起きるようになってしまったのではないか、ということなのです。
    ●「資本論」を要約すると(41頁)
    人間の労働があらゆる富の源泉であり、資本家は、労働力を買い入れて労働者を働かせ、新たな価値が付加された商品を販売することによって利益を上げ、資本を拡大する。資本家の激しい競争により無秩序な生産は恐慌を引き起こし、労働者は生活が困窮する。労働者は大工場で働くことにより、他人との団結の仕方を学び、組織的な行動ができるようになり、やがて革命を起こして資本主義を転覆させる。
    ●使用価値(57頁)
    人間の労働が受肉されて使用価値を持っているということは、人間の労働こそが尊いもので、人間の労働があってこそ世の中すべての商品には価値があるものなんだよ、労働が受肉されているから使用価値なんだよ、とマルクスは言いたいのです。
    ●貨幣の機能(81頁)
    貨幣には三つの機能があります。
    貨幣は、まずは価値尺度になります。
    それから、お金の価値は保存することができます。
    それから支払い手段になります。
    ●金儲けの仕組み(106頁)
    資本家というのは、工場を建てたり、機械を買ってきたり、原材料を買ってくるのと同じように、労働力を買ってきてここで製品を作らせる。するとその製品は、買ってきたものよりも高くなる。こうやって資本家は金をもうけているんだ
    ●先のことなど(147頁)
    洪水は我れ亡き後に来たれ!これがあらゆる資本家と資本主義国家の合言葉である。だからこそ資本は社会によって強制されない限り、労働者の健康と寿命に配慮することはない。
    ●労働者の能力を高める(210頁)
    資本主義というのは、何も悪いことばかりではない。みんなが一緒になって働く、協力して世の中を動かしていく、協力して働くとそういう力を身につける、そういう生きがいを身につけると同時に、子どものころから様々な教育を受けられるようになってくる。資本主義というのは資本家は金儲けのためにいろいろやるんだけど、それは結果的に労働者が能力を高めていくことにもなる

    ☆池上彰の本(既読)
    「池上彰のこれでわかった!政治のニュース」池上彰著、実業之日本社、2006.09.15
    「池上彰の「世界がわかる!」」池上彰著、小学館、2007.10.01
    (2010年1月19日・記)

  • 原文を引用してそこを詳しく解説してくれて分かり易い。原文は分かりづらい上にある程度バックグラウンドも必要なのでこの本を入門として入ってくのが良さそう。
    話は資本主義の成長?過程を順に説明している。資本主義では貧富の差が生まれるデメリットもあるが技術や経済の発展というメリットもある。
    マルクスは資本主義の崩壊までを経験すればそのプロセスで労働者、派遣が知識や技術を獲得しており、その状態で社会主義へと移行する事夢想している。

    以下コメント
    マス生産のためのマニファクチャがダイバーシティーを獲得する事で、中堅の資本家が他の少数の資本家に吸収されずに済む1つの提案になりうると思った。

  • 面白いのはマルクスの文章を抜き出して、いちいち、またわからないことを言っているよね、と書いてある部分。池上彰さんは、とにかくマルクスを高校生に伝えたいことがわかる。
    象牙の塔の学者は不要だ!
    本書は、的場昭弘氏もゲラを読んだ上でできた本であった。
    池上彰さんは、マルクスの文章には、最後まで、わかりにくい、と漏らしている。池上彰さんは、学生時代に資本論を、読んで、文章がわかりにくい、と感じ、再度、本書を書くために読んだら、わかりにくい、と感じた、と述べている。

  • 資本、経済に関する非常にわかりやすい解説本。話し言葉を書き起こしているため、冗長な点も否めないが、経済アレルギーにはもってこいの本。

  • 資本論とても分かりやすくまとめられている。

    最後のページにある様に、10年20年前に読んだら「今の世の中こうじゃないしマルクス古臭いな」と思うだろうが、140年前にここまで資本主義について予見的な事を考えられているというのは凄いと思う。
    大きな資本家が小さな資本家をたくさん飲み込んでM&Aした後の未来は残念ながら死んでしまって記載はないけれど…これからが正にその後になる。どうなっていくのか?マルクス予想的な労働者の革命は起きなさそうだが…

  • さすが池上さん。10%くらいだった理解が30%くらいになりました。
    G→W→G'にするのが資本家。
    マルクスに学んで、そこに書いてあった革命を避けるために各国政府は政策を作り上げていったのだけど、立ちいかなくなり新自由主義に舵を切ったところ、マルクスが資本論の中で書いてた通りになっていった。と。
    なんで、立ちいかなくなったんだっけ??というところがわからん。読み直さんと。

    労働力の、価値は労働力の再生産費である。物価が下がるということは、再生産費が下がることになり、給料が下がることになる。
    このことだけで、デフレが国を滅ぼすことになる、という事がよく分かりました。

全114件中 1 - 10件を表示

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」はこんな本です

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」のKindle版

ツイートする