人生の最後に笑顔で死ねる31の心得 (自分も家族も「満足死」のすすめ)

  • 7人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
著者 : 石賀丈士
  • マキノ出版 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837672470

石賀丈士の作品

人生の最後に笑顔で死ねる31の心得 (自分も家族も「満足死」のすすめ)を本棚に登録しているひと

人生の最後に笑顔で死ねる31の心得 (自分も家族も「満足死」のすすめ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人生の最後に笑顔で死ねる31の心得 (自分も家族も「満足死」のすすめ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生の最後に笑顔で死ねる31の心得 (自分も家族も「満足死」のすすめ)の作品紹介

1000人を看取った緩和ケア医による、
自分も家族も「満足死」のすすめ。

自分が死ぬときに、
「あれもできなかった」「これもできなかった」と
後悔しないために。

家族が亡くなるときに、
「本人の希望を叶えてやりたかった」と
後悔しないために。

本書は、
・笑顔で死にたい人
・笑顔で看取りたい人
という2つの視点で展開する、新しいタイプの死生観本です。

両方から眺めることで初めて気づく、
よりよく生き、よりよく逝くための心得とは?

あなたがこれまで死に対して抱いてきたイメージを捨てて、
ゆっくりとページをめくってみてください。

自分も家族も「満足死」を迎えるためのヒントが、
きっといくつも見つかると思います。

◎主な内容
~笑顔で死にたい人へ~
・50代から本気で「自分の死」を考える
・死の話は元気なうちに自ら切り出す
・エンディングノートは書いたほうがいい
・家族の心配をし始めるとキリがない
・死に様を見せるのが子孫への最期の教育
・愛する人に「ありがとう」を伝える

~笑顔で看取りたい人へ~
・キュアにこだわらずケアの視点を持つ
・家族の都合で延命治療をさせない
・「お迎え現象」は歓迎すべきもの
・虫の知らせや生まれ変わりはある
・お迎えのときに現れる兆候を知っておく
・看取りの瞬間がその後の人生を左右する

人生の最後に笑顔で死ねる31の心得 (自分も家族も「満足死」のすすめ)はこんな本です

人生の最後に笑顔で死ねる31の心得 (自分も家族も「満足死」のすすめ)のKindle版

ツイートする