自分の時間 (単行本)

  • 659人登録
  • 3.44評価
    • (28)
    • (47)
    • (79)
    • (13)
    • (7)
  • 61レビュー
制作 : Arnold Bennett  渡部 昇一 
  • 三笠書房 (2016年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837957645

自分の時間 (単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • それぞれの項目が短くまとめられているので、すらすら読めた。
    ただ、現段階ですんなり入ってこないところもあったので、後々読み返したら新たな気付きを得られるような気がする。
    いかなる人も一日は24時間であり、その24時間をいかに活用するか、を考えていたときに出会った一冊。

  • 1908年に出されたと言われるアーノルドベネット著の時間術。いま流行りの啓発本は、ほぼこの本の焼き増しとも言えるだろう。
    時間は公平に、だれにでも、1日24時間が与えられている。
    本書の最も強いメッセージは、弱い意思によってダラダラすることからの脱却だ。週3日の夜の90分間をもっとも重要な時間にする。そして、一生懸命週6日は生きる。1日は余裕の日としておく。毎日をなんとなく過ごしている人の悲劇といったらない。
    面白いのは、詩を勧めているところだろう。小説はずっと読めるが、詩を読むには頭をつかう、つまり努力して読むものは自身の糧になる。

  • 時間の使い方を改めて見直してみよう。
    今の仕事だけじゃなくて、自分の生活がワクワクするように何かを始めてみたい。

  • 【優しさを感じる本】
    どのような人に対しても、新たな一提案を用意しているベネットの優しさ(状況判断とも言える?)を感じる本。眠る前にもう一度、引用をまとめよう。

  • これが100年前に書かれたものとは。夕方6時に始まって朝10時に終わる1日という考え方、気に入った。全てから解放された16時間。生活信条にあった行動をとること

    2016.6.8

  • 名著は時間が経過しても色褪せないものなのですね。渡部昇一氏の訳本で、原作者はベネット氏という方で、今から100年以上前に書かれたものです。

    テーマは、全ての人に平等に与えられている「1日24時間」をどう生きるか、というテーマで書かれた人生訓です。

    1)早起きして、朝を有効に活用する、2)自分を振り返る時間をしっかりと確保する、3)計画を立てる、しかしそれに振り回されないようにする、というのが私がこの本から得たメッセージでした。

    読書は自分の時間に行うものとして良さそうですが、この本では、その種類を選別するようにと述べています。小説は飽くまでも楽しむためもの、考えながらできる読書が推奨されています。

    以下は気になったポイントです。

    ・あなたのエンジンを日常の仕事に使う前に(あとではない!)、まずそれ以外の何かに使う(p21)

    ・朝目覚めると、あなたの財布には、まっさらな24時間がぎっしりと詰まっている(p29)

    ・始め方に特別な魔法があるわけではない、ただ始めればいい(p49)

    ・失敗者の多くは、あまりに多くのことを企てすぎて失敗した、つまらない成功で大いに結構、つまらない成功は、つまらなくない成功をもたらすかもしれない(p52)

    ・1日の中にもう一つ別の一日を設ける、夕方6時に始まって翌朝の10時に終わる、16時間の一日、この16時間はすべてのものから解放されている(p59)

    ・人は一日に1枚ずつ、時間という硬貨を与えられている。通勤時に1日2回、5分ずつ時間を奪っていることは、1ポンド金貨を両替するとき、手数料を銅貨3枚とられるのと同じこと(p63)

    ・手始めに、ひと晩おきに、1時間半、何か精神の向上になるような意義のあることを継続してやってみること(p72)

    ・1週間を「6日」として考えて計画した方が、能率が上がり、より充実した生活ができる、7日目は、その時々で気まぐれに思いついたことだけをやる日(p76)

    ・習慣を変えるなら、あまり大きなことを公言せずに、さりげなく始めること、90分を要する勉強に取り組むなら、余裕をもって2時間半くらいは確保する(p82)

    ・人間が考えることのすべては、われわれの頭の中で起こる、頭脳に仕事を命じ、頭脳を従順に従わせる力がないと、本当に充実した生活はできない。頭の働きをコントロールすることは、充実した生活をする場合の第一条件である(p87)

    ・自分をしっかりと見つめることは必要、最適な時間は、一人で帰る通勤時間の中が適している(p103)

    ・読書で注意することは、1)自分が努力を傾ける方向と範囲を限定(時代・主題・作家など)する、2)読むと同時によく考えること(p135)

    ・自分のしていることを、あまり大げさに他人にしゃべらないほうが良い(p142)

    2016年6月12日作成

  • 時間に対する概念論が上手くまとめららていて、活用のためのヒントが記されている

  • 振り返りの時間作る

  • 日本語の言い回しが分かりにくいところがあってたまに突っかかったが、内容は20世紀初めから色褪せておらず読む価値はある本だと思った。
    時間の使い方を考えさせられた。色々実行してみよう。

  • クレアモント・ウィット「絵画の見方」
    ラッセル・スタージス「建築物の見方」
    ヘンリー・エドワード・クレイビール「音楽鑑賞法」
    「オーロラ・リー」

    最近自分で辿り着いた答えがこの本に書いてあった…
    私が変わろうとしてるだけで、世の中はすでに動いていて
    どうやってフィットしていくかは自分にしか見つけられない。
    同じ過ちを繰り返さず、順応していくためには
    ひたすら何ができて何ができなかったのか、
    どこがいけなかったのかと振り返らないといけない。
    また日々に流されず自分を持つためには
    定期的に自分について振り返らないといけない。
    自分の持ってる本の中に書いてあったのに…
    自身で体感した経験、本や人から得た知識、融合させていかないと。

    全体的にごはんは頼めば出てくるという点には自分でやったことないんかい!となるのだが…(^_^;)

全61件中 1 - 10件を表示

アーノルド・ベネットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・ガ...
リンダ グラット...
宮下 奈都
三谷 宏治
デール カーネギ...
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印

自分の時間 (単行本)に関連する談話室の質問

自分の時間 (単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分の時間 (単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

自分の時間 (単行本)の作品紹介

◎イギリスを代表する作家による、時間活用術の名著
「人生をよりよく生きるための時間の使い方」を説いた、本書の普遍的なメッセージは、
時代や国境を越え、これまで多くの知識人に影響を与えてきた。
「朝目覚めると、あなたの財布にはまっさらな24時間が詰まっている」
「仕事以外の時間の過ごし方が、人生の明暗を分ける」
「1週間を6日として考えよ」「習慣を変えるには、小さな一歩から始めよ」
「1週間のうち90分は自己啓発のために充てよ」「計画に縛られすぎてはいけない」…
などの具体的な時間活用のヒントは、多忙を極める現代人にこそ心に響く内容だろう。
いつも「時間が足りない」と感じている人にもおすすめの1冊。

◎佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)推薦
「時間を征する者が人生の成功をつかむ。
ベネットがこの本ですすめる方法をいくつか実践するだけで、あなたの人生は確実に変わる」

自分の時間 (単行本)のKindle版

ツイートする