食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)

  • 15人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 柿沼忍昭
  • 三笠書房 (2016年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837984467

食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 道具を磨くことは、それによって自分を磨くことになります。イチロー選手が思い浮かんだ。彼も修行僧みたいだから。

全1件中 1 - 1件を表示

柿沼忍昭の作品

食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)を本棚に登録しているひと

食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)の作品紹介

禅的に、食生活を見直してみませんか?

◎その一粒の米は、多くの人の手を経ていまあなたの目の前にあります。
◎「いただきます」は、シンプルかつ究極の感謝のことば
◎「食べ終わり方」しだいで、お粥一杯でも十分満たされます。
◎食事は「作る」のではなく、「作らせていただく」のです。
◎スマホ、テレビ……「ながら」食事は、浮気をしているようなもの
◎精進料理の味つけは、「薄味」ではなく「淡味」です。
◎疲れたら、野菜たっぷりのお味噌汁をいただきましょう。
◎にんじんの皮からは、最高においしいきんぴらが作れます。
◎食器や調理器具を、大切な誰かと思って丁寧に扱いましょう。

永平寺の典座(食事を司る僧侶)として修行した著者が指南する――
もっと豊かに食べ、丁寧に暮らすヒント

食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)はこんな本です

食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫)のKindle版

ツイートする