「あの国」はなぜ、日本が好きなのか: 歴史秘話…そして彼らは「親日国」になった! (知的生きかた文庫)

  • 18人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 三笠書房 (2016年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837984474

「あの国」はなぜ、日本が好きなのか: 歴史秘話…そして彼らは「親日国」になった! (知的生きかた文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界の国々が如何に日本贔屓になったか。またそこに至るまで、どのような日本人が貢献してかを紹介する。知らなかったこともたくさんあり、これだけをみると、日本は世界中に好かれているように思ってしまう。全く逆の本もきっと書けるんだろうな。

全1件中 1 - 1件を表示

「ニッポン再発見」倶楽部の作品

「あの国」はなぜ、日本が好きなのか: 歴史秘話…そして彼らは「親日国」になった! (知的生きかた文庫)を本棚に登録しているひと

「あの国」はなぜ、日本が好きなのか: 歴史秘話…そして彼らは「親日国」になった! (知的生きかた文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「あの国」はなぜ、日本が好きなのか: 歴史秘話…そして彼らは「親日国」になった! (知的生きかた文庫)の作品紹介

世界のほとんどの国は、日本のことを「まあ好きかな」と思ってくれているようです。

それは、戦後日本が一貫して平和な国づくりを行ない、
世界をリードする経済・技術力を背景に、独自の文化・伝統を保持してきたこと、
そして勤勉で温和な国民性といったことが、
世界で好意的に受け入れられた結果といえるでしょう。

しかし、そうしたなかでも、とくに日本が「大好き!」という国も多く存在します。

トルコ、台湾、イスラエル、ポーランド、フィンランド、タイ、ベトナム……。

こうした国々は、上記のような一般的な理由に加え、
じつは日本とは特別な「縁」で結ばれた結果、「超親日国」になったのです。

いったい、どんな出来事があったのでしょうか?

意外な絆で結ばれていた、「あの国」(60ヵ国)と日本の、
歴史に埋もれた秘話や興味深いエピソードを、豊富な写真とともに紹介します!

ツイートする