プチ哲学

  • 404人登録
  • 3.77評価
    • (61)
    • (47)
    • (103)
    • (4)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 佐藤雅彦
  • マガジンハウス (2000年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838712267

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ほし よりこ
江國 香織
佐藤 雅彦
慶応義塾大学佐藤...
村上 春樹
村上 春樹
慶応義塾大学佐藤...
有効な右矢印 無効な右矢印

プチ哲学の感想・レビュー・書評

  • 1:価値のはかり方について
    1キログラムの金塊は「金額換算」すれば莫大な額の数字になるが
    漬物石(「重量換算」すれば)として使えば「1Kg」の重さの価値でしか
    ない。

    2:面白い構造について
    今日の売上も予測できない易者。故障してレッカーされるレッカー車。

    3:「前提条件が教えてくれる」というシチュエーション
    擬人化された電池くんとラジオさんがいます。電池くんは、自分が新しい電池か
    古い電池かわからなくなってしまいました。そこで、ラジオさんの中におじゃまさせて
    もらって調べることにしました。ラジオさんに聞いてみると、ラジオさんは返事をしません。
    そこで電池くんは気づくのです。自分は古い電池なんだって。
    他にも、占い師の所に来る人に「あなたは何らかの迷いごとがありますね。」というのも同じこと。
    私たちは時として、このように答えを待たずして正しい答えを得ることもできる。

    4:「枠組」ということ
    乱暴モノの蛙が、弱気そうな蛙を池に突き落とそうとしている絵がある。
    しかし、その絵をひいてみると弱気な蛙の頭上に大きなリンゴの実が今にも
    落ちてきそうである。
    見る「枠組」を変えてみることで逆の意味さえ持ってしまうことがある。

    5:アフォーダンスという考え方
    初めてテニスのラケットを持つときに、ガットの方を持とうとする人はいません。
    バットにしても、太いほうを握る人はいません。
    このようにいい道具は、むこうからこう使ってください。という働きかけをしている。
    これをアフォーダンスといいます。(afford=与える)
    人間のコミュニケーションにもこのアフォーダンスの考え方を取り入れるべきである。

  • 絵がかわいい。
    ページごとにまとまりがないことでいろんな見方を手に入れられる。

  • 哲学をカンタンにして解説してくれる。

  • ポリンキーの、佐藤さん。シンプルな言葉でわかりやすいです。

  • 優しい感じ。

    発想の転換。

  • ものの見方はひとつじゃないのだ。

  • 何のカテゴリに入れていいのか悩む本。
    佐藤雅彦さんの絵がかわいらしくて、つい手にとってしまうのだけれど、結構深い本。
    内容は深いけど、語り口がやさしいのですんなり頭に入る。
    佐藤さんの作品って好きやなぁ。

  • まさに「プチ」哲学です。著者はだんご3兄弟を作った人なんだけど、かわいい絵とともに、そういう見方や考えあるよねってな話がいくつも入ってます。

  • OLIVEに掲載されていた佐藤雅彦さんの哲学エッセイ。
    本棚の整理をしていたらひょっこり出てきたので再読。

    やはりこの人の考え方が好き。また面白いこと、しないかしら・・・。
    佐藤雅彦研究室に入りたい・・・。

    文中、佐藤氏が「最終結果(自分がどうしたいか)がはっきりイメージできるそこから逆算して、スタートの時点で何をしておけばいいか」を考えること、またその法則名について論じていて、それを「プッチンプリンの法則」と名づけてしまうそのセンス!大好き。自分でもしてることなんだけど、そんな名前がついてると・・・より力を入れてしてしまいそう。

    最後に「くまのプー太郎」の著者中川いさみさんとの対談だったのもマル。

    今でも旧くない本だな、っと。

  • あーそういう発想ね、あーはいはいっていう、特に目からウロコ的なことはなかったけれども、きちんと身につけると、引き出しを出す速さがはやくなりそうな感じがする。
    たぶん、幼いころから色々は発想の転換的なものを父から学んでいるのでポジティブにもって行き方的なことが多い本なのでこれはネガティブな方にはすごい向いているし、意見がひとつしか見当たらないとか、他の考えが思い浮かばないとか、生活の中でそう直面してしまったときにはいいのかもしれない。
    なんだろう。おさらいを更におさらいする感じ。
    後半の作者?の話し合っている文が長すぎて少しいらないと思ったので、その人が大好きだったり絵がとっても好き!な人にはすごく喜ばしい本だと思う。

    思ったよりも他の方のレビューが良かったので読み返してみようかとおもうが・・・・・

  • 母から誕生日プレゼントにもらった。時々なんだか無性に読みたくなる。

  • らくによめていいよ

  • 軽いのにたくさん考えれておもしろい☆

    ひらめきをつくるのにヒントになりそう

    知的複眼思考法って本にちょっとつながりそう

  • この人のような考え方をできるようになりたい。
    こういうのがすばらしいアイディアを生むのだ!
    だから、有名人なのか笑。

    対談で載ってた中川いさみさんの漫画を読んでみたいと思いました。

  • 哲学といっても難しいことは何一つ書かれていません。
    私たちの日々の暮らしに対して、こう考えてみてはどうですか と問いかけてくるような本です。
    佐藤雅彦さんの可愛らしいイラストとやさしい(優しい/易しい)語り口が合わさって、読み終わったあとにほっこりした気持ちになれると思います。

    クリエイティブなものの見方って、いいな。羨望(笑)

  • いろんな視点が面白い。

  • 普段何気なく思い込んでいたりすることを、一歩深く考えてみる話が絵付きで見開き1ページずつ。最後の中川いさみさんとの対談がなかなか。佐藤さんってこういう風に話す人なんだなぁ。

  • 心ほっこり温かく、気持ち軽やか、ふむふむ…あはは、と笑って、とてもいい感じ。

  • 本棚から引っ張り出して読んだ古い本。

    ちょっとした気付きが思考を深めてくれる。

  • 図書館から借用。

  • 哲学ってほどではないです。肩の力が抜けます。オズマガに連載されてたんだそうで。確か文庫にもなりましたよね。

  • 絵と文が書いてあり、単純だけど、
    「考えることはおもしろい」ということを学んだ。
    絵はかわいいし、文字は読みやすいし、おすすめの1冊です。

  •  OLIVEでの連載だったとあって、パッと読めて、分かりやすく、メモも取りやすい。

  • 文庫版を立ち読みして気になっていたので図書館で借りてきました。
    児童向けのコーナーにあったけれど、これは大人でも読める。
    哲学というほど難しくはなく、考え方の本。
    あ、こういう見方もあるのか!と気づかされることもしばしば。
    これは良いなあ。

    09.02.27読了

  • 佐藤雅彦さんの雑誌のコラムをまとめたもの。
    ちょっとだけ普段のことを深く考えてみた、考えるための、おもしろいなって思うためのきっかけが集まってる感じがします。
    見開きで1回分。色分けされていて、かわいいイラスト(まんが?)とちょっとだけの解説文章で1回分が成り立ちます。さくさく読める。

全51件中 1 - 25件を表示

プチ哲学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プチ哲学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プチ哲学の作品紹介

「かわいいものをやりたい気持ち」と「かわいいものだけに終わりたくない気持ち」-。それが二年前、当時の編集長である岡戸絹枝さんから、オリーブで連載をという話があった直後に、どうしようかとあれこれ考えているときの、僕の正直な気持ちでした。そんな相反するようなことが果たしてひとつの表現になるだろうか。それから自分の中でいろんな試行錯誤をくりかえし、僕は「かわいらしさだけに終わっていないかわいらしさ」を持ったあるひとつの表現に辿りつきました。それが、この「解説つきの漫画」という少しだけ変わった形の"プチ哲学"だったのでした。名前に哲学とは付いていますが、むずかしく考えず気軽に楽しく読んでもらえたらと思います。そして気に入ったテーマがあれば、ちょっとだけ深く考えてみてください。

ツイートする