東京タワー

  • 3845人登録
  • 3.28評価
    • (261)
    • (446)
    • (1542)
    • (165)
    • (54)
  • 643レビュー
著者 : 江國香織
  • マガジンハウス (2001年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838713172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京タワーの感想・レビュー・書評

  • 大学生、19歳の透と耕ニ。ふたりの共通点は同じ高校に通っていたこと。そして人妻と付き合っていること。

    詩史に夢中になる透。透明な魔女みたいな魅力を持った人妻・詩史に、彼は心の底から依存し、弄ばれる。現実的には彼女と一緒に暮らすことなどできるはずはないと理解しつつ、透は詩史と一緒に生きていくことを選ぶ。

    女と別れるときは自分からと決めている耕ニ。情熱的で感情的な人妻・喜美子、大学生・由利。ふたりを交互に回し、イニシアチブをとっているのは自分だと信じていた耕ニだったが、かつて手を出した人妻・厚子の娘、吉田が現れ、喜美子に翻弄され、由利にも別れを切り出される。

    ----------------------------------------------------------

    前に読んだのは大学1年のころだったから、もう5年くらい前のことで、そのころとは違う部分が今回は気になった。

    透が目の前の詩史だけでなく、過去の詩史をも追いかける姿や、過去の耕ニを追いかける由利の姿にゾクゾクした。

    そのひとが昔好きだった本や音楽、過ごした場所、なんでもいいからそのひとを追いかけて、そのひとのかけらを集めたくなる気持ち。

    「そのひとの過去が知りたいと思ったら、そのひとのことが好きなんだぞ。それも相当にな」と言っていた中学の社会教師を思い出した。

    中学1年生に対して、何でわざわざそんなこと言ったんだろうと思ってたけど、
    彼も誰かを想っていたんだろう、今ではそう思う。

  • 再読。19歳の二人の青年と二人の人妻、それぞれの恋愛模様。15年前に読んだ時には青年側の心情に同調したのに、今は人妻側の揺れる気持ちの方に共感できる。読書の醍醐味ですね。耕二の欲望そのままの刹那的な恋愛と、徹の真っすぐで深くて揺るぎない恋慕の対比が素晴らしい。一緒に暮らさないで一緒に生きる・・・ある程度の年齢と経験が言わせた、含蓄あるこのセリフが心に響く。

  • 二人の結末が書かれておらず、すっきりしない終わり方。
    なのに、すごく「いい本だった~。」と思った。
    言葉選びがいいんだろうな。
    言葉が気持ち良く、心にはいってきた。

    映画の予告だけみていたから、
    岡田くんと黒木瞳、松潤と濡場の女王・寺島しのぶで読んでしまった。
    だからよかったのかも。

  • 「言葉は僕を裏切る」「理性をかき集める」。表現がきれいなので、不倫の話だけど読んでいて心地良かった。読後に結末が欲しかった私にとって、エンディングには少し歯がゆさが残るので−★。江國さんの本、他にも読んでみたいな。

  • はじめての江國さんの作品。
    独特の空気感がとても心地よいなあと
    思いながら読み終えた気がします。

    透の、心の透明感が
    すごくすきでした。

  • 映画から先に観てしまったため、映画のイメージが入ってきてしまったのですがとても面白かったです。江國さんの作品は今回がはじめてだったのですが、とても読みやすく雰囲気も好きです。書き方が好きなのかもしれません。

  • お金も夫も店舗も別荘も自由もある美しい詩史と、
    優しい大学生・透の静かな恋愛‥
    そして透の同級生・耕二と人妻喜美子の濃密な情事‥
    二組の対比を、弟の打ち明け話を聴くように読ませていただきました。

  • 「対岸の彼女」を見た後のタイミングでこれw
    病的な女の後は病的な男の話。当時話題になったそうだけど全然面白くもわくわくもなかった。

  • うーん、、、映画の画像だけで期待してたけどそこまでではなかった…
    ずっと話が直線的というか…大人用の娯楽みたいな本だね!大人になったら面白いんだろうな、まだ早かった笑
    でも映画観てみよう

  • 江國さんらしいといえば、らしい。らしくないといえばらしくない。
    でも、あんまり好きじゃない。
    二組の男子大学生とマダムの話。

  • わりと盲目的な江國香織信者なんだけれど、この作品は学生だった時に読んで、理解が及ばない印象があって、しかし今読むとわかることがあるので、時の流れはすごいし、江國女史はとてもすごい。

  • 二人の女性との付き合い方の違いが、それぞれのこれからの人生までも左右していきそう。
    耕二(漢字が違うかも)は、転んでもただでは起きなさそうだし。
    透は、思いを貫きそうだし。

  • 二人の青年、それぞれの恋愛事情を描く。
    未来のない恋に溺れる者、大胆な主婦達。
    なぜかいつも闇の中をさまよってるかの様な暗く切ない物語でした。

    この二人の青年には覇気がないように思え、ピシッと喝を入れたい気分でした!

  • 19歳、年上との爛れた関係。だらけた日常。
    誰も幸せにならない。
    面白くなかった。

  • 16.05.24 読了

    この作品が映像化していることも知らず、そしてこの作者さん(江國香織)も初読だったので、すこしの先入観もなく読んだ。最初は主人公が2人いて、ころころ視点が変わるから軽く混乱したけど、すぐにそれは慣れた。100ページ前くらいまで読んだ時点で、なんだこれ?というような印象だった。自分が今どんなジャンルの作品を読んでいるのかわからなかったのだ。でもまぁなんとなそこも把握して、それから楽しく読めた。透と耕二、それぞれの行く末が気になって読みすすめていたけど、最後まで読んだところで、なんだか問題が不消化な気がした。透はけっきょく詩史さんのお店で働くの? でも個人的に、就職先も好きな人を追いかけて、っていう形は駄目だと思う。きちんと自分のやりたいこととか、希望とか、まぁわからないけど(就活経験なし)、自分の将来に対して考えが雑じゃないか? それに耕二もけっきょく喜美子さんと由利とも別れてしまったし‥。吉田はただただ、立場的にかわいそうにもなるけど、耕二に対するしつこさとかがうざかった。そこは耕二に同情した。結末がぼんやり終わって、その後が知りたいのになかったっていうのは大きいな。

  • 性に翻弄される人物には感情移入が難しいので、序盤は主人公二人の読み分けすら難しかった。
    女性はコントラストがはっきりとしていて、わかりやすく、魅力的にうつったので、星ふたつ。

  • 会話をしながら、他のことを考えている。
    とてもよくあること。
    それがとても自然に書かれていて。
    よりリアルにその人物を感じ取ることができました。
    心に残った言葉も多く、物語の中に引き込まれました。

  • 映画のスポットがとても美しく、印象的だったので
    原作を読みました。
    当時の僕にはわからないような大人の恋愛でした。

  • 映画を見て~読みました。

    映画よりみんな淡々としています。
    読み終わっても終わりという感じじゃなく、これからも続くという感じ。

  • 江國香織を読みたい、と思って借りた。しかし、前にも読んだことのある本だった。まったりとした本。

  • 恋はするものじゃなくおちるものだ。
    おちたことがないから、よくわからないのか。う~ん。
    【2015.01】

  • 大学生の男2人が主人公。不倫の話。
    最初は少し退屈だったが、後半からは楽しんで読めた。
    最後は結構曖昧な終わり方。耕二どうなるんだろ・・・。

  • 不倫の苦しみ。
    詩史さんは結局どう思ってるんだろう。
    旦那とは別れる気もなく、透のことをこのまま生殺しにしておくのだろうか?
    最後まで読んでも2人がどうなったかわからなくて、そこがもやもや。
    既婚者に片思いしてる私としては、読むのが辛いと思いつつ、共感しながら、泣きながら読みました。

全643件中 1 - 25件を表示

東京タワーに関連するまとめ

東京タワーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京タワーを本棚に「積読」で登録しているひと

東京タワーの作品紹介

「恋はするものじゃなく、おちるものだ」。ふたりの少年と年上の恋人-恋の極みを描く待望の長篇恋愛小説。

ツイートする