図書館の神様

  • 3053人登録
  • 3.58評価
    • (323)
    • (538)
    • (981)
    • (64)
    • (9)
  • 613レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • マガジンハウス (2003年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838714469

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図書館の神様の感想・レビュー・書評

  • それぞれ過去に運動部で悲しい出来事を体験した女性講師と男子生徒の文芸部活動話。

  • 高校講師である清(キヨ)が最初は嫌々の文芸部の活動を通して人間的に成長していく物語。主役は清なんだけど、一人だけの文芸部員である垣内くんの爽やかさからなのか、清の高校時代の話も多く出てくるからなのか、『青春』の話だったなぁと思う。
    不倫相手には相当イラッとしたけど。どうせならもっとギャンとさせたかったけど。

    ところどころにそっと置いてある文学の話もよかったな。漱石の夢十夜、今度読んでみよう。
    垣内くんの言葉、とても丁寧で好きです。自分の身近にこんな大人びた文学青年がいたらなぁと思うけど、魅力にはきっと気づけなかったのが高校時代の私なのでしょう。

  • 学生時代バレーボールに打ち込んでいた清。ある事件をきっかけにやめてしまい、今は不倫に走っている。
    バレーボールに触れたいだけで高校の講師になり、不本意な文芸部の顧問になってしまう…。
    さわやかな青春物語。登場人物もいいけど、少しだけちりばめられている文学も良い。

  • 高校の文芸部顧問に不本意ながら就く講師清。不倫するし不真面目だし全く共感できない(不愉快なほど)が、図書室が舞台であることが救いなのかすっと読めた。

  • こんな本が出版されてたなんて知らなかった!
    読めて良かったです!
    冷静に考えたらハチャメチャなところもあるけど、幸せそうなので良かったです!

  • 2017.2.1 最後の方に出てくる垣内くんの言葉、くーっと来るものがある。

  • 読みやすい文章で2時間くらいでサクサク読み終わった。

    高校の講師になった清の日常で、大きな山場もなく少し物足りない感じがした。

  • 冬のこの時期に手に取ってよかった。しんと澄み切った空気の中ですすむ物語。文学も運動もどちらもすきな自分にとってはあるあるネタが多くて楽しい本だった。間違いなく青春の話だと思う。

  • まったく読んだことないのに、なんとなくピュアなイメージの作家さんだった。が、本書を読んでみてちょっと修正。学校が舞台で、部活動とかピュア要素もありつつ、不倫ありだったり友人の死ありだったり。一気に読めた本だった。純文学好きの高校生、垣内くんがいい味出してる。

  • え?!って事で
    傷付けて
    傷付けられて
    でも普通に生きて行く

    大なり小なり
    誰でもが抱えていること

    それがホンワカ語られる
    そんな本

  • バレー部のチームメイトの自死を機に、思い描いていた未来をあきらめて高校講師になった<私>。興味のかけらも抱いたことのない文芸部の顧問になり、たった一人の部員・垣内君を相手に、放課後の図書室から海を眺めて過ごします。この垣内君との会話が、なんということもないのですが、毎回ほっとした気持ちにさせてくれます。
    バレーを遠ざけたつらい過去、気楽なつもりだったけど本当はしんどかった不倫の恋…。苦しむ<私>が、毎日の生活の積み重ねの中から少しずつ、心を立て直していく過程に寄り添いたいです。

  • だけど、今のハイタッチには本当に「よくやったよね」って気持ちがこもっていた。
    ー清

  • 文芸部入りたい……

  • 文芸部の男の子と顧問の先生。文学とは。

  • おおお・・・とってもいいね・・・大好きだ。

  • とくに最初から最後までどうということはない著書なのに、なんだか目が離せないのはこの人の文才によるものか?

    本当に最初からずっと特になんにもない。不倫してるとか、なんだとかこんだとか、まぁ強いて言えば自分のせいで自殺したと思われる友達がいた。とか?

    なんともその静けさの中の心の揺れが手に取るようにわかる。そんな文章が読み進めさせるのかわからないけど、なんだかサラサラと読み終えた。

    そんな一冊です。

    心の休息に。

  • たった一人の部員の顧問になる女性教諭。
    私生活の時間と部活の不思議な時間を過ごすうちに、女性の考えが成長するところが良い。
    ラストまで読み切ってほしい作品です。

  • 高校講師の経験あるから、あの感覚はじいんとくる。

  •  瀬尾まいこさんの本はこれが読んだのが初めてです。
     バレーボールにかつて熱中していた清が講師として文芸部の顧問になる。
     私もかつてスポーツに熱中をしていた当時,文学になんて興味を持ってなかったなぁ,と思いつつ読みました。
     色々なところに,トリガーというか,共感させるようなところが散りばめられていた気がします。
     読みやすくさらりと読み終わることができました。

  • 「バレー部のほうが、毎日同じことの繰り返しじゃないですか。文芸部は何一つ同じことをしていない。僕は毎日違う言葉をはぐくんでいる」

    バレーボール一筋だった主人公が、バレーから離れて教師になり、文芸部の顧問になる話。
    前半主人公が読書に励む唯一の部員に対して思うことが、あーきっと私は周りからこう思われてるんだろうな!って十代の頃に被害妄想してた内容とほぼ同じで胸が苦しかったけれども、多分筆者もこちら側で、彼女の過去の被害妄想を綴ったのだろうから、そりゃあ刺さりもする。
    実際のところ、周囲はこちらを気にもしてなかったろうと今になれば思うのだけど、まあ妄想だったにしろ現実だったにしろ、冒頭で引用した部員の言葉は過去と現在の私の救いになる。(もちろん、運動部を悪く言いたいわけではない。あくまで対私)
    物語は少々都合が良すぎるものの、周囲の男性陣のキャラクターが良く、文章も読みやすかった。

  • " 休んだ翌日の学校は妙な感覚だった。
     教室に行くと、みんなちゃんと席に着いていて、黒板がいつもよりきれいに消してあった。授業では、誰もが真面目にノートを取って、はっきりとした返答をした。
     あまりにもわかりやすい生徒の優しさに私はすっかり照れてしまった。"

    資料ID:W0126646
    請求記号: 913.6||Se 76
    配架場所:1F電動書架C

  • 「文学を通せば、何年も前に生きていた人と同じものを見れるんだ。・・・そこにいながらにしてたいていのことができてしまう・・・マゼランは船で、ライト兄弟は飛行機で新しい世界に飛んでいく・・・僕は本を開いてそれをする」文芸部の垣内君の言葉にグッと来た。
    キヨは教師になることで新しい世界に出ていくことを決めた。
    垣内君といい、弟といい、キヨはいい子たちに囲まれて幸せですね。

  • 垣内くんの、度を越さないけど大人びた感じが良かったです。
    全体的に清は教師だったり社会人だったりする割に子供っぽいしゃべり方をするのですが、話がしたくなったからと言って夜中に突然電話してみたりとか、垣内くんと話しているときは本当に同級生との会話のよう。清にとって垣内くんは素に帰れる存在だったのかなと思います。
    最後の方で、二人で図書の整理をしていました。
    図書室なのに十進分類法を無視するというのは、私にとっては随分思い切ったことをするなぁと思ったのですが、きっと同じように何かを抱く垣内くんと主人公・清にとって、文字通り心の中を整理するキッカケになったのでしょうか。
    浅見氏のクズぶりに辟易していたのでフッたところはスカっとしました。最後の方で浅見氏が清に送ってきた手紙のひどさと言ったら……。
    清の弟が四歳上の喫茶店の彼女と付き合っていましたが、今までは弟の彼女に対して辛辣な評価だったのにその子との関係を清が否定しない辺りで清と垣内(同じように清が四歳上で年下の男の子より情けない)の関係をほのめかすような感じがしました。
    だが特に何もなく、手紙での交流は続く程度の、なんとなくいい感じで終わるのもまた良かった。
    作中に出てきた夏目漱石の「夢十夜」は先日読んだばかりでタイムリー。
    生徒なりの「夢十夜」を書かせて見るというのはとても面白い授業だなと思いました。

  • 読後感が良い。青春期がいつまでも続くような、爽やかさが心地好い本。読んでいる最中に思わずプッと笑ってしまったり、共感してみたり、新たな発見ができたり。読み進めることでどんどん穏やかな気持ちになれたのが良かった。

  • バレーにすべてを注ぎ込んでいた過去に希望を持ち
    やってきた学校で割り振られたのは、文芸だった。

    似たような過去を持った少年が部員のクラブ。
    特に山もなく、谷もなく、ゆっくりと話は進みます。
    そうして少しずつ色々なものに気付いていきますが
    男に対して、なんだかなぁ…と。

    主人公以外、すべてが男。
    まったく違うタイプが出てきますが
    誰もが主人公を攻撃するわけでもなく
    切り捨てるわけでもなく。

    心の機微は分かりましたし
    変化も分かりやすかったです。

全613件中 1 - 25件を表示

図書館の神様を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館の神様を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館の神様を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする