君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?

  • 1488人登録
  • 3.53評価
    • (79)
    • (172)
    • (155)
    • (54)
    • (13)
  • 186レビュー
著者 : 田村耕太郎
  • マガジンハウス (2012年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838724468

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
伊賀 泰代
ジェームス W....
クリス・アンダー...
ジョン・キム
有効な右矢印 無効な右矢印

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?の感想・レビュー・書評

  • 国会議員、シンクタンク研究員、MBA、等々様々な顔を持つ氏による書籍。現代ビジネスでの連載から興味を持ち購入。アメリカ、シンガポール、インドへの留学のススメや学習すること、ビジネスで結果を出すことの重要性を説いている。
    自分がどんな立ち居地なのか、実力はどの程度かを踏まえ、現状の日本を変えるために留学や通学等の手段を用いてネットワークを広げ実力をつけることの重要性が記載されている。暑苦しくも子供のような、松岡修造さんのような語り口調で詠みやすい。自分の実力はどの程度なのか、ものさしや判断してくれる上司がいない環境で仕事をする方にとっては非常に刺激的な一冊。

  • お尻に火がつく本。
    子供が中学に入る時に読ませてあげたい。

  • 高校のときに読みたかった
    こういうのこそ教科書に載せるべきなんではないだろうか
    若い人に読んでほしい。前向きに将来を考えてほしい

  • 久しぶりのレビュー。
    これは旅をすすめるような本ではないです。読むと勉強したくなります!色んな問題はあるけど、それでも日本人であることに誇りを持てます。

    エール大学で、ソマリアの戦争孤児が「夢をつかむために海を渡ってやってきた」と言い、毎日図書館閉館まで勉強していたという話は心が震えました。それに比べて自分は・・・と考えてしまいます。

    「自分にはこれができる」という武器を持つことが大切。そのためにはやっぱり勉強するしかない!

  • 1月の読書会の課題本・・・
    読書会の時にも言ったけど、私はこの本が課題本になった時「・・・」と固まった
    この本が店頭に並び始めた頃、本屋さんで立ち読みをして買うのを止めた本だから
    なので、今回この本は新本じゃなく、古本を買いました(笑)

    とてもね危険な本だなってのが第一印象・・・
    もちろんこの本に出てくる人達のように、うんと努力して成功してる人もいる
    だけどその数以上に失敗している人がいるってことが書かれていない
    まぁ、書いたら売れないもんね・・・

    英語が使えた方が世界が広がる
    MBAとった方が世界が広がる

    もちろん、そういう事実もあるよね
    でも、じゃ英語とMBAがあればOKなのか?
    英語が流暢でも人とコミュニケートできない子もいる
    MBA持っていても性格破たんしてる人もいる
    まぁここを言い出したらキリがないんだろうけど・・・

    この本は私の「批判家」精神に火を点けるものでした(笑)
    なんだろ、ピラミッドの上の方の人の話しみたいな・・・
    マズロー5段階で下から2番目くらいしか満たされていない人はどうしたら良いの?って

    だけど・・・悔しいかな、私も社会人になって数十年・・・
    これから、いやもうずっと前から「ライバルは世界」ってことはヒシヒシと感じている
    業界の中のライバルも、自分の仕事のライバルも、もう国内や日本人相手じゃない
    世界の同業他社がライバルだし、自分の仕事なんて簡単に安いアジアの人件費にアウトソーシングされてしまう
    自分の価値をどうやって付けるかってことに必死にならないと、怖いことになるよね・・・
    その付加価値が「英語」なのかも知れないし、「MBA」なのかも知れない
    そこは自分で考えて、行動して、掴み取っていくしかないんだ
    誰もあなたのキャリアに責任は取れないから・・・
    「ワクワクする世界」ってのは所謂地球上の「世界」じゃなく、自分の内部にあるものかもね
    探しているものは、いつだって自分のそばにあるものだと思うから

  • とてもいい本だと思った。
    ただ海外に行けというのではなく、どの国のどんな大学が良いか、どのタイミングで行くかといったアドバイスが大変いいと思った。
    絶対海外に留学しようと決めた。

  • タイトルやあらすじからこの本は絶対に面白い!とビビビときた本。
    読んでみたら、やっぱり面白かったです。

    世界中で起こっている様々な事件や日常を知らずして、
    死んでいくのはとてももったいない!!!というお話。
    それゆえ著者は世界に出ろと主張します。

    数年前、ダニエル・ピンクという学者がコンピューターでできる仕事と
    安い労働力でできる仕事の価値はどんどんなくなっていくという
    未来予想を立てていましたが、まさしく世の中は
    そっちの方向に進んでいると思います。
    そう考えると、もったいないなんて気楽なものではなく、
    世界の様子を知ること=自分がこれから生き抜く力とも言えるのです。
    (実際、日本人はそのことに気が付かず、
    文句ばっかり言っている人が多い気がする。。)

    自分が世の中にこき使われてもいいと言うなら別ですが、
    呪縛から逃れたいのならば、世界の様子がどう動いているかを知って、
    自分のできることは何か?どんな価値が出せるのか?と考えることは、
    重要なことなんだな、と改めて感じた次第です。

    ちょっと考察が荒いと思われる箇所があったりするのですが、
    そんな小さな欠点はあまり気にせず、著者のアツい世界に入り浸るのが
    正しいこの本の読み方ではないかと思います。

    文句なしで★×5です。

  • 読めば必ず世界に飛び出したいと思うでしょう。そういう意味では取り扱い要注意が必要である。

    今巷には「日本はもう危険だから海外に飛び出せ」という主張の書籍は多いが、この本がそれらの本と一線を画している部分は、まず著者がアメリカの国家戦略を起案する超名門シンクタンクに勤めている方であり、それ以前も海外を舞台に戦っていらっしゃる方で説得力があること、また、実際に海外で活躍されている方の事例が豊富なこと、そして居ても立ってもいられなくなった方向けに、具体的な海外進出方法(主に進学と進出前の準備)について延べられている点にある。

    氏がおっしゃっているように、飛び出す前に①コミュニケーションツールの英語を徹底的に鍛えること、②日本で実績を残すことにまずは取り組む必要がある。

    私もこれから2年間海外に行くので、この2つを出発までに高め、最高のパフォーマンスを発揮して帰国したい。

    「君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?」
    答えはもちろんNoである。

    ☆印象に残った言葉
    ・空気を読むキャラで日本人は無敵キャラになれる。ただし、日本人は空気を読むだけ読んでそれを利用しないことが多い。

    ・逆張りを意識する

    ・「インドである母親が自分の赤ん坊の体を折ってまで物乞いをしている光景を目にしたとき、母の愛という一番尊いものさえも変えてしまう貧困の現状を目の当たりにし、自分一人でどんなにがんばってもどうにもならないことが世の中にはあるのだと痛感した。でも私はここはーハードビジネススクールで、教えることができる。あなたたちに教えることで、私は、世の中を変えることができる。あなたたちは、、ここを卒業したら、どんな場所であれ、必ず世の中にいい変化をもたらす人になるでしょう。そのとき、自分の判断が、どのような変化を周りの人、社会、国に及ぼすかを考えてほしい。あなたたちはそれができる人なのだから。これからの2年間、自分に頑張って投資すればするほど、リターンは大きいものになるでしょう。ぜひ楽しんでほしい。」(ハーバードビジネススクールの有名教授)

    ・「何ができるか」を磨いておくことが海外展開の第一歩だ。

    ・自分の持ち場で、グローバル化やテクノロジーに取って代わられない力をつけよう。自分にしかできない働き方をみつけ、他者の追随を許さない成果を出そう。

    ・外に出るための資金繰りこそが海外生活の第一歩。国内で海外へ出るための資金調達ができない時点で、海外でのサバイバル力が不合格と判定される。

    ・「ギブ・ギブ・ギブ&テイクの法則」
    何かしてほしかったらまず、相手に3倍与える。何より先に、それなりの相手の期待にこたえれる自分であることが第一

  • これからの時代、日本の外に出ることはグローバル化に対応すること、相対的に日本を再認識すること、ハングリーで有能な人と共に勉強するなど、重要だとは思うけど、なかなか思い切った行動には移れない。

    世界に出ることに対して、社会人として上を目指して勉強し続けるモチベーションをあげるのには最適だと思う。

    俺も30までには英語は喋れるようにしとかないとな〜 切実、

  • 一気読み。メッセージは熱いが、具体的に、なぜ今、海外に出るべきなのか、という点はかなり冷静な視点で書かれている。生産人口ピラミッドの話など、書かれていることに新しさはないかもしれないが、本として、読み物としてすばらしい。行動を促される久々の本でした。シンガポール、ありかも。

  • 元参院議員の田村耕太郎氏が、若者向けに、海外に出ることを薦めたもの。世界中を飛び回る同氏の発言には首肯する点も多く、特に、大学生、高校生あたりに読んでもらいたい内容だと思います。

    残念なのは、誤字や誤情報が散見されたことですね。「神は細部に宿る」。。。

  • エール大学、ランド研究所など、海外経験が非常に豊富な田村耕太郎氏の新刊。
    とにかく、内容が深い。
    本当のグローバル人材とは何か、といったことが垣間見えてくる。

    今月から留学予定であるが、この本を時に読み返し、目標を明確にして留学先でも頑張りたいと思った。

  • 内容が響なかった。

  • 世界における日本の立ち位置、英語の学習法までいろいろとハッとさせられる一冊。

  • エール大学やハーバード大学、ランド研究所の研究員であり、日本では参議院議員を2期つとめ、世界の隅々に人脈をもつ国際人の著者が、日本国内に留まらず、世界を見よう、世界から日本を見ようと訴えた一冊。

    「日本の常識は、世界の非常識。」と言われるほど、日本で当たり前とされていることは世界では通じないことが多い。
    それは、空気を読むことを重んじ、他国にないような難しい日本語を操り、皮膚の色や話す言葉、慣習や信条などで同質性の高い国に生まれ、差異に非常に敏感な、村意識で育ち通用してきた常識だからだろう。
    日本は素晴らしい国だけど、世界は広い。
    そんな広い世界を見ずに、自分の人生を終わらせていいのか。

    そしてこれからの時代、どんな大企業でも中小企業でもベンチャー企業でも、世界と繋がらずには生き残っていけない。

    経済の低迷や人口減少に伴う社会保障制度の破綻や経済の破綻、超高齢化社会を前に、日本のもつ潜在力を活かして、もっと世界に出ていく必要がある。

    日本国内で批判される様々な問題、例えば、総理大臣がコロコロ替わり、他国のように一貫性がないことや、国内の格差が開き、貧しい人たちが増加していること、新卒の内定率が7割を切ったことなど、海外の人たちが見ると、それは問題なのか?

    国のトップを選ぶこともできない国や、選べたとしても間違ってしまうと任期の間は替えられない国、トップに文句など言える雰囲気ではない国もあり、格差問題では、スラム街もなく、親が子の臓器を売ったり売春を強制したりすることもなく、教育も受けられている。新卒の内定率なんて、どれだけ優秀でも国内で就職する道はなく、世界中で探すしかない国や、統計すらできない国もたくさんある。

    日本の現状に満足しろということではないが、今問題となっていることは、本当に問題視するべきことなのかを世界目線で見ることができるように、世界の現状を自分の人生目で見るために、どんどん世界に出ていくべきだ。

    景色や秘境を自分の目で見たくて、旅行にいくのもいいけど、世界の人たちの暮らしや営み、社会の状況をもっと肌で感じられる留学をしてみたい。
    インターネットの普及で世界が繋がったとはいえ、日本語で書かれた記事は2〜3%ほど。
    たった一度の人生、いろんな視点にたって世界を、日本を見てみたいと思う。

  • 田村耕太郎「君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか」マガジンハウス(2012)
    *ネットで得られる情報は、しょせん情報の断片だ。ネット上の情報の9割が英語だといわれ、日本語の情報は世界人口に対する日本人口の比率と同程度の2〜3%と言われている。英語ならまだしもネット上で日本語になっている世界の実情は相当限られている。
    *日本では「そんなの常識だよ」という表現をよく使う。しかし世界では常識、つまりコモンセンスという言葉は滅多に使わない。多様なバックグランドの人間がひしめくアメリカでは使えない言葉だ。多様を認めれば「そんなの常識」なんで安っぽ表現は使えない。いろんな人種、進行、政治信条、国籍の人々が交差する今のグローバルな舞台において「皆が共有できる常識」など存在しないからだ。「日本の常識は世界の非常識」という表現があるが、言い切ってしまえば、世界には非常識しかないのだ。
    *世界の部代では「教養がないと仕事ができない」。「歴史や哲学や科学は先の読めない変動の大きなグローバル時代に先を読むたいまつのような役割を果たしてくれる」
    *日本人力は世界で武器になる。海外に出てみなければわからないことがだが、「日本人ほど世界でまんべんなく好かれている人たちはいない」。日本のパスポートは世界最強である。まさに金メダルだ。
    *雇用の構造そのものが変わってきている。外国人と日本の会社内で雇用を争う時代になった。グローバル化は国外の話ではない。国内でも世界の人材との競争が始まっている。この時代に対応するには、外国人の人材と戦える人材になるか?それとも彼らにできない価値をつくれる能力を高めて行くか?いずれにしろ国内にとどまっていてはそんなふうにはなれないことはたしかだ!
    *自分の眼でいろんな世界を見て、何かを感じて、自分の頭で考える訓練をしておくべきだ。そのためにも世界を見ると同時に、たくさんの本を読み、自分に知識を詰め込みながら、自分と向き合い、自分の価値判断の基準をつくっておくことが必要。
    *「違いこそが美しい」。均等性の高いものを大量につくるころがベストだと言うビジネスモデルの時代は終わりつつある。まず違いを気にしすぎない。次に違いに敏感な我々日本人こそが世界では変わっている事を認識する。日本がここまで発展できたのは、世界に閉じていたからではない。日本人が世界に出て行き、世界を見て、世界から学んだときに日本の反映がある。世界に出ていろいろな違いに接する。この違いこそが美しいとかんじられるようになることが必要。
    *最大のリスクはリスクをとらない事である。そして決定したら自分の意思と情熱で正解にするしかない。選択は意思なのだ。選んでからが勝負だ。選んで実行するからには、自分が成功させてやると思うのだ。そう思えば必ず選択は好結果をうむ。

  • 英語勉強法、アジア、アメリカでのMBAについて知識、方法、経験談等。
    いまの自分の興味の方向を具体化するのにgood。
    グローバルに対して好印象を抱くとともに想像以上に厳しい世界であることを認識。
    途中から多少読むのしんどかった。

  • メインターゲット層は裕福な親を持った高校生辺り。
    へ向けた海外に出ることがどれだけ重要なことかを具体的に説明してくれている。
    そしてそのためにどう行動すれば良いのかってことも詳しい。
    実例も豊富。

    とりあえず英語、留学先はアメリカ。そしてMBAって言うのが鉄板。
    留学する金がないなら止めておけって書いてあるのが正直だと思った。

  • 「しっかり”詰め込んで”から外に行け」。今「日本人よ世界に飛び出せ」という趣旨で書かれた本はたくさんある。しかし、この本も結論は同じだが、一つだけ脱出論をあおるような本との大きな相違点がある。それは「世界で戦える準備をしたものだけが世界に出て何かを得られる」との思いだ。
    自分の目でいろんな世界を見て、なにかを感じ、自分の頭で考える訓練をしておくべきだ。そのためにも世界を見ると同時に、沢山の本を読み、自分に知識を詰め込みながら、自分と向き合い、自分の価値判断の基準を作っておくことだ。(使える英語は当たり前)
    これからは明確に自覚すべきだ。君の変わりは、いくらでもいる。
    スターバックス成功物語
    志高く(孫正義)

  • 「グローバル」という言葉が流行している現代において、なぜ海外に出たほうがよいのかを筆者はもちろん実際に海外で活躍している方の体験談を元に説明している。

    「海外に行くべきだ」という主張に対してあまり考えたことのない人や、自分の人生に漠然とモヤモヤを抱えている人にとっては良本。

    一方で、海外での滞在経験、将来海外へいこうと確固たる考えがある人にとっては読まなくてよい本かもしれない。

  • 海外に行けば人生が変わるというような旨の話をする人は多いが、ここまで具体的に海外生活の面白さや具体的な留学の方法などを実体験に基づいて書かれた本はなかなかない。来年から社会人になるが、シンガポールにて技術経営の分野で是非とも修士号を取りたいので、そこに活かせてもらえるだけの結果を会社に示すことにすべてを注ぎたい。

  • タイトルに返事するなら、死ねない!!!と言いたい

  • もう少しワクワクしたかった。英語学習は参考にしたい。

  • 田村氏の語りかけるような文章は、若者を外に向かわせる後押しとなるのではないだろうか。想定する読者層は、大学受験を控えた高校生や大学生が中心の内容。海外に行くべき理由から英語の学習方法への章の運びは良い。ただ、世界で活躍する先人たちの部分はもう少し肉厚にしてもよかったのではと思う。

全186件中 1 - 25件を表示

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?に関連する談話室の質問

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?に関連するまとめ

田村耕太郎の作品一覧

田村耕太郎の作品ランキング・新刊情報

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?の作品紹介

グローバル人材、日本脱出、キャピタルフライト……。
「世界の中で取り残される日本にいたら、座して死を待つのみ。
日本を見切って世界へ出よ! 」という論が花盛りの今、真打ちがいよいよ登場。
著者は、政治家として、会社経営者として、また証券マンとして、世界の一線級と渡り合ってきた経歴を持つ。
はたして今、日本を見切って世界へ打って出ることが本当に正しいのか。
日本人は世界でどのくらい通用するのか。
海外の大学に進学するならどいういう基準で選ぶべきか。
今、海外でMBAをとるならどこが正解なのか。
かかるお金はどう工面するのか。
実際に世界で活躍する日本人とはどういう人物なのか…。
独自の情報網から世界と日本の情勢を正確に知る著者が、最新の情報をもとに、情熱をこめてレクチャー。
これから世界へ飛び出そうという人、迷っている人、とりあえずショートステイでも行きたい人、新たに再チャレンジする人…、
今、「世界」に興味がある全ての人の疑問と希望に答える必読の書。

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?はこんな本です

ツイートする