蘇える変態

  • 1484人登録
  • 4.26評価
    • (162)
    • (148)
    • (50)
    • (5)
    • (2)
  • 165レビュー
著者 : 星野源
  • マガジンハウス (2014年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838726615

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蘇える変態の感想・レビュー・書評

  • くだらなさと真面目さの同時進行!ゆるゆるさが際立った一作目のエッセイと比べると、お仕事の裏話的なエピソードも多くて読み応えありました。とにかく、貪欲なんだよな彼。仕事に対する真摯さには脱帽です。
    「“一部の人だけ聴いてくれればいい”なんてツマラナイことは死んでも言わん。“どんな方法でもいいから売れたい”なんて恥ずかしいことは死んでも思わん。自分が面白いと思ったことを満足いくまで探りながら、できるだけたくさんの人に聴いてもらえるように努力する。それがわが地獄における、真っ当な生きる道だ。」
    なんてストレートな言葉。究極の理想形だけど実現するのは本当に難しいこと。わかっていながら正面から挑む源さん、かっこよすぎます。
    相変わらず下ネタも豊富で(笑)けっこうえげつないんだけど、面白いんだよね。ところどころしこまれた小ネタにも笑ってしまう。「哲学しよう(山田邦子)」が個人的にツボ。(源さんの世代でも知ってるのか!)
    後半の闘病記…ページを繰るのも辛くなるんじゃないかと思ったのだけど、ここでも笑える下ネタを放り込んできて、なんかもう…泣き笑いになっちまうじゃないか!個人的に、精神的にキツかったときにこの本を読んだので、自分のつまらんモヤモヤが一瞬にして吹き飛びました。もう最高すぎる、買ってよかった。何度でも読み返したいと思う。源さんの文章、大好き!心に刻まれる名文がいっぱいです。
    それにしても、よく「GINZA」で連載してたな…下ネタは加筆してるようだけど(笑)花沢健吾さんのイラストも素敵です。

  • めちゃくちゃ働いてるではないか、この人!
    そのストレスでくも膜下に倒れたに違いない、と思う。
    ただ、基本的にはフツーのすけべな男の子で、面白いものを作ろうとする気持ちに妥協のない人なんだろうと思う。
    そして、おもしろがっちゃえ、という元気な気持ちで行動する。いろいろな人に感謝している。
    それにしても、この人のことを今までよく知らなかっただなんて、もったいなかった。
    何気なく注目していこう。
    やはり倒れた直後の療養生活部分の記述は、引き込まれて読んでしまう。命の危険にさらされるような病気をしたことなどない私にとっては、知らない毎日だ。
    本当に、元気になってくれてよかった。

  • 星野源のエッセイは
    「確かにそんな事考えてたかも」と思えて共感できる部分が多いのと、
    昔の懐かしい記憶の奥底を引っ張り出してくれることと、
    こんな考え方も出来るのかと教えてくれること
    がある。
    ・お〇ぱい揉みたいと口に出すことにより負のスパイラルを断ち切ること
    ・墓参りと祖先への思い出による気分転換
    ・台湾のように他人に関係なく自分の好きな文化を楽しむこと
    ・まだまだ、もっとすごいものを、という「ものづくり地獄」のエネルギー
    ・「ぽっちゃり」等、日頃何気なく使う言葉への洞察
    ・AVを作品としてとらえることと、化粧とAVの同一性
    ・「童貞あてがわれ力」(笑)等の創造的な言葉
    ・AV女優とアーティストの共通点
    ・仕事の忙しさとひたむきさと謙虚さ
    ・動脈瘤破裂、手術を経た考え方の広がり
    ・つらい体験も常に楽しくならないかとトライする姿勢
    ・生きた証や実感は外的行動の多さではなく、その人の心の振り子の振れ幅に比例する。
    ・また明日の俺に会えるのが、俺はとてもうれしい。自分を客観的に見ることと、一日を生きる大切さ

  • 読んで良かった、そんな一冊。

    笑ったし、ジーンとしたし、この一冊にはいろんな思いがギュッと詰まっていることがダイレクトに胸にきた。

    星野さんってこんな素敵な人なんだ(下ネタばかりなところ含め、むしろオープンすぎるところがポイント右肩上がりである)。
    こんな素敵で愉快な人がいたんですね。出会えて良かったですね。

    好きということを胸張っていいんだな、改めて思えました。
    私も自分に素直になろうと思います。
    大切な人を大切にしよう。心の中でハグしよう。
    明日も眩しい日を過ごせますように。

  • わたくし、この本を読んで、今まで知らなかった星野源さんという人が大好きになりました。

    変態が蘇ってくれてよかった。

    神様、星野さんのクモ膜下出血を軽いやつにしてくれてありがとう。

    さてと。
    もう一度正座して読み直しますかな。

  • 日常の何気ない、すっと通り過ぎてしまうこともきちんととらえて、言葉にできる。自分がどう思ったかどう感じたかをしっかりと書ける。すごい。
    日常をなんとなく生きていない。
    自分の人生を作っていってる。
    こんな人になりたい。


    「おやすみ俺。また明日の朝、お前と会えるのが、俺はとても嬉しいぞ。」
    自分の明日に希望と勇気を。

  • 読みやすい文章だなーあ
    星野源は応援したくなる親しみやすさがあるなーあ
    ほんと帰ってきてくれてよかった
    手術後ってそんなに大変なんだなあ
    辛いなあ
    あらためてそう思う
    この世は地獄かあ

  • 2015.9.24読了。

    才能ない。だからやるんだ。
    いろんなことに手を出すな。全部やりたいからやるんだ。

    自分に嘘つかないところ、とてもいいなと思う。

    K先生とのやりとりがとてもよかった。

    病気からの復活後、明らかに変わった。開き直った変な明るさ、強さが加わって、音楽も前より魅力的になったように思う。

    タイトル通り変態だけど、すごくかっこいい。

    色眼鏡を捨てて正直にパーっと生きていこう。

  • 蘇る変態とは、脳内で出血して、死にそうになった星野源が、一命をとりとめた後も、気分が悪くて何度も吐きながら、絶え間無い苦痛にヨダレと涙をたれ流し、後遺症の恐怖に怯え、性欲もなくなり、それでも美人の看護師さんからアヌスに座薬を入れられるというプレイを楽しもうと努め、最後には、名医と出会って、手術が成功し、体が良くなって、性欲が復活するという、そういうプロセスのお話だと、オレは受け取った。

    星野源が良いのは、命の大切さも、下ネタも、同列に扱っていること。
    そこに優劣をつけるのは間違いで、どちらも、同じくらい大事なことだから。
    特に人間にとっての性欲は、他の生物と違い、一時的な発情期だけのものではないので、生活の質を考えるうえで、避けて通ることはできない。

    星野源みたいな人が死なずに生き残ってくれて、本当に良かった。

    これからは、働き過ぎに注意して、体を大事にしてほしい。

  •  「11人もいる」てドラマがあった。星野さんも出てて、いい感じだった。ちょうどそのドラマのころに書かれたエッセイもあって、興味を惹かれたのが読んだきっかけ。
     人となりが浮かぶエピソードも多いんだけど、見た目よりずっとエネルギッシュで、だけどタフではなくて、「寂しさ」について書かれた章なんか、心を鷲掴みにされた感じ。
     後半の闘病記は、けっこう胸が痛くなった。助かった経緯も含めて生き様ですな。私なら死んでる。

  • 歌手、分筆家、役者をこなす星野源の著書3作目。
    やっぱり文句無しに好きだな星野源。

    自分へのハードルがものすごい高いのに、一切妥協せず作品を作り上げていく姿勢に感銘を受けました。

    また、今作で特に思ったのは、無駄な事で人と比較しない人となりが良いなと感じました。
    昔からアニメが好きだったけど、オタクに見られたくなかった過去もあるからか、流されずに、本質のよさを知れる人なんだと思いました。
    そういうエピソードでは、前半の台湾行った時のエピソードとか凄い面白かったですね。

    後は、Mステに出れて素直に喜んでいる感じも好きです。
    比較とかするべきではないのですが、このエピソードを読んだ時、アジカンゴッチは、音響が悪いとかで、テレビ出演を断っているという話を思い出して
    この件に関しては、星野源の人となりの方が僕は好きです。

    後は、星野源のアウトプットの欲望を垣間見て、自分も、もっと自己発信出来るようなことを少しでも行なっていきたいと思いました。

    退院おめでとうございます。これからも応援してます( ´ ▽ ` )ノ

  • 過酷そのものの手術、入院生活についても書いており無事に芸能活動を再開できて何よりだなぁと思いました。
    思った以上に下ネタ満載だったけれど、すがすがしさが残る読後なのは、自分の感情をほどよく抑制しながら冗談を交えつつ、深刻な内容をさらっと書けるところにあるんだろうな。時折歌の歌詞が入っているんだけれど、内省的に重くなりすぎず、読めるところがよかった。

  • 作家の筆者は、シンガーソングライター、インストバンドマン、大人計画俳優でもあり、世の中のあらゆるオシャレな隙間にひっそりキラキラと存在している。
    全てに手抜かりなくどんなときもいい仕事ができる、スーパーマン星野源。

    このエッセイでは、彼の慌ただしすぎる日常、エロ、そして地獄のように長い長い闘病生活で感じた「そのまま」が描かれている。
    生きることの尊さとエロいことの尊さと、器用なはずの彼の不器用すぎる面が沢山伝わってきます。
    彼の、もがきながらも好きなことを全部追及できる器用さにどうしようもなく惹かれるけれど、やりきれてしまうが故の孤独の深さも想像に難くない。
    私は彼みたいには生きられないし、生きたくない。だからこそ好きだし、憧れる。

    こんなに頑張ってるカッコイイ変態がいるんだから、わたしだって死ぬまでには誰かの心に残るなにかを一つくらい成し遂げられるかもしれない。
    諦めずに毎日を大切に生きていなくちゃという勇気を貰える、とても素敵な本です。

  • なんでかつい買ってしまう星野源の本。

    「そして生活は続く」も「働く男」も読みましたが、それよりも格段に文章が洗練されていて驚きました。
    「エロ」と「いい話」のミックス加減に無理矢理さがなくなったというか。

    『「一部の人だけ聴いてくれればいい」なんてツマラナイことは死んでも言わん。「どんな方法でもいいから売れたい」なんて恥ずかしいことは死んでも思わん。自分が面白いと思ったことを満足いくまで探りながら、できるだけたくさんの人に聴いてもらえるように努力する。それが我が地獄における、真っ当な生きる道だ。』

    かっこいい。
    表紙のひょろっとした後ろ姿が、イケメンにすら思えてきます。

    ちなみに、肝心の変態具合も格段に洗練されていました。

  • 本日フラゲして、読了(現在午前三時半)。冒頭からにやけて、笑いながら自分でも驚くほどに泣いた。こんなに誰かの考えや経験に共鳴し馬鹿にし感心し、心の底から、この人に出会えて良かったと思ったのは久しぶりです。
    壮絶な闘病生活、と言葉にするよりももっと過酷な地獄を、こんな風に昇華して文にしてしまう源さんは本当に表現者にふさわしい人だと思う。滑稽さも悲壮感も生も死も、全部が混在しているような彼の持つ独特な雰囲気が好き。たしかに死は人生最大のご褒美かもしれない、と闘病中の言葉に頷く。こんな風に分かったようなふりして、私には苦しみなんてこれっぽっちも分かれていないし分かるなんておこがましい。でも私は源さんの産み出すもの全てが好きです。
    星野源のファンになったのは2度目の休養直前で、新参者が、と言われるかもしれないけれどそれでも構わない。好きなものは好きです。生きて帰ってきてくれて本当に良かった。このエッセイ集を読んで、改めてお帰りなさいと心から言います。

  • 星野源って面白い人だな〜

  • 大好きな星野源だから許せる内容(笑)

  • 表現も豊かで面白かった。
    変態ですね。ピュアな。
    それ書いちゃって周囲の人は引かないかと心配な部分も。

  • 生きるのは苦しいこと、でも素晴らしく愛しいこと。元気に復活してくれて、たくさんの創作物で楽しませてくれて、本当にありがとうございます。

  • 今の元気で活躍している姿を見ているとこんな大病を乗り越えてきたとは想像ができない。今も倒れる前以上に忙しいんではないかとちょっと心配になる。エロネタがちょいちょい出てくるけど、星野源さんの書く文章は好き。

  • 「蘇える変態、」 星野源

    https://www.amazon.co.jp/蘇える変態-星野-源/dp/4838726619
    ----------------------------------------------------------------
    “ものづくり地獄”の音楽制作、俳優業の舞台裏から、エロ妄想で乗り越えた闘病生活まで。突然の病に倒れ、死の淵から復活した著者の怒涛の3年間。
    「BOOK」データベースより
    ----------------------------------------------------------------

    星野源のエッセイ♪
    ハズレるわけもなく、とてもおもしろい。

    これまで読んだ本でも、あとがきや前書きでくも膜下出血のことを書いてるのはありましたが、この本の後半は闘病時の記録そのまんまが掲載されてます。

    状況や心情がしっかりと記録されているんですが、これってすごい記録だよなぁと、読んでて思いました。
    自分が今までどおりじゃなくなるかもしれない不安や、最悪死んでしまうかもしれない状況でも書いたり、映像を撮ったりすることをやめず、それさえもネタにしようとしている。
    どこまでも表現者なんだなぁ。
    何気にこういう闘病の様子をリアルに語ってるものはそんなに多くない。
    いや、あるにはあるけど、そのあとの結末がつらすぎることがわかってたりするから、その闘病記を手に取ることができない。
    だからリアルに闘病の様子がわかって、さらにポジティブに終わることができるこの本はすごい。
    性(笑)と生と死などなどを、重くなく、軽くなく、ちょうどいい温度で嫌味なく考えさせてもらえる気がします。

    それにしても星野源はいい人だ。
    そしてエロい。
    1個目のエッセイのタイトル「おっぱい」ですよ(笑)
    詳細は恥ずかしいから書かないけど、死にたくなったときに、このワードを声に出すとすべてがどうでもよくなり気持ちが楽になるっていう内容で(笑)
    それ以外にも「エロについて」「AV女優」など、要所要所でエロについて語ってます。



    後半、くも膜下出血の手術のことが書かれています。
    彼は最初に倒れたときにカテーテル手術をし、復帰しています。
    が、定期検査で再発が見つかり、今度は開頭手術をしています。
    その2回目の手術はとても難しいものだったらしく、手術できる先生もあまりいなかったそうですが、担当してくれた先生が誠実かつユーモアあふれてて信頼して命を預けることができた、と書いておりました。

    わかる。
    すごい先生はホントにすごい。
    滅多にあわないけど。

    うちもちょっと前に、父親の治療とか手術のために、何度かお医者さんの話を聞きに行ったけど、いい先生はすごく丁寧だし、説明のしかたも本当にうまい。
    ちゃんとゆっくり話を聞いてくれるし、重くなりがちな話も冷静に、でもすごい温かみをもって説明してくれる。
    のび太くんみたいな見た目の先生だったけど、結婚してなかったら好きになっちゃうわ!って思ったもんね(笑)
    一流の人はそこらへんもちゃんと一流なんだわな。。



    命ギリギリのところで頑張っていた星野源の言葉はやっぱり力があります。
    星野源好きはもちろん、お疲れ気味の人や、「生きてていいのか。。。」みたいなさみしい気持ちになっている人に寄り添ってくれる、とてもあったかくポジティブな本です。
    ぜひ、これを読んであなたも源さんのトリコに。。。


    ----------------------------------------------------------------
    寂しさは友達である。絶望はたまに逢う親友である。そして不安は表現をする者としての... 続きを読む

  • 笑ったり泣いたり忙しい本。
    源さんの考え方が本当に好き。物事を見る新しい視点や気付きをたくさん与えてもらった気がする。これからも元気に長く活動して欲しいし応援していきたい。

  • 入院中に気分が上下するので、壮絶な闘病体験がきっと軽快な調子で書いてあって救われるかも!と思って読んだ本。
    入院といってもわたしは単に骨折ですが。

    一気に読めます、そしてカバーにも書いてある地獄はすぐ近くにあったのだ、というフレーズ。ほんとそうよね。と胸に迫りました。わたしは単に骨折ですが。

    前半のまさにいつもの星野源ワールドでは、下ネタを繰り広げながら、ひたすら働いている。いやいや、倒れるのでは?と笑いそうになるくらい働くし、実際倒れるの知ってるこっちとしてはよく映画とかである観客にはわかる「だめだよ!そっちは…ほら言わんこっちゃない…」という一種のハラハラ感が面白さの中で味わえます。そこからの倒れた時の壮絶さがね。
    入院してるからさらに迫るものがありました。わたしは単に骨折ですが(しつこい)痛いもんは痛いの。

    日常って、毎日の繰り返しの延長にどこまでも続いてるんだと何か勝手に信じてるんだよね。まさかが起きるのは他人の話とどこか思ってる。
    でも、つまらないなと思う日常から急に切り離されて、それも悪い方に行っちゃうと、日常が急にどこか遠い国の話みたいになってひたすら自分と戦わなきゃならなくなる。心の準備なんてできやしないから、つらいしもがくし、考えるのさえ生きるのさえやめたくなっちゃう。
    そういう経験って知りたくないけど、誰にでも起きうることなのよね。起きないことはない。
    ベタだけど毎日を能天気に楽しく生きないともったいないのだ。日常って素晴らしい。

    星野源おもしろいよ。ライトに書かれてるからこそ壮絶さが浮かぶ闘病記は胸を揺さぶりますよ。

  • 命を削りながら曲を作っているのが伝わって、疲労困憊の中倒れて壮絶な痛みとの戦い。
    集中治療室の孤独な苦しさ。
    きっと私が想像するよりももっと過酷な戦いだったんだろうな。
    それが源さんの言葉で赤裸々に綴られてて、ほんとにもう無事で元気になってよかった!って心から思う。

    変態=いわゆる人間なのです。
    人間=変態です、はい。

    特別嬉しかったのは、11人もいる!で共演した神木くんとのデートの話。笑
    神木くんのキラキラ具合半端ない...!

  • いのちの車窓からを先に読みましたが、
    蘇る変態の方が大分濃い。
    くだならいしちょっとひく。笑
    でも吹き出して笑ってしまう。

    辛い時のことも言葉にしてくれて
    想いを馳せることができました。

    本編最後の言葉がとても良かった。
    おやすみ俺。また明日もお前に会えるのが、俺はとても嬉しいぞ。

全165件中 1 - 25件を表示

蘇える変態に関連する談話室の質問

蘇える変態を本棚に登録しているひと

蘇える変態を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蘇える変態を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蘇える変態の作品紹介

星野源・待望の最新刊。資生堂アネッサCMソング「夢の外へ」、「知らない」と立て続けにヒット。アルバムもオリコンチャートを賑わせ、主演舞台に主演映画とうなぎのぼりの人気のさなか、2012年末にくも膜下出血で入院。手術後数ヶ月で復帰したものの、再発。長期の休養を強いられた。「面白いものが作りたい」と、音楽・俳優・文筆とむさぼるように仕事をしてきた著者。
アルバム制作や撮影現場などの“ものづくり地獄”の舞台裏から、エロ妄想で乗り越えようとした闘病生活、完全復活まで。怒濤の3年間を綴った、くだらなさと緊張感とエロと哲学、ミックスにもほどがある垣根なしのエッセイ。雑誌『GINZA』好評連載「銀座鉄道の夜」の書籍化+書き下ろし。

ツイートする