友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法

  • 168人登録
  • 3.40評価
    • (5)
    • (14)
    • (21)
    • (4)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 石川善樹
  • マガジンハウス (2014年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838727216

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人とのつながりと健康の関連性について書かれた部分に関しては、今までの思い込みと違う点があり、いくつか研究事例をもとに紹介されていてパラダイムシフトが起きた。自分は少人数と深く親交を持つタイプだったので、大人数と浅く付き合ったほうがいいというのは目からウロコというか、これからの自分の行いを正さなければならないと思った。老後について書かれた項が多いのは意外だった。30代の若い筆者なので、もっと若い人向けに書いていると思ったのでその点は残念。あと幸福研究に関するものもいくつか載っていたが目新しい物はなく別の本で読んだことがある研究内容ばかりだったので、もっとつながりというものに的を絞って書いて欲しかったかなあ。

  • 長生きの秘訣は、良好な人間関係をたくさん作ること。
    積極性と好奇心を失わないことが大事なんだろうな。
    また、雑談が多いほうが仕事の生産性が向上するとか。
    たしかに!雑談して仲良くなったほうが一緒に仕事して楽しいし、はかどるよね。

  • 研究分析結果からわかる事実、つながりが少ないと死亡率が上がり早死する。日本人の高齢者には家族以外のつながりが希薄、孤独者が増加。意識してつながりを作る工夫をしていくべし。

    健康において、感染症などの病気がなくなり、生活習慣病などに対する対応がされるようになり、こころの時代になってきた、ということがわかりました。

  • 自分の健康のために友達になってください、はちょっと妙な気がする。
    活動を一人で完結させず、他の人とかかわる形にする。仏像を彫るなら、展示会を立ち上げる、SNSに投稿する、等周りの誰かとインタラクションする形態をつくっていく。

  • 人と人とのつながりが健康や寿命に影響するというのは誰もが実感できると思います。

    どんな人でも6人を経由すればだどりつくことが出来るという「六次の隔たり」は有名ですが、この本では「3次の隔たり」についても紹介。

    これが非常に面白いくてなるほどと思えました。

  • 本心から笑っている人は目の横にカラスの足跡のようなシワが寄ります。これを、この笑顔に初めて注目した19世紀のフランス人神経学者の名前から「デュシェンヌ・スマイル」といいます。p28

    京セラの創業者である稲盛和夫さんもビジネスに関して「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行せよ」とおっしゃっていますが、健康づくりでもそれは同じです。p59

    「弱いつながりの強み」という概念
    グラノヴェッター教授 1970年 p72

    消極的休養と積極的休養 p94

    瞑想で大切になるのは「調身」と「調息」と「調心」です。p156

    瞑想の方法
    ①「フォーカスト・アテンション」(止瞑想)
    ②「エンパシー・エンハンスメント」(共感の瞑想)
    ③「オープン・モニタリング」(観瞑想)p159

  • ・健康になるためにもっとも大切なのは「つながり」、平たく言うと人間関係。

    ・日本人は休養の取り方を知らない。休養には「消極的休養(パッシブ・レスト)」と「積極的休養(アクティブ・レスト)」がある。パッシブ・レストのもっとも効果的な休養は眠り。日本人は頑張り屋、アクセルを踏み込むのは得意だが、ブレーキをかけるのが苦手。とくに大切な脳の緊張を解いて疲れをオフにする工夫。脳を休めるのは睡眠しかない。瞑想も有効。アクティブ・レストで「つながり」を作り、仕事の能率も上がる。ビル・ゲイツは1年に1回「Think Week」と名付けた1週間を設ける。この間に仕事を一切せず、集中的に本を読み、じっくり考える時間に充てる。大学の研究者は通常の研究を離れて1~2年の間、好きなテーマの研究をする「サバティカル」と呼ばれる長期休暇をとる。そこで創造的なアイデアが生まれるケースも少なくない。「攻めの休暇」をとることで、新たなアイデアが湧いてきて、仕事のパフォーマンスが引き上げられる。

    ・日本人をはじめとするアジア人は、ネガティブな要素に敏感で、ポジティブな要素に鈍感という心理的な特質がある。(「人生山あり谷あり」という感覚は欧米にはない。)積極的休養で見つける「つながり」と仕事以外のアイデンティティを持つことはとても重要になってくる。

    ・「つながり」は質よりも量を追求した方が良い。

    ・愚痴るとストレスが倍増して老ける。

    ・世界のトップ企業は愚痴らない教育をしている。

    ・思考と感情は変えられない。だから行動を変える。

    ・寄付によって幸せ感は高まる。誰かのためにお金を使うと脳は幸せを感じる。石油で財を成したロックフェラーは給料が安い時代から「給料の10%」は寄付すると決めてずっと実践していた。

    ・誰かを思いやると幸福度が高くなる。

  • 石川先生の講演を聞いたことがきっかけで購入。
    いやー、面白かったです。
    この分野のことは少しくらい理解しているつもりでしたが、
    見たことのないデータが沢山出てきてビックリしました。
    もう少し引用文献がはっきりと書いてあるとよかったのですが。
    「つながり」が大切ということをしみじみと感じました。

  • 勧められて読んだ、健康に関し「つながり」の大切さを伝える本。様々な研究を紹介しながらとてもわかりやく読みやすい内容でした。とくに健康の捉え方が国によって文化的に違いがある点などが興味深かったです。ネットワーク理論についてなど、関心が広まりました。

  • 科学的根拠があるデータが盛りだくさん。信ぴょう性もあり読みやすい。内容が深くて分かりやすく書かれてある素晴らしい本。著者もニートからハーバード大という異色の経歴にも惹かれます。

全25件中 1 - 10件を表示

石川善樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
シーナ・アイエン...
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法はこんな本です

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法を本棚に登録しているひと

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法を本棚に「積読」で登録しているひと

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法の作品紹介

「つながり」についてこんな研究データがあります。

・「つながり」が少ないと死亡率が2倍
・お見舞いにきてくれる人の数で余命が変わる
・孤独は喫煙より身体に悪い
・作り笑いでも、寿命は2年延びる
・同僚があなたの寿命を左右する

「つながり」とは平たく言えば人間関係のこと。あなたの前に座っている同僚、しばらく連絡を取っていない中学校時代の同級生、犬の散歩の際に挨拶をかわす近所のおばあさん、故郷の両親、そしてあなたの配偶者・・・。

実はその「つながり」が、あなたを健康のために極めて大切な存在だったのです!

そう、言われてもすぐにピンとこないかもしれません。本書では、予防医学研究者の石川善樹が、国内外で行われた数多くの研究を例に挙げながら、健康にとっての「つながり」の重要性を面白く、わかりやすく解説していきます。

読後には、同僚や旧友や配偶者が、いままでとは全く違った存在に見えてくるはず。人生100年時代の“健康力”のカギを握るのは「つながり」に他ならないのです!

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法のKindle版

ツイートする