漫画 君たちはどう生きるか

  • 617人登録
  • 3.88評価
    • (27)
    • (40)
    • (31)
    • (4)
    • (0)
  • 47レビュー
著者 : 吉野源三郎
制作 : 羽賀翔一 
  • マガジンハウス (2017年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838729470

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
伊賀 泰代
恩田 陸
平野 啓一郎
瀧本 哲史
又吉 直樹
村田 沙耶香
スティーヴン・ガ...
川村 元気
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

漫画 君たちはどう生きるかの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 当たり前の事をどこまでもどこまでも追いかけて考えると、物事の大事な根っこの部分にぶつかり発見する。

    ありがとうの語源はありがたい。
    有難いは感謝すべきことやお礼をいうだけの価値があるということではなく、そうあることが難しいという意味がある。自分が受けている幸せが滅多にあることじゃないと思えばこそ、それに感謝する気持ちになる。

    悲しいことや辛い事に出会う事で僕たちは本来人間がどういうものであるか、ということを知れる

    これが正解とか、間違いとか人間の人生にはないけれど、物の考え方として知ってたら世界は違って見えるだろうなっていう事が書かれている

  • 原作を読んでないが、「漫画」という割にはひたすら文が続く箇所があり、リズムが悪く読みづらかった。内容に関してはこれと言って残るものもなく、むしろ長い前置きの部分が印象に残ってしまった(ナポレオンの生涯など)。
    子どもに読ませたかったが、小学生だと少し難しいかな。

  • 深いテーマで色々考えさせてくれる本。ただ、中高生で読みたい本だと感じた。原作の方が良いのかも、今度読んでみよう。

  • 身内に中学生くらいの子どもがいたらぜひ読ませたい。

    が、漫画ではあるが半分くらいは文章なので勉強嫌いの子どもには難しいかもしれない。

    立派な人間とはどのようなものか
    とりかえしのつかない失敗をしてしまった時、どうしたらいいのか自分で考えるように導いてある。

    おとなが読んでも難しい部分はあるが、言わんとすることはわかるので、社会の荒波にのまれそうな時や、人間関係に悩んだ時など読んでみるといいかもしれない。

  •  宮崎駿の映画化でも話題の、吉野源三郎作品のマンガ化。
    帯に33万部突破と書かれた話題作であるが、では実際にどういう世代に売れているのだろうか、と思ってみたりする。
     マガジンハウスのコンセプトとしては、やはり小中生をターゲットとしているように思われる。マンガのエピソードののちに、主人公コペル君が悩み葛藤する問題について、編集者の叔父さんがノートに考えるヒントを与えるような文章を書き、読者も主人公の立場になったつもりで読むことになる構成であるが、書いてある内容は真っ当であるが、幾分理屈っぽく、ああ宮崎駿が好きそうだなあという感じ。
     しかし、この時代に書かれた真っ当な新書が、今の時代にこれだけ必要とされるというのは、感情が劣化した現代ならではかという気もしなくもない。
     
     子どもが物事を自分で考えられるようになるためには、親でもない教師でもない第三の大人の存在が必要だというのはよくわかる。親や教師から、自分で考える力を学べる子どもは幸運である。古くはフーテンの寅さん、菊次郎の夏にも通じる世界観。子どもが「真っ当でないちょっと変な肉親」の影響を受けるというのは、なんかわかるな。小児科医だって、不登校の子どもたちに、そういう役割を担うことができれば、と思いながら日々の診療をしている部分だってあるんだな、と改めて思ってみたりする。

  • ベストセラーで売れているから、本屋で立ち読み。
    コペルニクスの地動説にちなんでの名づけられた男の子に、無職のおじさんが説教をするお話。
    「自分中心にものごとを見ない」

    人生哲学を物理や宇宙論のものさしで語る。
    今となってそれほど珍しい見かたではない。

    失礼ながら、絵があまりに下手で飛ばし読みしてしまった。
    原著にあたりたい。

    子どもという純粋な存在に立ちかえって、人生を考えるのはいいことだが抽象的すぎるかな、という気がしないでもない。

  • 漫画でない部分も多い。
    80年前に書かれたものとは思えないくらい、まんま現代でも、子供でなくて大人にもあてはまる。

  • 話題の本というだけでとりあえず購入。

    漫画版ということで気軽に手に取ったけれどこの読み応えはなるほど文芸書。

    軽く読もうとすると途中のナポレオンあたりで一瞬疲れるがそれを乗り越えると早い。

    本当、人間を良くするも悪くするも全ては考え方次第なのだよなぁ。

    80年前の作品といってもこういった内容は時代なんて関係ない。

    当たり前だけど忘れがちなことを思い出させてくれる一冊。

    もしこれを子供の時に読んでいたらどう感じたのか、少し気になるなぁ。

  • すっごい評判になってるとのことで読んでみたけど、今ひとつピンと来なかった。

  • 父を亡くしたコペル君と叔父さんやりとりを中心として
    どう生きるべきかを説いた本

    マンガ
    叔父さんからの手紙(ノート)
    の交互のやり取りでの構成

漫画 君たちはどう生きるかのKindle版

ツイートする