ハケンアニメ! (マガジンハウス文庫)

  • 376人登録
  • 4.31評価
    • (36)
    • (33)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 辻村深月
  • マガジンハウス (2017年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (622ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838771004

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハケンアニメ! (マガジンハウス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • またしても辻村深月にやられた。
    買ってしばらく置いておいたのに。
    よみ始めたら、瞬殺。

    第1章で、王子の描く『リデルライト』がもう観たくて観たくて。
    伝説のチヨダ・コーキ回なんて垂涎モノで。
    ああ、この空間が、王子に振り回されて覇権アニメなんてクソ喰らえだ!と痺れていたくなった

    のに、第2章!

    そんな『リデルライト』を見据える『サバク』のストーリーがまず、凄すぎません?
    辻村深月、ここで才能使って裏方描いて大丈夫なんか、と。衝撃すぎた。
    斎藤監督と行城さんのシビアコンビが、王子と有科コンビの対極を行くのに、この二人にはこの二人の良さがあって、ツライ。

    二つの最終回がきちんと書かれていたのも良かった。あああ。すごいな。
    そんな二作を上回るアノ作品が気になって仕方ないけれども。。。

    裏方のあり方をしっかり書いた小説としても、小説内のアニメを、観れるわけではないのに堪能する読み方をしても、どちらも楽しめる。

    あー。実写化しないかな。『リデルライト』と『サバク』。

  • 愛があふれている。登場人物たちの仕事への愛、作品への愛、そして作者の辻村深月さんのアニメへの愛が熱い。アニメ業界に限らず、どんな仕事にも通じる愛。うらやましくもあり、勇気づけられる。特に軍隊アリと公務員が好き。いい仕事は、自分も他人も助ける。

  • アニメ界のお話。業界に生きる人たちを凄くわかりやすく描かれてます。テーマがアニメなので、想像しやすく話しにスッと入っていく事が出来ました。アニメ業界で働くそれぞれ違った立場からの3人の視点を追ってボリュームたっぷりです。

  • この日々を後悔しない。
    自分で選んで自分で歩く。
    好きな道だからこそ。

  • 面白かったー。    
    王子と猛獣使いの話をもっと読みたかったが、まぁ他の話も面白かったのでよしとする。    
    アニメ好きの一人として、とても楽しめた小説でした。

  • アニメの製作現場の話。

    3組のアニメ関係者の話が最後で繋がる様子が爽快でした。
    有川浩さんの本を読んでるような気分になったけど、チヨダコーキが出てきたりするので辻村さんの本だなぁと思い直したりしました。

    続編が出たらまた読みたいです。

  • ★4.0
    プロデューサー、監督、アニメーター、様々な形でアニメに携わる女性を描いた1冊。改めて思うのは、ひとつの作品を世に送り出すためには、とてつもなく多くの人たちが関わっているということ。時に衝突することもあるけれど、それでも彼・彼女らの想いはたったひとつ。良いものを作りたい、ただそれだけ。作品の登場人物たちがあまりにも善人すぎる気はするものの、それぞれが自分の仕事に誇りを持ち、愛情を注げるのが心底羨ましい。それはそうと、「V.T.R.」を長く積読しているので、「スロウハイツの神様」とセットで読まねば。

  • 辻村作品との連携が相変わらず見事だった。
    内容的にはなんか無理やり恋愛に結びつけようとしてる感じが見えてしまいイマイチだけど、その点を除けば素晴らしい。
    働くことについて考えさせられる名作

  • 2017.11.12読了。

  • 誰もが知っているアニメくらいしか観てこなかった私には、へぇー!!の連続でした。

    一人の人が絵を描いている訳じゃないのかー。
    娘が産まれてから、某人気アニメを一緒に観るようになって、あれ、今日のこのキャラの絵がいつもと何となく違う!と思っていたのですが、その謎が解けました。

    今回の辻村作品はブラックな所がなく、含みがない分
    純粋に楽しめました。
    自分の仕事をこんなに愛せる人たちがいるのかと、素直に感動。
    ゼロから何かを生みだせる人は本当に凄い。
    そして生み出したものに骨組み立てて、命を作り上げていく人たちも凄い。
    作家さん方、いつもお世話になっております、と心から伝えたい。

ハケンアニメ! (マガジンハウス文庫)のKindle版

ハケンアニメ! (マガジンハウス文庫)の単行本

ツイートする