「私らしく」働くこと ~自分らしく生きる「仕事のカタチ」のつくり方~

  • 107人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (11)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 一田憲子
制作 : . 
  • マイナビ (2015年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839954987

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤まさこ
三浦 しをん
佐々木 圭一
又吉 直樹
川村 元気
川上 未映子
有効な右矢印 無効な右矢印

「私らしく」働くこと ~自分らしく生きる「仕事のカタチ」のつくり方~の感想・レビュー・書評

  • アラフォーからアラフィフの女性たちが、仕事について語っています。
    語っているのは、
    下記の方々です。(かっこいいねぇ…)
    ・CHECK & STRIPE(布屋さん)のオーナー
    ・蔦屋書店のコンシェルジュ
    ・広告代理店に勤務している人
    ・文筆家
    ・BEAMSに勤務している人
    ・出張料理人
    ・不動産屋に勤務している人
    ・ライター
    印象に残ったのは、
    「自分の頭で考え、心で感じたことを仕事の中に含めなければ決して楽しくはならない」
    「自分の仕事にひとさじ加える」
    「大きな仕事をしている人は、自分の力を小さくして周りの力を活かしている」

  • 暮らしの情報誌などで活躍するライター・一田憲子さんがさまざまな分野で、「自分らしく」働く女性を取材したエッセイ集。
    「“好き”を仕事にする」という命題は、胸の奥に情熱をしまいこんだ会社員の永遠のテーマだと思います。出版社で編集長を務めあげ、現在は蔦谷書店で働く女性や、話題の生地専門店を立ち上げた女性などが登場します。面白いのは、決して全員がガツガツしたビジネス思考を持っているわけではないところです。彼女らのバックグラウンドを楽しく読むには申し分ないですが、「好きを仕事にするためには」「会社員という“安定”から外れる勇気を持つには」という最も気になる部分は解決せずでした。

  • 先日、友達のFBで紹介されていて、ビビッときて
    数日後に購入した本
    やっぱり面白くて、すぐに読み終わってしまった(笑)
    写真もたくさんだし、サクサクと読めてしまうんだけど
    結構深いよぉぉ~
    一田さんと私が気が合うのか、付箋だらけとなってしまいました(笑)

    付箋部分をご紹介します

    ・どんなにちっぽけで、取るに足りないと思っても
     自分の頭で考え、心で感じたことを
     仕事の中に含めなければ
     その仕事は決して楽しくならない・・・(p4)

    ・ともすれば、多くの人は「みんな」のことではなく、「自分」のことを考える(p15)

    ・「自分に自信がないから、失敗したって当たり前。プライドがないから、間違えたって平気」(p21)

    ・好奇心×行動力。
     その心と体の回路がシンプルであればあるほど、人はストレスなく自分の力を発揮できるのかなと思う(p29)

    ・自分にとって、その仕事がどんな意味を持つのか、どんな存在になっていくのか。それを知っていく過程こそ
     働く楽しさのような気がする(p31)

    ・もしかしたら、楽しく仕事をするためには、本当にやりたいこと=A面より、できればやりたくないこと=B面
     とどう向き合うかが大事なのかもしれない(p32)

    ・「出さない」力は、評価を受けることなく死んでいく(p37)

    ・「この仕事だから面白い」のではなくて、どんな仕事でも、その「やり方」によって面白くなるんだって(p38)

    ・周りにいる人に愛される、ということはとても大事だ(p52)

    ・「努力は夢中に勝てない」(p57)

    ・何もかもを犠牲にして働くのが「いい仕事」ではない(p64)

    ・自分が感動する心を持たなければ感動を与えられないと思っています(p66)

    ・わけがわからなくても、とりあえず行動を起こす、というのは大事なことだと思う(p72)

    ・「まだまだ」とは、裏返せば「これが自分の力すべてではありませんよ」というエクスキューズだ(p74)

    ・同じ作業の中にも必ず変化はあります(p80)

    ・人は「決断する」ことで力を得るのだなあと思う(p83)

    ・自分らしさを探すことは、長所も短所も自分を丸ごと肯定することなのかもしれない(p102)

    ・けれど足し算だけでは、進歩の幅に限界がある。それが大きく飛躍するのが、きっと掛け算を覚えたとき
     なのだと思う(p105)

    ・どんな仕事でも、そこに「私事」を入れたとたんに血が通い始める(p131)

    ・どんな仕事でも、必要なのはきっと「想像力」なので(p136)

全4件中 1 - 4件を表示

「私らしく」働くこと ~自分らしく生きる「仕事のカタチ」のつくり方~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「私らしく」働くこと ~自分らしく生きる「仕事のカタチ」のつくり方~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「私らしく」働くこと ~自分らしく生きる「仕事のカタチ」のつくり方~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「私らしく」働くこと ~自分らしく生きる「仕事のカタチ」のつくり方~の作品紹介

「生き生きと働くためにはどうすればよいのだろう?」

『暮らしのおへそ』『大人になったら着たい服』(主婦と生活社)の
ライター・一田憲子さんによる、「自分らしく働く」をテーマにしたエッセイ集。

仕事に漠然とした不安を抱える人、これからの働き方を模索したい人など、
生き生きと働くためのヒントが詰まった一冊です。7人の女性の仕事の話を収録。

・主婦からのスタート。自分の仕事を見つけるための最初の一歩は?
 CHECK&STRIPEオーナー/在田佳代子さん

・人生の後半で仕事の第2ステージの見つけ方は?
 蔦屋書店勤務/勝屋なつみさん

・仕事と家事と子育てを機嫌よく両立させるには?
 BEAMS勤務/中田順子さん

・「好き」を仕事にするためにはいくらかかる?
 出張料理人/後藤しおりさん

・会社に勤めながら自分だけの仕事を始めるには?
 広告代理店勤務&tonton&tokotoko主宰/葉山万里子さん 

・「誰でもできる」から「私にしかできない」仕事へシフトするには?”
 文筆家/小川奈緒さん
 
・ずっと飽きずにひとつの仕事を進化させ続けるには?
 リベスト勤務/山田妙子さん

・私の働き方
 編集者・ライター/一田憲子

「私らしく」働くこと ~自分らしく生きる「仕事のカタチ」のつくり方~はこんな本です

「私らしく」働くこと ~自分らしく生きる「仕事のカタチ」のつくり方~のKindle版

ツイートする