ブクログ大賞

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)

  • 1166人登録
  • 3.42評価
    • (67)
    • (146)
    • (216)
    • (52)
    • (11)
  • 228レビュー
  • メディアファクトリー (2009年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840128674

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
中村 明日美子
村上 春樹
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)の感想・レビュー・書評

  • この小説を読むほとんどの人が元の「トーマの心臓」を読んでいると思うから、ハードルはとても高くなってしまうのがこの小説の悲しいところ(しょうがないとも言えるけど)。
    「トーマの心臓」という世界が全て文字で表されている分より詳しく登場人物の心情が知れたり、世界観をより深く堪能できたのは良かったかな。

    漫画「トーマの心臓」は、トーマの死を巡るユリスモールの葛藤と成長が軸となっているけど、小説「トーマの心臓」はそれを見つめるオスカーやエーリクの葛藤と成長であり、学校での青春の1ページであり、子どもから大人への成長の記録でもある。

    あまりにも伝説過ぎる漫画と比べてしまうから評価もまちまちになるのかもしれないけど、私は読んで良かったなと思った。あくまで別の作品だと割り切れて、「トーマの心臓」の世界をもっと深く掘り下げたい方におすすめ。

  • 文体は美しい。女々しいホモばかり出てきて気持ち悪い。

  • 死んだ下級生とそっくりな転校生。ルームメイトとぼくの関係。
    児童文学よんだあとのような気分。
    C0093

  • 原作を学生の頃に繰り返し読み、その魅力に取りつかれました。大人になって間をおいていたのもあり、森さんの小説版も十分に楽しめました。萩尾望都は1頁で多くを表現できる類まれな漫画家で、私もトーマの心臓のコマの中に多くの想像を逞して、自分だけの物語にしています。今回森さんの作品への想いと洞察、表現を受け取ることによって、違う角度から『トーマの心臓』を補完できた気がします。ある意味新鮮で、ある意味懐かしく、良い読書体験でした。面白かった。また原作を再読して、新しい情報を整理したいです。

  • 漫画と小説でけっこう受ける印象違うんだなぁ。漫画のノベライズはそんなに珍しくありませんが、こうもあちこち弄って、でも漂う雰囲気を変えずにすむのは、すごいことなのではないだろうかとしみじみ……ふつうどっちも好きになれることってあんまりなくないですか??

  • 僕にできるかどうかわかりませんけれど、彼のことを理解したいのです。

    理解したいのは、君の欲望だ。彼がそれを望んでいるかどうか、わからないじゃないか。理解したい、助けてやりたい、そういう気持ちはわかる。しかし、よく考えてごらん。それを望んでいるのは、すべて君個人なんだ。君のエゴなんだ。理解しあいたいのはわかるけれど、なにもかもを知ることが、本当に理解だろうか。

    彼が受けた仕打ちのどこまでを、彼は自分の口から言葉として出すことができただろう?想像してごらん。言えるか?心に受けたものまで、すべてを話せるものか?肉体的なこと、外見上何があったのか、というだけではわからない。傷口を見ても、傷の痛みはわからないんだ。そんなものが、言葉になると思うかい?言葉を聞いたところで、知ったことになるのか?理解したいと君は言ったが、理解なんてできるはすがないじゃないか。

  • なんだか、のらりくらりで・・・
    モヤモヤだけ残った

  • 寮生活をする男子校。日本国内なのに外国人みたいなあだ名で呼び合っているのが面白い。
    友人の死、母の死等々、嫌いだといいつつも、友の痛みを分かち合い、また告白することで心を整理し乗り越える。
    青春だなあ・・・。

  • 原作漫画は読んだことがないのだけど、名前はよく聞く作品を。本作の大ファンの森博嗣が名作をノベライズ。BLの元祖だとかいう話を聞くけど、思ったより嫌悪感はなかった。外国の小説を読んでるみたいだった。2013/024

  • オスカー語りの「トーマの心臓」。森博嗣版。
    自分のことやユーリやエーリクや周囲のこと、そこから少し離れたエピソードもあり、原作の補完のように読んだ。
    みんな本当にいい子たちばかりで、いろいろあるけど、それぞれ形は違うけど、幸せだよね。

    でも場所が日本て…文章でイラストも望都さんだからマンガのイメージで普通に読めたけど、日本人だとしたらどうなのよこれ…。

    昔から何度も読んできたものの、少年愛というジャンルはまだよくわからない。でも森さん風味でそこは多少薄まってはいた。

    途中からコミックス(文庫版)読みながら読んだら微妙に違ってて頭ごちゃごちゃしてきた。

    追記。校医がマリア先生って女性になってたのはやはり森さん風味だね。女っ気ないからなぁ。母親の年齢の人しか出てないとか。

  • 原作がある作品だとは思っていませんでした。
    マンガが原作だそうですが、そちらを知らないので原作に対してどうかという感想は言えません。
    ただ、森氏の作品としては雰囲気が違うな、という感じはありました。

    全体の雰囲気としては恩田女史の『麦の海に沈む果実』に似ている印象を受けました。
    話の内容ではなく、あくまでも作品の雰囲気が。

    どことなく切ない作品でした。

  • ミステリーなのかホラーなのかわならなかったけど、それを期待しつつ読んだ。先が気になったが、期待しすぎたのか、え、そんだけ?となっちゃった。でも面白いとは思ったし、原作も気になる。男子高校生を美化しすぎだろ!とも思いました。笑

  • 原作の漫画は未読。
    多感な少年の、ちょっとした心の動き。普通だったら見逃してしまいそうなそれを、きちんと「言葉」という形で落としこんでいる点が凄いなと思った。

  • 原作が好きだったのでこちらも。

    透き通るような世界観。
    端的ですっと心に落ちてくるような文章もとても心地よかったです。
    賛否両論あるようですが、ユーリの秘密を最後までぼかしたままだったことも、作品を美しいままにさせた一因のように私は思いました。

    ただ、なぜ舞台を日本にしてしまったのか...。
    正直日本であることが物語に影響を与えたようには感じる場面はなかったし、原作通りでよかったような。

  • 萩尾望都の原作の、戦前日本パラレル。それに伴ってか、具体的・表面的なエピソードはけっこう替えられたり削られたりしている(例えばキスするシーンはひとつもない)けれど、コレジャナイ感は無く読めた。
    「あの好きなシーンが無い」とかはあったけれど。
    森博嗣はまぁまぁ好き、原作大好きで読んで、満足。森博嗣らしさにアレルギーが無いなら読んで損は無いと思う。逆に原作未読でこれ読んでどう思うかは、不安かも。

    パラレル化で、良い意味で生々しいというか、心の痛みに、ドキッとするリアルがあるように思った。

    オスカーの一人称で語られていて、原作のオスカー→ユーリの気持ちが補完された感じ。逆に、トーマとユーリの話はあまりピックアップはされていない。解のひとつを示されて、原作の世界が深まった/広まったように思う。

    こちらのオスカーは、トーマの遺書を読まないから、トーマを考えるぶんもユーリを考えてるのかもなぁ。

  • 2014年1月西宮図書館

  • 原作は未読でしたが読んでみました。
    全体的にきれいな雰囲気。耽美で輝いて見えました。少年たちの悩みや葛藤が羨ましい。森博嗣先生の作品も、萩尾望都先生の作品もどちらも読んだことがないので、どちらの雰囲気に近い作品なのかは全然わかりませんが、森先生も萩尾先生の作品ももっと読んでみたくなりました。

  • 原作と何が違っているとかは些末な問題だと思う。

    かかれている感情の透明さは変わらない。

    エーリクは練ちゃんみたいだった。

    ユーリもオスカーもエーリクも、みんな幸せであってほしい。

  • この本が出たころ私はちょうど野田秀樹の『半神』にはまっていて、その流れでこの本も借りた気がする。高いからという理由で文庫版?ノベライズ版?のほうを買ってしまったんだけれど今思えばブックオフでこの表紙を買えばよかった。
    森博嗣さんのことがよく分かっていないので、原作の雰囲気をどう変えているかがうまく言葉に出来ない。数学的な静謐さ?

    参考 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%8D%9A%E5%97%A3

  • 萩尾望都の名作中の名作。小説化には賛否両論だろうけど、私的にはぐっと来ました。秀作。舞台はドイツから日本へ。そしてオスカー目線で語られますが、秋の夜長にぴったりな一冊です。(^^)

  • 原作に触れぬままこの小説を読んだ。
    とりあえず、原作の興味を惹くように書かれた小説に感じられた。
    だからと言って、その静謐な森イズムは失われてはいない。
    (逆に言えば、萩尾望都の影響があるといえるのかも知れないが)

    原作と未接触のまま結論を出すのは早急かもしれない。
    しかし、極めて純度の高い二次創作であることは間違いだろう。

  • ――「もっと学べば、もっと先のことが見えてくるだろう。人間に考えられないものなんて、なにひとつない。考えられない、わからないものがあるとしたら、それは、考えようとしないだけの話だ。わかろうとしないだけのことだ。覚えておくといい」‥‥ワーグナ教授の言葉が突き刺さった!原作未読。そしてトーマが死んだ理由がよくわからない;読解力不足。何回か読み直そうと思った

  • カバーの絵に惹かれて、読み始めた。萩尾望都の原作は未読。
    あの世界観が原作のものなのか、この筆者が紡ぎ出したものなのか、判らないが、とても良かった。
    そしてこの本を読んで萩尾望都の漫画を読みたくなったし、この筆者の文章にとても心が和んだ。素敵なコラボレーションだった。

全228件中 1 - 25件を表示

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)はこんな本です

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)の新書

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)のKindle版

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)の文庫

ツイートする