ブクログ大賞

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)

  • 2323人登録
  • 3.36評価
    • (100)
    • (303)
    • (440)
    • (105)
    • (25)
  • 464レビュー
著者 : 恩田陸
  • メディアファクトリー (2010年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840131650

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 丘の上に建つ一軒の古びた家。アップルパイの焼きあがる香りが満ちたキッチンで姉妹が殺しあった記憶を持つ家。 長い歴史の全てを記憶した家に満ちるのは、冷ややかで静かな謎。
    一編づつ読み進めパズルのピースをはめる様に、家が持つ記憶を辿っていく。古びたモノが持つ独特の今は亡き過去の住人が残した生活の跡にはホラーの様に
    ゾクッと夏の暑い日にピッタリな一冊。
    ヴィンテージとかアンティークとか何故か心惹かれるし大好きなんだけど元の持ち主が生きているのか死んでいるのかでモノが持つ空気って変わるよなー。
    元の持ち主が死者だったら念まで入ってそうだもんな…

  • 幽霊と折り合いつけて、家の修復する人の話がよかった。

  • ホラーです。不気味です。ただ筋が一本通っているのでその点は安心できます。

  • 最近、手に汗握るものばかり読んでいたせいか、とても素敵な装丁とホッコリな語り口に癒されました。あ、でも一つ一つの内容は、意外と凄惨な幽霊屋敷ものでもあります。同じ幽霊屋敷で起こった連作集で、個人的には『俺と彼らと彼女たち』が好きです。こちは出版当時に装丁に一目惚れして購入し、長年積読状態でしたが、装丁からの流れではありましたが、恩田陸さんの作品を手に取ることができて良かったです。これを機会に恩田さんの他のものも読んでみようと思いました。

  • 配置場所:広呉図書1F
    資料ID:93097191
    請求記号:913.6||O

  • どんな展開が待っているのかドキドキしながら読みました。

    恐ろしい話だったけど、さくっと読めます。

    「俺と彼らと彼女たち」はちょっとユーモラスでした。

  • 初めての恩田陸さん。
    ブクログで文庫が出たというのを見て、ホラーともあったので図書館から借りてみた。
    実は学生時代、恩田陸さんに一度挑戦して挫折したことがあるのだけれど、この作品は全くそんなことはなく世界にふっと引き込まれるように読めた。
    そして、不思議なことについ昨日読んだばかりの「すきまのおともだちたち/江國香織著」にも通じるような、夢現のような、そんなお話。
    幽霊屋敷を舞台に、様々な人たち視点から語られる、奇妙な思い出。
    「俺と彼らと彼女たち」という章がさっぱりとしていて好きです。
    生者と死者、本当に怖いのはどちらか。
    あけすけな語り口調で綴られる思い出話に、怪談話のはずが何故か心がスカッとしたのでした。
    タイトルの「何も起こらない」という部分がなおさら奇妙さを醸し出していて、終章「私の家へようこそ」の共鳴してしまっている、浸りかけているからこその何も起こらない、であればこそ、怖さを感じる。

  • 【つぶやきブックレビュー】文学賞が発表されましたね。直木賞の恩田氏著作から・・・

  • 「何も起こらない」ということは、何かが起こるということをかえって強調させ、恐怖をあおる。デジャ・ビュって幽霊のことなんじゃないかって言葉がおもしろい。私たちは、皆、いつかは死に、記憶として積み重なっていく。恩田さんは、こんなホラーみたいな小説も書いているんだと新たな発見。

  • 装丁とタイトルに惹かれて。連作短編集で、中にはややショッキングな場面があったものの、あまり気にせず読むことが出来た。少し明るいホラーものといった感じ。だけど私の理解不足のせいか結局腑に落ちない話もあった。が、そのもやもやする後味も含めてこの本の魅力というか何というか。今まで恩田陸さんの作品は「夜のピクニック」しか読んだことがなかったため、こういう作風の本も書かれるんだなと印象が少し変わった。

  • まず装丁からして素敵。
    中身は幽霊屋敷のお話。

    台所でアップルパイを焼いてジャガイモの皮をむきながら包丁で殺し合った姉妹。

    酷い環境から屋敷に連れられてきて、優しくされたのに最後は食べられてしまい、瓶詰になって地下食糧庫に保管された子供たち。

    連続で老人をオーブンに頭を突っ込んで殺し、屋敷の床下で首を切って失血死した美少年。

    ウサギの穴に足を取られ、転んだ怪我が元で死んでしまったのにそれに気がつかない夫人。

    そして最後に語られます。
    人の死んでいない土地などあるだろうか?どこにでも死者はいる。でも死者は優しい。怖いのは生きている人間だ。

  • 俺と彼らと彼女たち
    がいちばん面白かった

  • 緩やかな連作って好き。
    …しかし、薄気味悪い。
    こ~ゆ~禍々しさって、恩田陸らしい。

  • ひさしぶりの恩田陸さん。

    恩田さんは、常野物語シリーズがとても好き。読んだのは随分前なので話自体はあまり覚えていないんだけれど、今回はそれを読んだときと似たような不気味さを味わった。どことなく物悲しくてとても静かな。セピア色の中に、血の色など所々色鮮やかなものが混ざり込む感じ。わたし好みの本だった。

  • 同作家の「ネクロポリス」の雰囲気が大好きだったので。こちらも短いが、矢張り雰囲気が好きだった。「アップルパイが焼けるキッチンで殺しあった姉妹・近所から攫ってきた子を解体して主人に食べさせていた料理女・床下の動かない少女の傍で自殺した殺人鬼の美少年…。」ある家の儚い怪談記。

  • 2012.6図書館本。
    ・私の家では何も起こらない
    ・私は風の音に耳を澄ます
    ・我々は失敗しつつある
    ・あたしたちは互いの影を踏む
    ・僕の可愛いお気に入り
    ・奴らは夜に這ってくる
    ・素敵なあなた
    ・俺と彼らと彼女たち
    ・私の家へようこそ
    ・付記・われらの時代
    全10話。

    連作だけど不連続。時系列はバラバラだけど共通した話。分類としてはホラーなのだろうが「私の家へようこそ」を読むと、なぜかホラー感がなくなる。ああ、そうだねえ、そう言われればそうかも。と思ってしまったから。書き下ろしの「付記~」が意味不明。

  • 初恩田睦さん。
    ホラーと知らずに借りてきたけれど、夏の終わりのいい時期に読めたと思います。

    一つの幽霊屋敷を舞台にした、そこに住む様々な人の物語。
    女性が子供を殺して仕える主人に食べさせていた話が好き。オチは読めてるんだけど、あえてすでに殺された少女の目線から描いているのが面白い。彼女にとって女性は母よりもよっぽどやさしい神様のような人だったから、それでよかった、っていうのがぞわりとしてとても良い。

  • 表紙とタイトルに惹かれたので読んでみたら、まさかの「幽」だった。まさに暑過ぎる午後にはうってつけ。
    幽霊屋敷で起こった不可解な出来事をそれぞれ一人称でなぞっていく形式。家と人間。不気味な話が続くのに、生活の軸になる空間の描写はとてもあたたかい。

    『この世に幽霊屋敷じゃない屋敷なんてあるのかしらって。』

  • 丘の上の小さなお屋敷を舞台にした、不思議で怖いお話。短編連作集になっていて、お屋敷で起きた不可思議な事件を章ごとに様々な登場人物の目線から描いています。一口で言えばホラーですが、オカルト的な怖さというよりは、生きている人間の怖さを強く感じます。淡々とした筆致ながら、どこか暖かさや切なさが漂う作品だと思います。

    一番好きなお話は、「俺と彼らと彼女たち」。人と幽霊の静かな共存関係が素敵です。

  • 小さな丘の上に建つ二階建ての古い屋敷。
    その屋敷では、過去にさまざまな事件が起こっていた。
    いわくつきの屋敷を舞台に語られるのは、その屋敷が持つ記憶の数々―。

    ジャンルとしてはホラーなんだけれど、どこかもの悲しくて、淋しい。
    その屋敷のハッピー?エンドな感じの「俺と彼らと彼女たち」が好き。


    収録作品:私の家では何も起こらない 私は風の音に耳を澄ます 我々は失敗しつつある あたしたちは互いの影を踏む 僕の可愛いお気に入り 奴らは夜に這ってくる 素敵なあなた 俺と彼らと彼女たち 私の家にようこそ 附記・われらの時代

  • 昼食前に読んでしまった。日が傾いてから読めばもっと雰囲気でたな。失敗した。

  • グロいけど不思議と引き込まれる。
    大工さんと作家先生すごいな。

  • 一応ホラーなのに童話みたいなメルヘンチックさがある不思議な本

全464件中 1 - 25件を表示

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)に関連するまとめ

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)を本棚に登録しているひと

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)の文庫

ツイートする