好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)

  • 1244人登録
  • 3.06評価
    • (17)
    • (76)
    • (187)
    • (66)
    • (12)
  • 151レビュー
  • メディアファクトリー (2010年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840132367

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)の感想・レビュー・書評

  • 何でこんなタイトルの本を借りてしまったんだろう。借りたときは恋の予感でご機嫌やったのか…今はひたすら胸が痛いけど、一度借りたものを読まないのは読書道に反するから読む。

    双子の兄の婚約者に惹かれる弟、社内不倫、ずっと一緒にいる同性の親友への気持ち、愛娘が溺愛するアニメの作者へ嫉妬する売れない漫画家の父、新入社員を狙う社長、とげ抜き名人、言えなかった告白と突然の訃報…

    紺野キリフキさんの「とげ抜き師」と宮木あや子さんの「はじめてのお葬式」が良かった。この二作は星4つ。他は正直微妙…

    私も今とげ抜きが必要かな…大きいのが根深く生えてしまっているかも。それでも、好きだった彼をいきなり亡くした鳥居よりはいい。

  • 有川さんと、宮木さんは突出してたかなーって印象。

  • 『タマママーンを探して』が1番すき。
    まさに、タイトル『好き、だった』ってそのもの。イイね。
    『いっせーのー、ぶたーーーー。』
    スッキリ爽快^_−☆
    広く捉えたら、これもまた『失恋』か?
    テーマに読み手が縛られると、つまんなくなっちゃうかもしれないけど。
    ライトノベルらしい作品ばかりで、楽しかったです。
    朝倉かすみさんの『ノベライズ』の『それでもいい』と『そんなのいい』のこだわり、私は好き。
    朝倉さんらしい、どこか他人事のような距離感は好き。
    ラノベに難しいこと求めません。
    清々しさと爽快感があればそれで私は満足です。
    その点では、有川浩さんのはちょっと足りないかな。有川ファンなだけに。宮木あや子さんの話はザンネンながら『セレモニー黒真珠』読んじゃったから既読だし。
    アンソロジーに載せた作品は載せたらダメだよー。読んでない作家さんに興味があって作者買いする人ががっかりしちゃうじゃん。まあ、人気作家さんにつられ買いする私としては、石原まこちんさんと出会わせて貰えたので、文句言えませんけど;^_^A

  • すんなり読める、短編集。

    「そんなの構わない」というフレーズと、『はじめてのお葬式』の話が好き。

  • それぞれの作者さんの小説の1章をまとめた小説。読んだことあるのがあった。

  • 豪華な作家陣だったけど、いまひとつピンと来ず。短いから読めたかなー。

  • 有川浩●自分と双子の兄を見分けられる、兄の婚約者を好きになってしまった…。
    朝倉かすみ●よくできた小説みたいな、そんな恋はしたくなかった。彼に妻がいたって、そんなことは構わない。
    梨屋アリエ●生まれてすぐ、そして女子高生になった今でも、彼女とずっと一緒にいる。彼女との間に距離が出来るから、雨は嫌いだ。
    石原まこちん●食わせてくれる妻に頭の上がらない売れない漫画家と、アニメヒーロー「タマママーン」が大好きな娘。
    吉野万理子●どんな年齢の女も、考えることがコワイ。そして世間狭い。
    紺野キリフキ●草津の湯でも治せない、みたいな。
    宮木あや子●好きな男の子が引っ越し先で車に轢かれて死んでしまった…。パズーのトランペット。

    有川さんと宮木さんが好きで。

  • 宮木あや子さんの小説が目当てで読みました。
    『セレモニー黒真珠』で取り扱われていた小説の裏側(表側?)が描かれていて良かったです。
    が、他の小説の出来がどうも…。
    特に漫画家さんが書いている小説は、文章として読むのが苦痛でした。

  • マリン・ロマンティストが40代後半男性の心情を〜とかいうレビューがあったので読んでみましたが、思った感じと違いました。
    宮木さんスキーなのでそこで帳消しかな。

  • 有川浩『失恋の演算』
    「自分」を見分けてくれる人への願望であって、本物の恋じゃないかも。双子であるがゆえのせつない片想い。
    宮木あや子『はじめてのお葬式』
    転校してすぐに事故死した同級生。淡い思いを寄せていた彼との永遠の別れ。せつないけど前を向いて歩こう。
    後の話はいまひとつかな。朝倉かすみはやっぱり合わない。

  • さらさら読めました。派生して色々読もうと思いました。

  • 失恋を描く七つの短編集。透明で、指で触れればすうっと消えてしまいそうなお話揃い。尺の短さから想いの熟成過程があっさりめで、恋に恋するような初々しさを多分に含んでおり、どろどろしていないところが好き。雑感は以下に。(カズハ)

    ・失恋の演算(有川浩)
    渇望と恋愛を取り違えてしまう主人公がいたわしい。個人としての彼女を好きになった兄と、理想を叶えてくれる女性という概念をただ求めている主人公とでは根本から違う。例え手に入ってもうまくはいかないだろうし、誰のためにも、手に入らなくて良かったのだろう。
    結婚式での兄夫婦の行動は、優しさの形をした思い上がりではなかったか。それこそ「譲れない」とはっきり伝えるだけの、「本当の優しさ」が彼らにあったなら。同じ最適解に辿り着くのでも、その解き筋はもっと温かで、明瞭に主人公を導いてくれたのではないかと思う。

    ・マリン・ロマンティスト(吉野真理子)
    "違うんだ、それは君が「オヤジなんかじゃない」と否定してくれることが前提だったんだ。まさか全肯定されるなんて思いもしなかったよ。男に言っちゃいけないよ。人間としてかっこいいなんて。本当に虚しい褒め言葉なんだ。"

    覚えておかなきゃ。四十後半の男性の胸中はこんなにも繊細だということを。

    ・はじめてのお葬式(宮木あや子)
    "鳩が飛んだ。そのうちの一羽だけが白く、高く、とても高くまで飛んでゆく様子を、私はトランペットを吹きながら眺めた。"

    トランペット、鳩、笑顔の素敵な野球部のあいつ。きゅんとくる要素目白押しのそこへしれっとぶっこまれる「笑点」。河原で笑点をエンドレス演奏するトランペット吹きの中学生女子……。失恋の仕方が重いけれど、いまどきの中学生の心情や空気感が伝わってきて好き。

  • 秋ですね。「はじめての失恋、七つの話」と言うサブタイトルがある通り、短編集です。私は有川浩さんの双子の切ない兄弟の話が良かったな。
    五つ目の「マリン・ロマンティスト」は、大人の昔の恋バナ。男としてじゃなく、人間としてかっこいい人、良いです。
    「はじめてのお葬式」は中学生の失恋。野球部の村崎と吹奏楽部の私。想像以上の展開が良かった。

  • 最後の話radのうたに似てた

  • 有川さんが入ってたので買ったシリーズ。

    悲恋物になるのかな?

  • 旅のお供に。失恋にまつわるアンソロジー。有川浩が入ってたので借りた。すぐ読めそうだったし。有川浩以外には宮木あや子以外は初。そして初の人達は正直短編としてまとまってないというか。作りが荒い。でも紺野キリフキのは好きな感じ。まとまって本になってるそうだから読もう。何かちょっと怖かったけど。あと、これも失恋のくくりなのか、と思うけど。宮木あや子のも本になってるそうだから読もう。こっちは分かりやすくて害がない感じ。中学生向けみたいな話だった。しかし、思った以上にすかすかな本で、あっという間に読めた。

  • 有川浩「失恋の演算」
    どう頑張っても絶対無理な相手への片思いの話。
    演算の部分はちょっと苦しいと思ったけど、まあ付け足し程度なので。

    宮木あや子「はじめてのお葬式」
    周りの大人がしっかりしていた良かった。
    これも絶対にかなわない想いでせつなくていい。

  • 紺野キリフキさんのだけ読んだ。やっぱり独特で、好き。

  • 失恋の演算 有川浩
    ノベライズ 朝倉かすみ
    Fleecy Love. 梨屋アリエ
    タマママーンを探して 石原まこちん
    マリン・ロマンティスト 吉野万里子
    とげ抜き師 紺野キリフキ
    はじめてのお葬式 宮木あや

  • 有川浩と宮木あや子の話が良かった。
    真ん中の方は。。。あまり覚えていません。すぐ忘れてしまう。

  • 有川さんのは、双子の兄の婚約者を好きになる話。結婚式でのふたりの優しさ、すこしつらく切なく感じました。

  • 7つの短編集。


    “失恋”とありますが、一般的な恋ばかりではなく。

    これは、恋っていうのかなっていうような作品のが多かったような。

    いろんな形があり、思っていたのとは少し違いました。

  • 素直に感動するには、自分は年を取りすぎた(泣)。

  • 有川浩のが好きだった。
    バラエティ豊かな構成で、最後の宮木あや子のはじめてのお葬式はシリーズを読みたい。

全151件中 1 - 25件を表示

好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)に関連する談話室の質問

好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に「積読」で登録しているひと

好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)はこんな本です

ツイートする