文庫 セレモニー黒真珠 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

  • 532人登録
  • 3.94評価
    • (57)
    • (91)
    • (55)
    • (6)
    • (1)
  • 85レビュー
著者 : 宮木あや子
制作 : ワカマツ カオリ 
  • メディアファクトリー (2011年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840142816

文庫 セレモニー黒真珠 (MF文庫ダ・ヴィンチ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年1月18日読了。セレモニー黒真珠は出てくる人のサバサバ感が好きで、再読です。この話って主人公がはっきりしてないなと思う。主人公が笹島なのか木崎なのか妹尾なのか、この味の濃い三人が入混ざってていい雰囲気の本に仕上がってます。そして社長がいいキャラ出してくれてる。葬儀屋にそんなに興味がなかったのに、真剣一発勝負のプロ意識の高い仕事なんやなと感心しました。続編がないのがほんとざんねんなところ。もう一冊ぐらい出てくれたらええのになぁ。

  • セレモニー黒真珠という葬儀屋で働くのは、仕事ができる、老け顔のアラサー・笹島、霊の声が聞けるメガネ男子・木崎、アルバイトから社員になった新人・妹尾。
    3人を中心に綴られる、連作短編集。

    故人とのお別れの儀式を手際よく準備する彼らだが、身近な死にまつわるトラブルに巻き込まれたり…それでも暖かく見送る彼らのプロの姿勢に感動。
    誰もを魅了する姿勢や所作の美しさを保つ笹島も、笹島に惚れて守ろうとする木崎も、カッコいい!!
    そしてさりげなく(?)登場するセレモニー黒真珠の社長もカッコいい!!

    校閲ガールに通じる雰囲気を醸し出す、お仕事小説。
    読んだら「明日からもしっかり仕事をしよう」と思えてくる。

  • 小さな町の葬儀屋“セレモニー黒真珠”に勤務する3人の物語を連作で。

    アラサーなのに42歳ぐらいに見える、所作が美しい女性社員・笹島。幼い頃から葬儀屋に就職するのが夢だったイケメンのメガネ男子・木崎。訳ありのハケン女子・妹尾という面々の、葬儀屋を舞台にしたラブコメで異色。昔ブイブイ言わせていた社長も頼もしく、さくさく読めて痛快爽快。

  • 少し前、電車で目の前に座った地味な女性が集中して読んでいて、表紙が印象的だったので探した。
    登場人物が魅力的。
    読んでよかった。

  • 町の小さな葬儀屋「セレモニー黒真珠」。そこで働く男女たちと、彼女たちとかかわり合う人々とのおかしくも哀しくもあるエピソードを連ねた連作短編集です。

    ざくざくとしたさっぱりした筆致で、語り慣れた男女のあれこれとともに葬儀という場であらわになる人の本性や企みを描いていきます。

    さっぱりとした描写や表現ながら書かれている内容はけっこうエグく、容赦がないと感じる部分もあります。「白真珠」の元恋人の一言はひどすぎる…。

    けれどどんな醜悪な人間の姿を見ていても、しゃきしゃき働く黒真珠の面々を見ていれば、人生捨てたものじゃないかも?と思わせてくれる、前向きさを得ることができます。

    さくっと楽しめた一編でした。作者のコミカル路線はこのくらいが私にはちょうどいいかなと思いました。

  • 2014.05.01読了。ワカマツさんのイラストだったので購入。宮木さん初読みだったのと、「お葬式」というお話にどんなんだろうと思いながら読みました。読む前と読んでいる途中と読んだ後では全く違う気がします。お話は「セレモニー黒真珠」で働く少し年上に見えるがまだ20代のしっかり者の笹島。その後輩でメガネ男子の木崎。風俗で働いていた過去を持つ派遣女子の妹尾。女性2人の切ない過去と木崎の現在進行形の恋を含め6作品があります。プッと笑ったりホロリとしたり読んで良かった本です。木崎に惚れちゃいました。あ、社長のゴローさんはとても良い人です。

  • 基本的には面白かったです。文章自体はとても巧いひとだと思うし。ただ恋愛要素がやや唐突だったかな?つきあってもない女性にいきなりプロポーズはちょっとビックリ。あと最近流行りのこのテのイラストレーターの表紙とかってラノベ系読者の受けは良いのだろうけど(私も嫌いじゃなかったけど)さすがにそろそろ食傷気味かなあ。ていうか、29才だけど40代にしか見えないヒロイン、22才だけど30代にしか見えないその後輩、という女性陣を、どっから見ても10代美少女にしか見えないイラストにしちゃうのはどうかと思う(苦笑)。

  • 単行本が発売されたとき、バカ売れではないけど、地味に且つコンスタントに売れ続けており、当時書店勤めをしていた私にとって、ものすごく気になる存在の本であった。
    宮木作品の中でも評判もよく、読んだら間違いなく面白いと思えるんだろう。そうはわかっていながらなかなか手に取れず今まできてしまったが…
    ようやく購入し、予想以上にドはまり!!!
    「葬儀屋」というテーマ。湿っぽさを感じさせつつもじっとりとしすぎず、うまい具合に笑いも絡め、時々切なくもあり。そしてほんのり「恋」もあり。ものすごいバランス感覚!
    私は宮木さんの作家としての振幅の広さに惚れ込んでおり、狂おしいまでの愛を描く宮木さんも、ぶっ飛んだラブコメを描く宮木さんも好きなのだが、本作品は丁度その中間かなと思った。いつも振り切っているイメージがあったが、中間もお見事です。
    何よりこの作品は、キャラクターがいい。所作美人でありながら「アニキ」と呼びたくなる豪快さを持つ笹島にはすごく憧れるし、葬儀屋が夢だったイケメンメガネ男子の木島は、読んでいて惚れた。好み・ド「ストライク」だよ!他のキャラにも言えることだけど、「意外性」がたまらなくいいのだ。
    「続編期待します」という声が多いようだけど、私も同意。もっともっとこの「葬儀屋」の世界、そして彼らの仕事っぷりや恋愛っぷりを読みたいもの。ワカマツカオリさんの装画も素敵すぎます。

  • 葬儀屋さんのお話。笹島さんへめちゃくちゃ感情移入。同情を恋だと思ってた、みたいな文章読んだ時ずきーんときました。恋愛をよくわかってない、心が幼かったときを思い出しました。でも仕事のテキパキサバサバ感は自分にはないので惹かれます。妹尾さん吹っ切れるといいな。木崎さん内弁慶すぎるよ。典夫さんには言葉もない。オカルトな要素もありましたが、怖い感じはないです。
    h29.6.11

  • 軽妙明るい路線に振り切れてなくてちょっと消化不良な感じかも。

全85件中 1 - 10件を表示

宮木あや子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫 セレモニー黒真珠 (MF文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に登録しているひと

文庫 セレモニー黒真珠 (MF文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文庫 セレモニー黒真珠 (MF文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文庫 セレモニー黒真珠 (MF文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に「積読」で登録しているひと

文庫 セレモニー黒真珠 (MF文庫ダ・ヴィンチ)のKindle版

ツイートする