キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)

  • 4062人登録
  • 3.55評価
    • (373)
    • (340)
    • (1196)
    • (21)
    • (4)
  • 166レビュー
著者 : 時雨沢恵一
制作 : 黒星 紅白 
  • メディアワークス (2001年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840217095

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 3~4巻を一気読み。

  • 第一話「城壁のない国」麻薬の怖さを伝えるのに効果的。切ない。第四話「機械人形の話」人間のために働く機械と機械のために働く人間の話。そして誰もいなくなった。第五話「差別を許さない国」差別をやめようという人ほど差別的という矛盾。井の中の蛙。
    次々とよく思いつくな。異色だけど、変わらず風刺が効いてるショートショート。wikiによると、作者はバイクとガンとアニメのマニアで、作品の根源は銀河鉄道999だとか。なるほど、線路とシリーズは続くよどこまでも。

  • 印象に残った話は「差別のない国」「終わってしまった話」。「差別のない国」の答えがピンと来ない。まあ答えを想像するしかないのかな。「終わってしまった話」は最初キノがエルメスと別れた後の話かと勘違いしてしまった。じっくり読むとそんなことは無いのだが。あと、この作品は1話完結方式で進んでいくが、3冊読んだがこの作品の独特な読後感にまだ慣れない。感想とは関係ないがショートショートで有名な星新一さんの小説もこんな読後感になるのかなと勝手に想像してしまった。続きも読んでいきたいと思う。

  • 「愛と平和の国」
    愛があれば平和になる。
    平和ボケとかのレベルを通り越した国。

    「雲の中で・b」
    何にも見えない世界。
    雲の中ってどんだけ高いところにいるんだろう。

    「城壁のない国」
    大人だけが吸える不思議な草。
    仕方ないといえば仕方ない終わり。
    ただ、どうにかならなかったのかなと少し思ってしまった。

    「説得力」
    パースエイダーの練習。
    旅に出る前のお話だろうか。
    まだまだパースエイダーを使い慣れていないキノのお話。

    「同じ顔の国」
    男と女、二つの顔だけ。
    性格により少し違うと言えど、全く同じ顔しかいないっていうのは気味が悪いと思った。

    「機械人形の話」
    壊れた機械人形と不自然な家族。
    違和感の正体はこれだったのか。
    機械人形たちの最後が悲しすぎる。

    「差別を許さない国」
    差別用語の基準とは。
    一番差別をしているのは、きっとこの国の住人たち。

    「終わってしまった話」
    十年後に過去を振り返る。
    冒頭の言葉にキノのお話かと思いきや…。

    「雲の中で・a」
    見たくない景色と、見えなくなった景色。

  • 愛と平和の国。
    城壁のない国。
    説得力。
    同じ顔の人間。
    機械人形の話。
    差別を許さない国。
    終わってしまった話。

    扉絵かと思ったら物語だった最初。
    こちらは、1巻で分かれた彼。
    2巻でも最後に出ていましたが、ある意味レギュラー?

    城壁のない国…は、役に立たなかったら終了。
    しばりつけるものもあり、裏切り者はでない。
    けれどあの最後は…当然と言えば当然の状態。
    次の説得力は、たまに会話に出てくる『師匠』の
    本体が登場。
    ほんわかしている口調なのに…恐ろしやw

    同じ顔の国は、確かに知識としてなければ
    トラウマになりそうな国です。
    外見は一緒でも、中身が違う。
    そんな技術を持っているのですから
    最後は当然の状態、だと思われます。

    機械人形のからくりは分かりましたが
    国については…なるほど、と。
    そして使い手がいなくなった彼らは
    もはや存在理由もない、現実。

    差別を許さない国、が一番謎です。
    外に出れば謎解決、なのですが、『×××』に
    一体何が入るのか…。
    普通に考えれば補充かな? と思うのですが
    出てからの会話を考えると、お片づけ??

    そして最後。
    最初は本の国の人かと思ったのですが、違いました。
    非常に迷惑な試練です。
    迷惑がかからないような試練に
    ぜひ変えてほしいものです。

  • 【資料ID】155689
    【分類】913.6/Sh29/3
    文学のコーナーに並んでいます。

  • 図書館で借りた本。
    「城壁のない国」遊牧民の国で、旅人を歓迎するが、大人たちはやたらとタバコを吸い、煙だらけだった。
    「同じ顔の国」文字通り、みんな同じ顔で、男か女か、あとは年齢と、しぐさやちょっとした性格の癖で見分ける。最終的に黒いヤツのような不死身さが不気味だと感じた。
    「機械人形の国」は、機械人間だという、老婆がある家族の元で身の回りの世話をして暮らしていた。ちょっと切ない話。
    「差別を許さない国」は、差別は絶対に許さない!と言っている国民が、一番差別をしているじゃないかっていうオチでした。
    「終わってしまった話」10年後の話なのかなぁ。すっかりだまされましたけど。

  • キノの旅は笑うセールスマンかもしれない。

    ふと、そんなことを考えてしまった。
    ストーリーの細かい部分が全く頭に残らないんだけど、そのエッセンスみたいなものは強烈に心の奥底に刻み込まれている。そんなイメージ。

  • 「愛と平和の国」
    「城壁のない国」
    「説得力」
    「同じ顔の国」
    「機会人形の国」
    「差別を許さない国」
    「終わってしまった話」

    後味が何とも言えない「城壁のない国」が一番印象に残ってる。
    人生の儚さとかを考える。

  • キノのお師匠さんとの生活の一場面が登場。こんな感じのお師匠さんだったんだってびっくりです。

  • とにかく淡々としている。何か教訓めいたことを残そうとか、愛と勇気と冒険とワクワクドキドキを届けようとか、そういう主張がないのが良い

    ただただ旅を続ける、キノとエルメスの話

    でも読んでいると人間の愚かさや弱さ、そしてときには力強さが垣間見えるのが本当に面白い

  • 好きなのは同じ顔の国、機械人形の話。機械人形の話はもう少し優しい終わらせ方もあったんじゃないか。キノは冷たいなあ。城壁のない国、は悲しい。全体としてどんでん返しがおおい三巻でした。

  • 相変わらず、すいーすいーっと読める。一個一個の話は面白げなエピソードも多いんだけど、すいーすいーと通り過ぎるので、思いのほか心に残らないのが残念・・クローンの国の話とか、常識を引っくり返してる感じで好き。

  • 2009/05/02購入・2013/08/04読了。

    城壁のない国、もっとうまい方法はなかったのかな・・・。終わってしまった話には、ちょっと騙されて面白かった。

  • いつものこの感じがたまらなく好き。

  •  真っ白だった。
     上も、下も、右も、左も、ただ白かった。
    「見事に何も見えないな」
    「見事に何も見えないね」
    「でも、すぐにまた、見えるようになる」
    「見えるようになるだろうね」
    「ねえ。見えるようになって、目の前にきれいさっぱり何もなかったらどうする? ちょっと嬉しくない?」
    「ああ。でも、そんなことはありえないことを、ボクは知ってるからね」
    「晴れたら、どうするつもり?」
    「そうだな……、ここにいても仕方がないし、ボクにできることもない。出発するだろうな。それだけだ」
     人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。短編連作の形で綴られる、大人気新感覚ノベル第3弾!!

  • プロローグとエピローグのお話をわざと逆にしてるっていうのが良いですね。
    目次ですぐ分かるんだけど、私はページに従って読みます。
    で、最後まで読んだあとに「なるほどね、こう繋がるのね」っていう頭の中のスッキリ感を楽しみます。
    お話の中では「説得力」が好きです。

  • エルメスの軽妙な合いの手のおかげで(いい意味で)軽く読めるので、とても読書が進みます。なかには、当然、悲しい出来事や、切ない気持ちになる国や人々に出会いますが、キノの淡々とした雰囲気のおかげか、重々しくなりすぎないため、安心していろんな国を仮想体験できる感じが心地よいです。この巻のお気に入りは、「機械人形の国」ですかね。

  • 機械人形の話の
    物悲しい雰囲気がすき。

  • ストーリー 4 登場人物 4 言葉遣い 4 描写 4
    伏線回収率 5 感情移入 3 熱中度 4

    「差別を許さない国」は斬新な面白さがあった。
    「機械人形の話」が一番内容もオチも良かった。
    あとは……まあまあ。
    後の巻を読んでいくと、またこの巻に戻らざるを得ない。
    とにかく「キノの旅」の流れが何となく決まった巻。

  • 機械人形の話、が好き。
    哀しいんだけど幸せを感じる。
    看取ってもらえるという幸せ。

    同じ顔の国、も好きかな。
    私は正直、子供が母親から生まれてくるということより、クローンの方が理解・共感しやすい。
    お腹の中で成長した子供が出てきて、大きくなって成長して、自分と同じ背丈になったり、追い越したりする。
    と、いうのが少し怖いから。
    大抵のものは、出てきた場所に帰る(戻る)ことができるのに、子供に関してはそれができないというのがなんだか怖い。
    それなら大きな培養機みたいなところで成長するクローンの方が分かりやすい、気がするんだなぁ。。

  • 一人の旅人と、言葉を話すバイクが様々な「国」を旅していくライトノベル第3弾。
    3巻はその中でも特にオチが良くて面白い話が多いのでお勧めです。

    以下、ネタバレにならない程度にレビュー。

    口絵 『愛と平和の国』:歌と音楽は平和を呼ぶのか?
    第一話『城壁の無い国』:話のカラクリ、オチまで含めてかなり好きな話
    第二話『説得力』:キノの若き日のおはなし ラノベ全開だな
    第三話『同じ顔の国』:内容は題名の通り。 この話のオチも好き。
    第四話『機械人形の話』:どこかいびつな一家に仕える機械人形に出会う
    第五話『差別を許さない国』:彼らは絶対に差別を許さない。絶対に。

    各話読むのに5分くらいのものですので、読みやすいかと思います。
    書店で見かけた際はぜひ、手にとってみてください。

  • 第三弾。
    このシリーズはある程度決まったカタチの話が繰り返されるけれど、
    それぞれに個性があって飽きずに楽しめる。
    特に今作は印象深い話が多かった。
    「城壁のない国」、「同じ顔の国」、「機械人形の話」。

  • キノの旅。あいもかわらずシュール?な非情さ。お気に入りは同じ顔の国かなあ。行ってみたい。

  • 終わってしまった話、また騙されてしまった(笑)
    読むのはもう何度目かになるのに!
    何年か経ってまた読んで騙されようと思います。

全166件中 1 - 25件を表示

キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)に関連する談話室の質問

キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)の作品紹介

真っ白だった。上も、下も、右も、左も、ただ白かった。「見事に何も見えないな」「見事に何も見えないね」「でも、すぐにまた、見えるようになる」「見えるようになるだろうね」「ねぇ。見えるようになって、目の前にきれいさっぱり何もなかったらどうする?ちょっと嬉しくない?」「ああ。でも、そんなことはありえないことを、ボクは知ってるからね」「晴れたら、どうするつもり?」「そうだな…、ここにいても仕方がないし、ボクにできることもない。出発するだろうな。それだけだ」人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。短編連作の形で綴られる、大人気新感覚ノベル第3弾。

キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)の文庫

キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)のKindle版

ツイートする